#author("2020-04-09T19:46:41+09:00","","")
[[各ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
#author("2020-04-09T21:00:44+09:00;2020-04-09T19:46:42+09:00","","")
[[各国戦略]]

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
#contents
*ソビエト連邦 [#t1cf176d]

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
コミンテルン(共産主義)陣営の盟主を務める北の大国。人的資源の豊富さと工業力が強みだが、マイナスとなるイベントがNFに組み込まれている為、本領発揮まで少々時間がかかるのが難点か。
また普通にプレイするとろくな同盟国が作れず、事実上独力で枢軸と戦わねばならない。
なお1936年開始時点で138個師団を持ち、うち10個程度は機甲師団と言う陸軍大国でもあるが開幕で研究枠が3つと、大国の中では技術的後進国なのがネック。
大粛清を行った場合、有能な閣僚や将軍が大勢いなくなってしまう。回避することも可能だが手間と釣り合うかは微妙だ。基本的には数で勝負しよう。
因みに「カチューシャ」はトラックからの改良で開発・生産できるので、こだわりのある人はどうぞ。

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
*歴史の概要 [#sa02d438]
ロシア内戦の混乱を経て、 ソビエト社会主義共和国連邦はかつてのロシア帝国を構成していた地域のほとんどを明白に継承する国家として登場した。 しばしば多くの人命を犠牲としながらも急速な工業化と集団化を成し遂げた。
ソヴィエト連邦は、 今や西方では蘇ったドイツの、 東方では好戦的な日本の脅威にそれぞれ直面している。 もちろん、 共産党内部における脅威にも立ち向かわねばならないだろう……

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
*データ [#e84ceb3e]
#region(国家データ詳細)
**基礎国力 [#u4694128]
***工場 [#a11b1892]
|民需|軍需|造船所|h
|42|36|6|
陸軍大国という事で多くの軍需工場を持っている...といいたいところだが、初期師団138個に対し軍需36は少ないと言える。
とはいえ戦争まで時間はたっぷりあるので、あせらず民需の拡張を行った後に軍需建設を行いたい。
もし航空機と戦車の開発をしたいプレイヤーならば、研究にあわせて軍需工場の建設時期を早めよう。
38年初め当たりから軍需ラッシュを行い39年式中戦車の工場ラインを確保する、といった具合である。
造船所は悲しい事になっている。対英米戦を考えているのであれば、イラン・イラク・トルコといった海岸線への進出を考慮する必要がある。ただ、当面は対独戦に注力するために陸空軍メインに増強するべきだし、対独戦を首尾よく済ませた後なら造船所を建築するだけの土地も工業力も充分手に入る。焦る必要は無い。

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
***資源 [#x8641bdf]

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
-採掘量
|石油|アルミニウム|ゴム|タングステン|鋼鉄|クロム|h
|193|133|0|67|543|353|

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
ゴム以外の全ての資源を採掘可能である。ゴムはイギリス領マラヤから輸入すればよいだろう。
反面連合戦では真っ先にマラヤ、もしくは東インドの制圧を目標にしなければならない。
初期貿易法は輸出重視だが自由貿易にすると、軍需工場が増えてくれば流石に資源が足りなくなる事に留意。

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
***人的資源 [#d0b2bf4a]

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
|総人口|徴兵法など|動員可能人数|陸軍|空軍|海軍|予備役|h
|161.43M|志願兵のみ:1.5%|2.42M|1.13M|30.68k|33.25k|1.22M|
桁が違う。Mである。Kの1000倍がM。さすがは母なるソビエト。畑から人が取れるので当たり前ですね。初期領土の全てが中核州なのも豊かな人的を支えている。中核州人口に関して言えば、日本やドイツの約2.5倍もあり、中国、インドに次ぎ米国も凌いでいる。
徴兵法が志願兵のみでこれなので、徴兵法引き上げや前述の国民精神、また機動戦・大量突撃ドクトリンのルート次第で更に増加する。

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
***州 [#h0b58691]

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww
#region(長過ぎるため折り畳み)

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             
ぐじゅふじゅふwww  ふぎゅじゅるふりぐじゅるしゅwww ふげふじがばじゅぶwww

ぐ 方だ C他あ 平こ ∧
じ 々か P所と 日こ 最
ゅ でら U様オ ので 後
ふ 言セ ののマ 昼し に
じ わガ 思ゲエ 間か  `
ゅ れ工 考|さ か書 セ
ふ るイ ルム ` らか ガ
w んジ |をア Iな 工
w だス チつド Dい イ
w よの ンかバ コが ジ
w バ某 もまン ロミ ス
w |担 まえス コネ の
ふ カ当 とてド ロル 開
ぎ w者 もろ大 変バ 発
ゅ  か にく戦 えト 費
じ  ら 組に略 てン を
ゅ  ¬ め知で ドサ 横
る  こ なり失 シ| 領
ふ  ん いも敗 ロガ 未
り  な 糞しし ウも 遂
ぐ  ク 以なた トガ し
じ  ズ 下い分 以デ て
ゅ  ※ の戦際 下ュ ア
る  役 馬争で のリ ド
し  立 鹿知  自ン バ
ゅ  た の識  作も ン
w  ず くを  自ヘ ス
w  ※ せひ  演ラ ド
w  と にけ  やク 大
w  知 よら  っレ 戦
ふ  っ wか  てス 略
げ  て  す  るの が
ふ  た  の  オ栄 作
じ  ら  み  マ光 れ
が  セ  っ  エも な
ば  ガ  と  とX く
じ  工  も  一D な
ゅ  イ  な  緒R っ
ぶ  ジ  い  にも た
w  ス  か  す偶 株
w  2  ら  る然 式
w  5  ヤ  なじ 会
   0  メ   ゃ 社
   0  ロ   な チ
   版      い キ
   ア      ん ン
   ド      だ ヘ
   バ      ぞ ッ
   ン        卜
   ス        ゛
   ド        の
   大        南
   戦        人
   略        あ
   頼        き
   ま        く
   な        ん
   か        へ
   っ        ∨
   た         
   よ         
   …         
            
