概要

HoI4には1936年1月スタートと1939年8月スタートの2つのシナリオが用意されている。
ゲーム開始前にどちらかを選択する。ゲーム開始後の変更や、シナリオ間のセーブデータの引継ぎなどは出来ない。
またいずれのシナリオも1950年1月1日以降かつ自国が平和状態になるとスコア画面が表示され、一旦の区切りとなる。(任意で続行することは可能)

▼もくじ
(クリックして展開)

歴史の概要

ゲーム開始時に選択した国の簡単な立ち位置を含めた説明が歴史の概要として表示される。
36年と39年で異なるが汎用NF国家だけは一律で下記の文章となっている。

大小含む世界の各国は、新たなる世界規模の紛争の勃発を息を潜めて待つ事に満足してはいない。内戦の瀬戸際にある大国から、先の大戦によって建国または変異した国家まで、あらゆる国家は世界の将来に影響力を有するために、困難な判断を下し、理想と実利の均衡を保たねばならないだろう。

ユニークNFを持つ国家の歴史の概要はその国家の各国戦略ページを参照して欲しい。

1936年1月1日 迫り来る嵐

略史

暗黒の時代が到来した。ヨーロッパでは己の権力基盤を固めたヒトラーがそのまなざしを次第に国外へ移しつつあり、ムッソリーニ率いるイタリアは軍事的冒険を継続している。
他方、アジアでは大日本帝国が中華民国ヘの攻撃態勢を完了した。
大戦終結からおよそ20年、世界はまたもやガソリンにまみれている。些細な火花で引火するかもしれない。

解説

HoI4の基本となるシナリオ。
いずれの国家もNFや研究などは初期状態*1からスタートする。
史実AIであれば1939年のドイツのポーランド宣戦によって第二次世界大戦が開戦となるので、如何にしてこれに向けた準備をしていくかが鍵のシナリオとなっている。

開戦までは内政や外交が中心となるが、ファシストや共産主義の場合は宣戦布告や義勇軍での戦争も行える。
民主主義や中道国家の場合は宣戦布告が難しいため、大抵は内政に終始することになる。
スタート時点ではイタリアとエチオピアのみが戦争を行っている。
チェコスロヴァキア、オーストリア、エチオピア、山西はこのシナリオでのみプレイ開始が可能。

1939年8月14日 電撃戦

略史

ここ数年の間に、世界ではヨーロッパやアジアにおいて新たに戦争がいくつか勃発した。
スペインは今や国粋派が支配し、日本は領土を巡ってソ連や中国と争っており、特に中国ではより成功を収めている。
独ソ間で新たに結ばれた不可侵条約はヨーロッパの平穏を乱す悪いニュースになるかもしれない。

解説

第二次世界大戦直前から始まるシナリオ。
各国家のNFや研究状況はある程度進められた状態から開始する。
開始すぐに戦争が始まるため、どちらかというと戦争要素に比重の置かれている。特に日本と中華統一戦線は日中戦争の真っただ中。
スロヴァキアはこのシナリオでのみプレイ開始が可能。











潟若若菴遵
AD

*1 初期の完了済み研究は国家によって差がある

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-31 (金) 21:53:27 by (125.198.11.157)