   と         
             

|州名|VP|インフラ|航空基地|海軍基地|h
|バルナウル|0|2|0|0|
|クリミア|20|5|3|11|
|オデッサ|10|5|6|3|
|チェルニーヒウ|0|5|8|0|
|マズィル|0|3|3|0|
|レニングラード|30|7|10|10|
|ヘルソン|0|5|3|0|
|ムィコラーイウ|0|5|0|0|
|ヴィーンヌィツャ|0|5|3|0|
|フメリヌィーツィクィイ|0|5|3|0|
|ザポロージエ|1|5|3|0|
|ジトームィル|0|5|3|0|
|キエフ|25|7|8|0|
|チェルカースィ|0|5|0|0|
|バブルイスク|0|5|0|0|
|カルーガ|0|5|0|0|
|ミンスク|20|5|8|0|
|ヴィーツェプスク|5|5|5|0|
|ルーガ|0|5|3|0|
|プスコフ|3|6|4|0|
|ネヴェリ|0|5|0|0|
|ムルマンスク|5|2|2|4|
|アルハンゲリスク|5|2|3|3|
|オネガ|0|3|0|0|
|オロネツ|1|4|3|0|
|スターリングラード|30|7|1|0|
|ロストフ|15|5|3|5|
|モスクワ|50|8|10|0|
|クルスク|5|5|1|0|
|ハリコフ|10|7|5|0|
|オリョール|10|5|4|0|
|トゥーラ|3|5|1|0|
|ブリャンスク|10|5|2|0|
|スームィ|0|5|0|0|
|ドニエプロペトロフスク|10,1|5|2|0|
|スターリノ|10|5|0|0|
|ヴォロシロフグラード|1|5|0|0|
|アゼルバイジャン|1|4|1|0|
|アルメニア|1|3|2|0|
|グルジア|5,3|3|3|2|
|グロズヌイ|5|4|0|0|
|コーカサス山脈|0|3|0|0|
|クラスノダール|5,1|5|0|3|
|スタヴロポリ|0|4|2|0|
|アストラハン|3|3|1|0|
|エリスタ|0|2|0|0|
|ヴォルゴドンスク|0|4|0|0|
|サラトフ|5|6|0|0|
|ベルゴロド|0|5|0|0|
|ゴーメリ|10|5|3|0|
|スモレンスク|15|5|5|0|
|ロスラヴリ|0|5|2|0|
|ヴォルホフ|0|5|0|0|
|ミレロボ|0|5|0|0|
|ルジェフ|1|5|0|0|
|カリーニン|10|5|2|0|
|ヤロスラヴリ|5|5|1|0|
|カザン|1|6|0|0|
|ウリヤノフスク|0|4|0|0|
|クイビシェフ|3|5|1|0|
|ゴーリキ|10|5|1|0|
|イヴァノヴォ|0|5|0|0|
|リャザン|0|5|0|0|
|ペンザ|0|4|0|0|
|チェボクサルィ|0|4|0|0|
|タンボフ|0|4|0|0|
|リペツク|0|5|0|0|
|ポルタヴァ|0|5|0|0|
|ヴォロネジ|5|5|0|0|
|ペチョラ|0|1|0|1|
|ノヴゴロド|5|5|2|0|
|チフヴィン|1|4|1|0|
|ミハイロフカ|0|5|0|0|
|ヴォログダ|0|3|0|0|
|スィクトィフカル|0|2|0|0|
|ペルミ|1|6|0|0|
|イジェフスク|0|3|0|0|
|キーロフ|0|4|0|0|
|エンゲリス|0|4|0|0|
|アクチュビンスク|0|3|0|0|
|チュメニ|0|3|0|0|
|クズロルダ|0|1|0|0|
|タシュケント|3|5|1|0|
|グリエフ|0|1|0|0|
|ウラリスク|0|3|0|0|
|ウラジオストク|15|4|5|8|
|ハバロフスク|1|3|4|1|
|北東シベリア|0|1|0|0|
|ニコラエフスク|0|3|0|0|
|アムール|0|3|0|0|
|オホーツク|0|1|0|0|
|チタ|0|3|2|0|
|ウラン・ウデ|0|4|0|0|
|ボダイボ|0|1|0|0|
|イルクーツク|3|4|1|0|
|ブラーツク|0|3|0|0|
|クラスノヤルスク|0|3|0|0|
|ケメロヴォ|0|3|0|0|
|ノヴォシビルスク|3|4|1|0|
|オムスク|3|4|0|0|
|チェリャビンスク|1|6|0|0|
|ズラトウースト|0|4|0|0|
|ヤクーツク|1|2|1|0|
|キレンスク|0|1|0|0|
|エニセイスク|0|1|0|0|
|スルグト|0|1|0|0|
|トムスク|0|3|0|0|
|サレハルド|0|1|0|0|
|トボリスク|0|1|0|0|
|北ウラル|0|1|0|0|
|マグニトゴルスク|0|5|0|0|
|コスタナイ|0|4|0|0|
|アシハバード|0|2|0|0|
|ウルゲンチ|0|3|0|0|
|アルマ・アタ|3|3|0|0|
|ウスチウルト|0|1|0|0|
|セミパラチンスク|0|4|0|0|
|アヤグーズ|0|3|0|0|
|アクモリンスク|1|4|0|0|
|カムチャツカ|0|2|0|1|
|北西シベリア|0|1|0|1|
|ウファ|1|5|0|0|
|オレンブルク|0|4|0|0|
|スヴェルドロフスク|1|6|1|0|
|ゴルノ=アルタイスク|0|1|0|0|
|北サハリン|0|3|1|0|
|ビロビジャン|0|3|2|0|
|パミール|0|1|0|0|
|スタリナバード|0|1|0|0|

#endregion

**政治 [#o0383fd0]

***支持率 [#f63f83d9]

|イデオロギー|支持率|指導者名|指導者特性|h
|COLOR(red):''共産主義''|88%|Joseph Stalin||
|COLOR(red):''共産主義''|88%|Leon Trotsky|永続革命論者:政治力&color(red){-15%}; 戦争目標正当化時間&color(red){+15%}; 破壊活動費&color(green){-30%};&br;凱旋した革命家((NF「永続革命論」取得後に変化)):戦争目標正当化時間&color(red){+15%}; 破壊活動費&color(green){-50%}; イデオロギー動揺対処力&color(green){+15%};|
|COLOR(blue):''民主主義''|10%|Alexander Fyodorovich Kerensky||
|COLOR(Brown):''ファシスト''|2%|Konstantin Rodzaevsky||
|COLOR(Gray):''非同盟/中道主義''|0%|''Random leader''||

ヒストリーデータを確認したが、中道の指導者は設定されていなかった。
英語wikiではこう表記されているので引用。

***安定度・戦争協力度 [#b9b087b7]

|安定度|戦争協力度|h
|43%|84%|
共産党独裁の全体主義国家らしく戦争協力度が高い一方で、トロッキー派の存在や大粛清前夜の混乱ぶりを再現してか、安定度は低め。政治力に余裕が出てきたら安定度アップの閣僚やディシジョンを利用したい。

***初期国民精神 [#z68010dc]

|名称|効果|h
|トロツキー派の陰謀?|安定度:&color(red){-20%};|
|革命の生地|イデオロギー動揺対処力:&color(green){+50%};|
HoI4初期からある伝統的な国民精神。前者は大粛清をこなせば緩和され、スメルシを取るか一定期間が立つとイベントが発生し消滅する。
後者は四大超大国ということで、ゲームバランス的に安易なイデオロギー転覆を避けるための要素。また、陣営を立ち上げることを可能にする。イギリスなども同様のものを持っている。

***追加国民精神 [#p8deb62a]

|名称|効果|備考|h
|集産主義プロパガンダ|安定度:&color(green){+20%};|択一ルート''集産主義プロパガンダ''|
|軍事学校|徴兵可能人口:&color(green){+0.5%};|~|
|労働者文化|建造速度:&color(green){+10%};|~|
|進歩崇拝|研究所要時間:&color(green){-5%};|択一ルート''積極的な英雄主義''|
|社会主義科学|徴兵可能人口:&color(green){+3%};|~|
|防衛産業人民委員部|民需工場の軍需転換コスト:&color(green){-20%};||
|将校の粛清|陸軍ドクトリン研究時間:&color(red){+4%};&br;海軍ドクトリン研究時間:&color(red){+4%};&br;空軍ドクトリン研究時間:&color(red){+4%};&br;師団指揮統制率:&color(red){-20%};&br;義勇軍の最大師団数:&color(red){-44%};&br;工場生産量:&color(red){-8%};&br;訓練時間:&color(red){+20%};|583日間得る&br;時間経過で軽減される|
|トロツキー派の陰謀は排除されたか?|安定度:&color(red){-5%};|NF''スメルシ''にて削除|
|軍隊の回復|増援確率:&color(green){+2%};&br;師団回復率:&color(green){+10%};|択一ルート''軍隊の回復''|
|NKVD|破壊活動費:&color(green){-50%};|択一ルート''NKVD優先''|
|→NKVD|破壊活動費:&color(green){-50%};&br;増援確率:&color(green){+5%};|NF''NKVD師団''で修正|
|パルチザンの拡大|敵対パルチザンの効率:&color(green){-20%};||

ソビエトはv.1.8.xまでの間にNFや国民精神に手を加えられたわけではないので、他国よりも見劣りするかもしれない。
ただ、積極的な英雄主義ルートの国民精神はとてつもなく強力。徴兵可能人口+3%は、言い換えれば経済法の総動員のデメリットを無視する事と同義である。集産主義ルートでは安定度を大きく上げることができる。
また、研究所用時間-5%は、貿易法を1段階上げたのと同じである。%%最も、ソビエトの研究枠は初期3枠だが。%%

***法 [#t9793f7d]

|徴兵法|貿易法|経済法|h
|志願兵のみ|輸出重視|民間経済|

民間経済なのがネックだが共産主義かつ戦争協力度が50%を超えている為、政治力さえ溜まれば戦争経済に変えるのは容易。
序盤の研究力が貧弱なので貿易法を自由経済に変えておきたい所だ。

***政治顧問 [#h91db9a7]

|名前|分野|効果|費用|雇用条件|h
|ミハイル・カリーニン|人気のある傀儡|安定度:&color(green){+15%};|150|スターリンに粛清されていない&br;トロツキーに粛清されていない|
|ラヴレンチー・ベリヤ|原理主義者|同一イデオロギーによる月々の評価:&color(green){+100%};|~|ニコライ・エジョフがスターリンに粛清されている&br;トロツキーに粛清されていない|
|ヴァチェスラフ・モロトフ|口達者|貿易取引による効果:&color(green){+10%};|~||
|ニコライ・ヴォズネンスキー|産業指導者|民需工場建設速度:&color(green){+10%};&br;インフラ建設速度:&color(green){+10%};&br;精製所建設速度:&color(green){+10%};|~||
|ニコライ・エジョフ|恐怖公|敵対パルチザンの効率:&color(green){-25%};&br;国外破壊活動効率:&color(green){-30%};&br;非中核州の人的資源:&color(green){+2%};|~|トロツキーに粛清されていない&br;スターリンに粛清されていない|
|ニキータ・フルシチョフ|共産主義革命家|日毎の共産主義への支援:&color(green){+0.10};|~|スターリンに粛清されていない&br;トロツキーに粛清されていない|
|アレクサンドル・ケレンスキー|民主主義革命家|日毎の民主主義への支援:&color(green){+0.10};|~||
|コンスタンチン・ロザエフスキー|国粋主義革命家|日毎のファシズムへの支援:&color(green){+0.10};|~||
大粛清により実際に使える人は少ない上に寡黙な勤勉家や戦争産業家がおらずラインナップとしては微妙。使いやすく大粛清の心配をしなくて良いのは産業指導者位か。ただ、安定度の低いソ連にとって人気のある傀儡は優秀、カリーニンを雇いたいなら大粛清の選択肢はちゃんと選ぶこと。

***企業 [#h91db9a7]

-戦車
|名前|分野|効果|費用|h
|モロゾフ設計局|機動戦車の設計社|装甲車研究時間:&color(green){-10%};&br;装甲部隊:&br;最高速度:&color(green){+5%};&br;信頼性:&color(green){+10%};|150|
|アストロフ設計局|中戦車の設計社|装甲車研究時間:&color(green){-10%};&br;装甲部隊:&br;信頼性:&color(green){+5%};&br;対人攻撃力:&color(green){+5%};|~|
|実験設計機械局|重戦車の設計社|装甲車研究時間:&color(green){-10%};&br;機甲部隊:&br;装甲:&color(green){+5%};&br;対戦車攻撃力:&color(green){+5%};|~|

-艦船
|名前|分野|効果|費用|h
|ネフスコイエ設計局|艦船設計社|海軍研究時間:&color(green){-10%};|150|

-航空機
|名前|分野|効果|費用|h
|ミグ設計局|小型航空機の設計社|航空技術研究時間:&color(green){-10%};&br;戦闘機:&br;機動性:&color(green){+10%};&br;最高速度:&color(green){+10%};&br;艦上戦闘機:&br;機動性:&color(green){+10%};&br;最高速度:&color(green){+10%};&br;|150|
|イリューシン設計局|中型航空機の設計社|航空技術研究時間:&color(green){-10%};&br;重戦闘機:&br;信頼性:&color(green){+20%};&br;戦術爆撃機:&br;信頼性:&color(green){+20%};|~|
|ツポレフ設計局|大型航空機の設計社|航空技術研究時間:&color(green){-10%};&br;戦略爆撃機:&br;戦略爆撃力:&color(green){+10%};|~|
|ヤコヴレフ設計局|海軍用航空機の設計社|航空技術研究時間:&color(green){-10%};&br;対艦攻撃機:&br;航続距離:&color(green){+10%};&br;対艦攻撃:&color(green){+10%};&br;艦上攻撃機:&br;航続距離:&color(green){+10%};&br;対艦攻撃:&color(green){+10%};|~|

-軍需品
|名前|分野|効果|費用|h
|グラービン設計局|野砲設計社|火砲研究時間:&color(green){-10%};|150|
|トゥーラ造兵廠|歩兵装備設計社|兵器および装備研究時間:&color(green){-10%};|~|
|GAZ|自動車化装備設計社|車両研究時間:&color(green){-10%};&br;自動車化ロケット砲兵の研究時間:&color(green){-50%};|~|

-工業
|名前|分野|効果|費用|h
|スターリングラード・トラクター工場|工業|産業研究時間:&color(green){-10%};|150|
|レニングラード産業学校|電機産業|電子工学研究時間:&color(green){-10%};|~|

戦車設計社は優秀。艦船設計社は汎用。航空機設計社も名前こそ有名所だが内容は汎用。
注目すべきは自動車化装備設計社。自動車化ロケット砲の研究時間-50%の効果は唯一無二、カチューシャの研究をかなり迅速に行うことが可能。

***理論家 [#v36d3ec5]

|名前|分野|効果|費用|雇用条件|h
|セルゲイ・コロリョフ|ロケット科学者|ロケット研究時間:&color(green){-10%};|150||
|イーゴリ・クルチャトフ|核科学者|核研究時間:&color(green){-10%};|~||
|アレクサンドル・ゴロヴァーノフ|航空戦理論家|日毎の空軍の経験値獲得:&color(green){+0.05};&br;空軍ドクトリン研究時間:&color(green){-7%};|~||
|ミハイル・トゥハチェフスキー|大量突撃の達人|日毎の陸軍の経験値獲得:&color(green){+0.05};&br;大量突撃ドクトリン研究時間:&color(green){-10%};|250|スターリンに粛清されていない|
|ボリス・シャポシニコフ|軍事理論家|日毎の陸軍の経験値獲得:&color(green){+0.05};&br;陸軍ドクトリン研究時間:&color(green){-7%};|150||
|ゲオルギー・ジューコフ|大量突撃の達人|日毎の陸軍の経験値獲得:&color(green){+0.05};&br;大量突撃ドクトリン研究時間:&color(green){-10%};|250|トロツキーに粛清されていない&br;NF''積極的な英雄主義''完了|
|セルゲイ・ゴルシコフ|海軍理論家|日毎の海軍の経験値獲得:&color(green){+0.05};&br;海軍ドクトリン研究時間:&color(green){-7%};|150||
|ウラジーミル・トリーブツ|大艦隊主唱者|日毎の海軍の経験値獲得:&color(green){+0.05};&br;艦隊保全ドクトリン研究時間:&color(green){-7%};|250||
|セルゲイ・ルジェーンコ|航空支援提唱者|日毎の空軍の経験値獲得:&color(green){+0.05};&br;戦場支援ドクトリン:&color(green){-10%};|250|トロツキーに粛清されていない|

各ドクトリンの専門家・汎用理論家を持ち、ロケット・核の研究者まで完備しており非常に優秀。大粛清を行う際は、自分の採用したい理論家を残すように行うのも手。

***軍 [#i3b7cf1b]

-陸軍長官
|名前|分野(熟練度)|効果|費用|雇用条件|h
|セミョーン・チモシェンコ|陸軍改革(達人)|陸軍の経験値獲得:&color(green){+10%};|150|スターリンに粛清されていない|
|クリメント・ヴォロシーロフ|陸軍訓練(専門家)|師団訓練時間&color(green){-5%};|~|~|
|アレクサンドル・エゴロフ|陸軍防衛(達人)|師団防御:&color(green){+10%};|~|~|
|ヴァシーリー・ブリュヘル|陸軍機動(達人)|師団移動速度:&color(green){+10%};|~|~|

-海軍長官
|名前|分野(熟練度)|効果|費用|雇用条件|h
|ピョートル・スミルノフ|空母艦載機(専門家)|艦載機:&br;対艦攻撃力・敵艦補足:&color(green){+3%};&br;対艦攻撃機動性:&color(green){+4%};|150|スターリンに粛清されていない|
|ミハイル・フリノフスキー|通商破壊(専門家)|輸送船団襲撃効率:&color(green){+10%};|~|~|
|ニコライ・クズネツォフ|海軍再編成(達人)|海軍の経験値獲得:&color(green){+10%};|~|~|
|イブァン・ユマシェフ|艦隊決戦(達人)|主力艦:&br;攻撃・装甲:&color(green){+10%};&br;直衛艦:&br;攻撃・防御:&color(green){+10%};|~|~|

-空軍長官
|名前|分野(熟練度)|効果|費用|雇用条件|h
|アレクサンドル・ノヴィコフ|空軍改革(天才)|空軍の経験値獲得:&color(green){+15%};&br;|150|スターリンに粛清されていない|
|コンスタンチン・ヴェルシーニン|地上支援(達人)|航空優勢:&color(green){+10%};|~|~|
|ヤーコフ・スムシュケーヴィチ|空の安全(達人)|航空事故の確率:&color(green){-10%};|~|~|
|パーヴェル・ルィチャゴフ|全天候(達人)|悪天候ペナルティ:&color(green){-20%};|~|~|

-軍最高司令部
|名前|分野(熟練度)|効果|費用|雇用条件|h
|イヴァン・コーネフ|隠匿(達人)|敵の航空支援:&color(green){-10%};|150|トロツキーに粛清されていない|
|アレクサンドル・ヴァシレフスキー|陸軍再編成(達人)|師団回復率:&color(green){+8%};|~|スターリンに粛清されていない|
|コンスタンチン・ロコソフスキー|機甲部隊(天才)|機甲師団:&br;攻撃・防御:&color(green){+10%};|~|スターリンに粛清されていない&br;NF''積極的な英雄主義''完了|
|パーシヴェル・ジーガレフ|空挺強襲(専門家)|空挺攻撃:&color(green){+1%};&br;輸送機:&br;防御・機動力:&color(green){+3%};|~|トロツキーに粛清されていない|
|セルゲイ・フジャコーフ|近接攻撃支援(達人)|近接航空支援:&br;攻撃・防御・機動力:&color(green){+3%};|~|スターリンに粛清されていない|
|スチェパン・クラソフスキー|空戦訓練(達人)|エース発生確率:&color(green){+10%};|~|トロツキーに粛清されていない|
|ウラジーミル・カサトーノフ|潜水艦(達人)|潜水艦:&br;攻撃:&color(green){+15%};&br;防御:&color(green){+10%};|~|スターリンに粛清されていない|
|ゴルジェーイ・レフチェンコ|主力艦(達人)|主力艦:&br;攻撃・装甲:&color(green){+10%};|~|スターリンに粛清されていない|
|アルセニー・ゴロフコ|陸海共同作戦(達人)|上陸作戦の速度:&color(green){+10%};|~|トロツキーに粛清されていない|

総じて優秀なのだが、ここでも大粛清により使える人材が減少してしまう可能性を抱えている。理論家同様、自分の採用している(orしたい)人材を残すように粛清しよう。

**技術 [#o8531dc3]

***陸軍 [#c4d456ea]

--歩兵技術
---歩兵装備
---山岳兵
---空挺兵
--車両技術
---軍用トラック
--支援部隊技術
---支援装備
---工兵中隊
---偵察中隊
---憲兵中隊
--装甲技術
---前大戦型戦車
---34年式軽戦車
--砲兵技術
---牽引式野戦砲

***海軍 [#yd27670f]

--艦艇
---駆逐艦
---軽巡洋艦
---重巡洋艦
---巡洋戦艦
---戦艦
---潜水艦
---輸送艦

潜水艦以外は儀燭廼母に至っては手つかず。もっとも強力な海軍が必要になるのは随分先の話、ゆっくり研究していこう。

***空軍 [#s3602b6a]
--航空機
---36年式戦闘機
---36年式対艦攻撃機
---36年式戦術爆撃機

***その他 [#w759c6f3]

真っ白である。初期研究枠三枠は苦しいが、産業や工業も1から研究していこう。

**兵力 [#q6062758]

***陸軍 [#b7b5fd89]

-編制
|名称|戦闘大隊|支援部隊|要求装備|h
|Strelkovaya Diviziya|歩兵大隊9|砲兵中隊|歩兵装備900,野砲12|
|Gornostrelkovaya Diviziya|山岳大隊12|工兵中隊,砲兵中隊|歩兵装備1690,支援装備30,野砲12|
|Motostrelkovaya Diviziya|自動車化大隊6||歩兵装備600,兵員輸送車300|
|Kavaleriyskaya Diviziya|騎兵大隊4||歩兵装備480|
|NKVD Pogranichnaya Diviziya|歩兵大隊600|憲兵中隊|歩兵装備640,支援装備10|
|Mekhanizirovaniy Korpus|軽戦車大隊5,自動車化大隊4||歩兵装備400,兵員輸送車200,軽戦車300|
|Vozdushno-Desantnaya Brigada|空挺大隊2||歩兵装備260|

7つの師団テンプレートが存在している。歩兵師団や山岳師団は多少手を加えるだけですぐに使えるようになるだろう。
軽戦車師団も実は質が良いものである。これを軸に自動車化大隊を1つ組み込めば即戦力である。さすがは陸軍国家だ。
なお、v1.5.x以降の環境下では特殊部隊数に制限がかかる。ソ連は大量の山岳師団を初期配置されているので、空挺師団の生産を行うのであれば山岳歩兵師団の解体が必要であることに留意すること。

-展開
|名称|練度|充足率|展開数|h
|Strelkovaya Diviziya|訓練済み(50%)|85%|60|
|~|訓練済み(0%)|50%|13|
|Gornostrelkovaya Diviziya|訓練済み(50%)|85%|11|
|~|訓練済み(0%)|50%|2|
|Motostrelkovaya Diviziya|一般(0%)|100%|1|
|Kavaleriyskaya Diviziya|訓練済み(50%)|85%|11|
|~|訓練済み(0%)|85%|6|
|~|~|50%|5|
|NKVD Pogranichnaya Diviziya|訓練済み(0%)|50%|18|
|Mekhanizirovaniy Korpus|一般(0%)|100%|4|
|~|訓練済み(50%)|85%|7|

殆どの師団が補給不足になっており、練度も訓練済みばかりであるが、自動車化師団と軽戦車師団は高い練度と補給状態に落ち着いている。
すぐに戦争を始めること自体は可能であろう。

-将軍
|氏名|レベル|攻撃|防御|計画|兵站|背景|特性|スキル|地形|h
|Georgy Zhukov|5|5|2|4|5|戦争の英雄&br;メディアの有名人&br;機甲士官|||冬季戦の専門家|
|Ivan Konev|5|4|5|2|5|政治的縁故&br;厳しい指揮官&br;機甲士官||||
|Konstantin Rokossovsky|4|3|4|2|4|華麗なる戦略家&br;慎重&br;機甲士官||||
|Aleksandr Vasilevsky|4|4|4|3|2|政治的縁故&br;機甲士官||||
|Boris Shaposhnikov|3|2|3|2|3|経歴ある士官&br;慎重||||
|Nikolai Vatunin|3|1|3|3|3|無謀&br;歩兵士官||||
|Semyon Timoshenko|3|3|2|2|3|政治的縁故&br;経歴ある士官&br;騎兵士官||||
|Leonid Govorov|3|3|2|3|2|||||
|Kirill Meretskov|3|2|2|3|3|無謀&br;歩兵士官||||
|Filipp Golikov|3|3|3|3|1|経歴ある士官||||
|Yakov Cherevichenko|3|3|3|2|2|騎兵士官||||
|Nikandr Chibisov|3|1|3|3|3||トリックスター|||
|Vasily Kuznetsov|3|3|3|2|2|歩兵士官|コマンドー|||
|Andrey Vlasov|3|3|3|1|3|歩兵士官|||冬季戦の専門家|
|Maksim Purkayev|3|2|3|2|3|経歴ある士官||||
|Nikolai Berzarin|3|3|3|2|2|歩兵士官||||
|Alexander Gorbatov|3|2|3|2|3|経歴ある士官&br;騎兵士官||||
|Kirill Moskalenko|3|2|2|3|3|||||
|Andrei Grechko|3|1|3|3|3|騎兵士官||||
|Markian Popov|2|2|1|2|2|華麗なる戦略家&br;歩兵士官|||冬季戦の専門家|
|Ivan Chernyakhovsky|1|1|1|1|1|機甲士官||||
|Issa Pliyev|1|1|1|1|1|騎兵士官||||
|Andrey Yeryomenko|1|1|1|1|1|無謀&br;騎兵士官||||
|Georgiy Zakharov|1|1|1|1|1|経歴ある士官||||
|Max Reyter|1|1|1|1|1|経歴ある士官||||
|Ivan Fedyuninsky|1|1|1|1|1|歩兵士官||||
|Kuzma Galitsky|1|1|1|1|1|歩兵士官||||
|Dmitry LelyuShenko|1|1|1|1|1|無謀&br;機甲士官||||
|Rodion Malinovsky|1|1|1|1|1|守旧派&br;政治的縁故&br;経歴ある士官&br;慎重||||
|Vasily Chuikov|1|1|1|1|1|華麗なる戦略家&br;経歴ある士官||||

ゲオルギー・ジューコフ、イワン・コーネフ両将軍は、トロツキールートだと粛清されてしまうので覚えておこう。
レベル4以上の将軍は全員機甲士官持ちである。24師団ほどの機甲師団は配備して指揮を執ってもらいたいところだ。

-元帥
|氏名|レベル|攻撃|防御|計画|兵站|背景|特性|スキル|地形|h
|Mikhail Tukhachevsky|4|3|4|4|2|華麗なる戦略家&br;経歴ある士官&br;無謀&br;歩兵士官||攻勢ドクトリン||
|Kliment Voroshilov|1|1|1|1|1|守旧派&br;頑固な戦略家&br;政治的縁故||||
|Semyon Budyonny|1|1|1|1|1|守旧派&br;頑固な戦略家&br;政治的縁故||||
|Grigory Kulik|1|1|1|1|1|守旧派&br;頑固な戦略家&br;政治的縁故&br;経歴ある士官||||

トハチェフスキー元帥以外全員酷い。頑固な戦略家を持っているものの、獲得経験値-35%では育成も捗らない。
肝心のトハチェフスキー元帥だが、大粛清の選択次第で粛清される。トロツキールートだと確実に生きているので、彼を使いたいのであればトロツキールートを選ぶのも一手。
ただしゲオルギー・ジューコフ将軍などを元帥に昇進させることで十分補えるので、あまり元帥の不在問題については頭を悩ませずとも良い。

***海軍 [#l6454392]

-所属艦艇
|艦種|型式|艦数|h
|戦艦|I|3|
|軽巡洋艦|I|4|
|駆逐艦|I|17|
|潜水艦|I|43|
|>|輸送艦|50|

-艦隊
|艦隊名|母港|空母|超大型戦艦|戦艦|巡戦|重巡|軽巡|駆逐艦|潜水艦|h
|Baltiyskiy Flot|レニングラード|||2||||9||
|Baltiyskiy Podvodniy Flot|レニングラード||||||||21|
|Chernomorskiy Flot|クリミア|||2||||9||
|Chernomorskiy Podvodniy Flot|クリミア||||||||4|
|severnyy Flot|ムルマンスク|||||||6||
|severnyy Podvodniy Flot|ムルマンスク||||||||6|
|Tikhookeanskiy Flot|ウラジオストク|||||||2||
|Tihookyeanskiy Podvodniy Flot|ウラジオストク||||||||12|

中小国に負けない程度の艦隊数を誇るが、黒海艦隊((Chernomorskiy FlotとChernomorskiy Podvodniy Flot))とそれ以外の艦隊はボスポラス海峡によって連絡を絶たれており、ウラジオストックとレニングラードの行き来も決してすぐではない。海軍生産はデフォルトでは黒海配備になるため注意。

-提督

|氏名|レベル|スキル|スキル効果|h
|Arseniy Golovko|4|監視者|索敵能力:&color(green){+10%};|
|Sergey Gorshkov|3|||
|Filipp Oktyabrskiy|2|鋼鉄の古強者|主力艦装甲:&color(green){+10%};|
|Gordey Levchenko|2|||
|Vladimir Kasatonov|2|海の狼|潜水艦攻撃:&color(green){+20%};|

哨戒、打撃、貿易船団襲撃の三任務について適役がいるなど、意外と悪くない人材が揃う。が、彼等の本格的な出番は結構後になると思われる。

***空軍 [#k80c3188]

-機数
|機種|型|機数|h
|戦闘機|戦間期型|470|
|~|戦闘機I|188|
|対艦攻撃機||108|
|戦術爆撃機||240|
|戦略爆撃機||72|

#endregion
*概説 [#yb069996]
**国力 [#p568c754]
大国だけあって資源、人的、ICはトップクラス。特に人的資源は圧倒的で特殊な国家形成を考慮しなければ、人的資源でソ連に勝てる(可能性が有る)のは中国とインドのみ。つまり、初期7大国では最大の人的資源を持つ。反面、初期研究枠は3つで5つ目の獲得までは結構な時間がかかってしまう。但し、研究速度はNFでもらえる国民精神やボーナス等を考えると悪くない。序盤は必要な研究を優先的にこなすように優先順位を付けて研究していきたい。
**兵力 [#e3f76920]
初期の師団数が3桁越え。機甲師団も多く初期の強さは圧倒的だが大粛清でデバフが掛かるのが問題となる。
**人材 [#nea23fd5]
軍事面で優秀な人材が多いが大粛清でかなり消えてしまう。
粛清しない場合、政体変更しないのであれば内戦勃発となりやっぱり消えてしまう。
なお政治面は弱めな上に粛清で減るため大国にしてはかなり貧弱。
幸い人材は選べるのでプレイスタイルに合わせて粛清しよう。


*国家方針 [#i73318ee]
**大粛清について [#p4c5b809]

毎度おなじみだが今回も36年スタートの重要イベントとして健在。安定度を20も下げている「トロツキー派の陰謀?」を除去する為にも必須。
NF獲得までに210日かかってその間研究枠を圧迫し、閣僚候補や将校を次々と生贄に捧げないといけない上に、完遂すると師団指揮統制が50も下げられるという良いところ無しのイベントである。
しかしながらこれを1938年9月の「第4インターナショナル設立」までに取得出来ていないと、トロツキーの帰国フラグが経ち90日後にソビエトが内戦状態に陥るので余計な疲弊を招く。
気は進まないかもしれないが国際緊張度が上がっていない内に早めに取得しておくといいだろう。大粛清後のツリーには優秀なNFがたくさん有るので徐々に大国ソビエトのエンジンがかかってくるはずである。
なお初手でポーランド等を喰ってから大粛正、と言うのも一案である。この場合大粛正の開始タイミングは、ポーランド戦のカタが付く頃にしたいところ。

**択一NF [#v971d221]
スターリン憲法から始まるツリーの「集産主義プロパガンダ」と「積極的な英雄主義」は択一となっている。
「追加の研究枠」は両ルートにも存在し、どちらも最短350日で取得できるが2つ取得することはできない。
そのため研究5枠目開放は大粛清ツリー下部の「閉鎖都市網」取得後となる。
-集産主義ルート
強力な国家方針を得られない代わりに、工場数を増大させながら研究枠を習得できる。
差別化としては、政治力&color(green){+120};と建設速度&color(green){+10%};、ゴム+6、NFが1つ多いというところか。
-英雄主義ルート
なんといっても徴兵可能人口+3%と研究速度&color(green){+10%};が強力である。これとは別に工業力を養えるNFも習得できる。
また機甲部隊を大きく強化できるロコソフスキー(軍最高司令部)やカミカゼ攻撃が使用可能となる。


*基本方針 [#ea6d5a0c]
史実通り大粛清を行いつつ独ソ戦を行う方向で解説。
最も重要となる独ソ戦は1940年末〜41年中盤にドイツから宣戦布告されて始まるのでこれに向けて準備をしていくことになる。
** 内政 [#r60ba1ae]

民需工場は多めであるので軍需工場に傾注したいが独ソ戦開始まではかなり時間があるので民需を1938年頃まで建てた後軍需を建てていくのがベター。
ソビエトは畑から人が採れると言うくらい人的資源には苦労しないが((総人口が大きいので、徴兵制度を一段階変えるととんでもなく徴兵可能資源が増えたりする。訳のわからない数を徴兵したり、よほどまずい戦い方をしない限りは、ペナルティなし2.5%の「制限徴兵」で十分だったりする))、
彼らに配備する銃が無ければ徴兵もままならないので開戦までに軍需も数を揃えておきたいところ。
また、素早い徴兵のために師団の装備を軽装にしておくのも有効だ。とにかく人的資源には困らないのだから、(特に歩兵用の)兵器の不足がボトルネックにならないように配慮しよう。NKVDは思い切って解体してもいい。
余程の自信があるなら別だが、基本的に海軍は後回しだ。陸軍の数を揃える方が優先だが空軍、特に制空権を取れるだけの戦闘機はできれば欲しい。砲兵の配備を遅らせるのも手だ。

資源はゴムとタングステン以外は当面自給できるはずだ。
枢軸との開戦後も連合国の方で制海権を掌握してくれるため、貿易はそれほど危険ではない。軍が大きくなってきたら貿易を切って、必要なものの輸入だけにとどめよう。

ちなみに研究枠の追加には年代制限もしくは大粛清&戦争経験ありルートがあり、なかなか5枠にならない。3枠から4枠になるのはそう遅い印象は無いのだが。

ドクトリンは自分好みの軍備に合わせたいが((十分な工業力、および資源があるので何を選んでも戦える))、研究枠が少なくなかなか戦車開発に手が回らない。
T-34の生産が軌道に乗るまでは機甲軍をあまり編成しないのも一案。まずはドイツの攻勢を受け止める壁たる歩兵を優先すべきという意味もある。
ドイツ軍はかなりの精強なので、平押しでは辛いところ。装甲軍が揃うまでは押されるのは仕方ない。包囲されることだけは避けよう。
機甲師団が40個を越えると機動戦が行え、楽になるはずだ。

対レジスタンス用師団は、独ソ戦が終わってから作るくらいで間に合うだろう。正面戦力を充実させよう。よって初期の騎兵は歩兵に編成換えしてしまってもよい。

** 外交 [#v4f9f694]

スペイン内戦が始まったら共和スペインに義勇軍を送っておこう。後々貴重なコミンテルン陣営になり、ドイツの背後を突いてくれる事もあるので可能な限り勝たせてやりたいところ。
スペイン内戦開始後しばらくすると日本が国境紛争を仕掛けてくる。国境紛争に勝てば貴重な陸軍ドクトリン研究ボーナスが手に入る。
初期配置の満州国国境付近の師団をまとめてウラジオストク西側のプロビにを置いておくのがおすすめ。義勇軍に行っていない戦車師団も入れておけばほぼ勝てるだろう。

バルト三国はNFで高確率で無血占領できる。フィンランドについてはそうはいかないので、一戦交える覚悟をしておこう。
大抵の場合、粛清後の戦争の経験はフィンランドで積むことになる((大粛清以下の一部NFは戦争を経験する必要がある))。

日本が枢軸陣営だと対独戦時に日本に宣戦される場合があるので、シベリアに24個師団くらいはおいておいても良いだろう((ただしv1.5以降では史実日本は独自陣営を組むため、難易度が下がっている。ただし北樺太に正当化をかけられることがある。なお日本が中国を喰った場合、24個師団では足りなくなるはずなので増援を送ろう))。

なお、ドイツがフランスと戦っている最中に後ろから攻める手も有力である。連合国との貿易を続けたい場合はスロバキアあたりに正当化しよう((国際緊張度をソ連が上げすぎると民主主義国家に対する貿易影響力が小さくなる))。

*** イベント [#l8d09230]

- 大戦前に、ドイツが条約をもちかけてくる事が有る。話に乗ると装甲の開発にボーナスが乗るのだが、これは仮想敵国であるドイツにしても同じ事だ。
どちらでも良いレベルだが、おおよそ機甲師団を多めに編成するなら同意、歩兵ばかりで戦うつもりなら却下でいいだろう。

以下はver.1.5.xまでの内容です。
このイベントを利用し39年の終わりに現代型戦車の研究を終わらすこともできる。37年半ばに発生するこのイベントで装甲技術-50%及び中戦車の時代先行研究ペナ-100%が、ソ連のNF「戦争の教訓」((条件に注意。「大粛清を完了し戦争をした」を満たす必要がある。))で装甲技術-50%が手に入るからだ。
36年中に重戦車1を研究し、その後右のイベントで得たボーナスを使い重戦車2、重戦車3及び現代型戦車の研究を進めよう。
NFの進め方の例としては、「スターリン憲法」をとった後、「大粛清」から「戦争の教訓」まで一直線で進み、その後は「進歩崇拝」を目指すというものが考えられる。
自由貿易及び戦車設計者を早いうちに選択するのも忘れずに。
&color(red){v1.6.xで修正されました。};

- 日本の増強 v1.5から日本側がディシジョンで行うようになり、国境紛争という扱いになった。勝利すれば陸軍ドクトリンのボーナスがもらえ、日本からそのまま宣戦される危険はなくなるのでソ連と北朝鮮の国境に何師団か置いておきたい。逆に国境紛争にわざと負け、日本から先に仕掛けさせて対日戦に持ち込める可能性もあるが、日本側のAI任せになってしまうので、あまり御勧めは出来ない。

- M/R協定 基本的に損することはなく、無償でポーランド東部を得られるようなもの。「スターリン線の改良」が済みとなればNFのポーランドへの要求ツリーも自動的に達成されNF的にはノーコストでバルト三国とフィンランドを恫喝可能となるため、締結しておいて損はないだろう。

- ヤルタ会談 ドイツの中核州に攻め込み降伏度が50%以上の時に発生。戦後に史実のように欧州を分割するか、各国が好き勝手にするものかを選ぶと思えばいい。RPにこだわりがない場合や連合国の貢献度が高い場合を除いて、史実分割ではソ連には損がちである。

*** 狂犬プレイ [#ve5ff58d]

開幕直後にNF「スターリン憲法」で160の政治力を得て、230の政治力を確保。早期に開戦する。
数値上は4ヶ国同時に相手にできるし、極東から持ってくれば師団数も足りるはずだ。138個師団もある。
候補はドイツとの緩衝地帯になるポーランド、油田のあるルーマニア、後背の憂いを無くすためにフィンランド、トルコ(大量のクロムも手に入る)だ。
DoDがある場合、ユーゴスラビアとトルコに正当化をかければ小協商の独立保障によりチェコスロバキアとルーマニアも引きずり出せる。

最初の((v1.4以降では戦争目標正当化は2国以上を同時にすると正当化時間とコストが大きくなる))正当化完了は1936年11月上旬だ。ルーマニアは首都一直線ルートですぐ落ちるので、ポーランド戦線に合流しよう。
トルコはカフカス(バクー周辺)から攻めるとインフラが悪く苦労するので、山岳師団を多く配しつつ黒海経由で上陸作戦を行い首都を伺う助攻もかけるとよいだろう。ただしトルコ海軍には巡洋戦艦が存在するため、ルーマニアに攻勢をかける前にこちらに空軍を回して蹴散らしておくと安心だ((尤も黒海の旧式艦隊の最初で最後の出番なのですりつぶしても構わないが))。初期の黒海艦隊で制海権は問題無く取れる。
フィンランドは北方放置、南方にのみ戦線を作り都市攻略だけで落とす。戦車がいると速い。

**独ソ戦対策 [#xdd4c48e]

独ソ戦開始後はドイツにかまけすぎない様に。南からハンガリー・ルーマニアに攻められる可能性がある。こうなると戦線が長くなりすぎそれを支える師団が足りなくなってしまう。
ドイツに対しては防御にとどめ、まずはハンガリー・ルーマニアから喰っていく方がよいはずだ。
ドイツ軍は精強なので、下手に攻勢を続けると人的資源より先に歩兵装備が尽きてしまう。MR協定ラインに要塞を作るとレベルによってはドイツは殴ってこないが、それはそれでドイツを消耗させることができなくなる。
トルコ参戦にも気を付け、バクー油田を抑えられないように最低限の守備隊は配備したいところ。

***大量右特化プレイ [#rb337a75]

ここではバルバロッサ初期ごろのソビエト連邦が採用していた無限の人的で敵を止めるといった戦い方を参考にした戦法を紹介します。
ドクトリンはタイトル通り大量の右ルート。

大量右の強みは以下の通り
1.ドクトリンのみで増援確率が20%となるため、師団が戦闘に参加してても増援に入れないということが無くなる。※しかも支援装備なしで ★超重要
2.歩兵師団の回復率が伸び、歩兵師団の元の指揮統制が50くらいということも相まって快速回復する。 ★超重要
3.ゲリラ戦術が解放され、戦術で選択されると攻勢・防衛双方の攻撃力に大きなデバフがかかる ★超重要
4.もともと多い人的がさらに増える
5.歩兵の幅が0.4減る→わかりやすく言うと、10幅編成を歩兵5大隊ではなく6大隊にできる(1師団ごとの防御力が大幅伸びる) ★超重要
6.師団消耗が10%減り、歩兵装備・支援装備の損失が減る
7.包囲されても防御が維持できるので救出の可能性が伸びる or 救出を捨てても相手に消耗を強要することができる。((包囲された師団を殲滅する思考があるため))

ほかにも細かい強みがいろいろとあるが、重要なものは上記の通り。バニラでもMODでも変わらない強さがすべてここにある。

用意する師団は以下の通り
・歩兵大隊6、支援(整備兵・偵察兵 ※好みで工兵・病院)師団:360師団
〇内訳
・歩兵銃:216,000/デイリー300生産を720日 
・支援装備:12600/デイリー30を420日
※初期師団を転換して使うともう少し必要数は減る。

各種支援大隊を入れている理由について
===============
整備兵:
数で敵のどんな師団もはじき返すことが可能で、さらに10幅未満の師団には何度も何度も攻勢を仕掛けてくるといった【AIの思考を考慮して】投入
結果、はじき返せばはじき返すほど敵の装備が鹵獲でき((仕様の記載ははっきりとされていないが、調査の結果1プロビに毎に発生している攻撃、又は防衛に成功する事で敵の装備を鹵獲できる))、支援装備25個に見合ったペイが返ってくる。戦車も増えるため、傀儡国やら同盟国やらにレンドリースすることで、強力な戦車師団を用意してもらうことだって可能。
さらに、自師団の装備信頼度が100を超えるので故障による損失がなくなり結果的に歩兵銃の消耗が減る

偵察兵:
何度も何度もゲリラ戦術を引くために投入。表に出ている数値だけ見ればパッとしない効果だが、Lv2になればゲリラ戦術を引く確率が体感1.5倍くらい増える。ゲリラ戦術により敵の攻勢が大きく遅滞し、後述する【戦闘が長引くことで発生するとある要因】によって防衛成功につながる。
また、それほど強い効果にもかかわらず支援装備がたった10で済む点も素晴らしい。
ゲリラ戦術が引ける=敵師団の攻撃力が自軍防御を下回りやすくなり自軍ダメージが減るということもあり、こちらも結果的に消耗が減りつつ整備兵の鹵獲で逆にペイが大きく帰ってきやすい。
===============

上記で説明した歩兵師団を編成し張り付けるだけで要塞すらも凌駕する防衛師団を用意できる。
偵察兵はゲリラ戦術をより引きやすくし、整備兵は歩兵装備の消耗を減らしつつ敵の装備を鹵獲する。
ちなみに、戦車が来たら貫徹は取れなく追い返すことが困難だが【戦闘が長引くことで発生するとある要因】からその戦車攻勢すら無力と化す。

どういうことかというと、必要な支援装備・歩兵装備の工場を確保したら、残りは【航空機】にのみに焦点を当てて工場を回せる点にある。
ようは【近接航空支援機(以降CAS)】である。【CAS】に工場を割けるということは、師団攻撃とは別に敵師団にダメージが出せる。とある要因というのは【CAS】の近接支援なのだ。
戦闘が長引けばCASが敵師団に爆撃を繰り返し、敵の指揮統制はもちろん戦車やその裏にある自動車、歩兵装備や支援物資にも消耗を強いることができる。
また、防衛を繰り返すことで敵は消耗するのはもちろん、防衛線に勝利することで整備兵の鹵獲が機能し自国では敵の野砲・戦車・歩兵装備・支援装備が手に入る。攻撃されることで物資が増えるという意味の分からないサイクルが出来上がる。
こういった形で防衛をしていくのが大量右の防衛時の基本戦術となる。

と、ここまで読んでいると、「防御でしか活躍できねーじゃねーかバーカー!」と総統閣下並みに叫ぶ人が出てくると思う。

そんなことはない。
敵が消耗したら or もう待ちきれないよ! と思ったら攻勢の時間だ。


ただ、攻勢時の師団編成により、難易度が大幅に変わるため、以下に各種幅の特徴を載せておく。

|戦闘幅|特徴|デメリット|h
|10|1プロビごとの戦闘が長期化しCASの攻撃が効率よくなる|1師団においての能力が低いため、オートで攻勢に出ると100師団単位で押し返され人的・装備が大幅に消耗する。|
|20|砲兵、対戦車などを入れた編成を考えられる為、1プロビごとの戦闘力を伸ばせる。&br;10幅よりも必要支援装備の数が減る。&br;10幅に比べ消耗が軽くなる。|師団の回復率が10幅に比べて低くなる。&br;必要装備が多くなる。&br;1プロビごとの戦闘に4師団しか入れないため、増援に入れない時がある|
|40|歩兵25を積むだけで相当の対人火力を載せられる。&br;砲兵などを混ぜた対人特化や対戦車特化などの師団が作れる。&br;自走砲などで人的の消耗をさらに減らせる&br;支援装備の必要数が20、10幅より大幅に少なくなる。|敵の戦術により1師団しか戦闘に参加できない可能性がある。&br;最低で2師団しか戦闘に入れないので増援が間に合わない時がある。&br;必要装備数が大幅に増える|

各幅の詳細説明は以下の通りだ
〇10幅の場合【難易度:高】
非常に難易度が上がるがしっかり操作ができれば一番消耗を避けられ、一番簡単に大規模包囲が行える編成。
メリットにあるように、戦闘時間が伸びるのでCAS連携が一番効率よく行えるので結果的に他幅よりも簡単に突破することができる。
突破を1プロビ、1度でも行えれば広域に浸透することで相手のインフラを圧迫させつつ包囲できるので、そういったところにも手が回す必要が出てくる。
一番に注意することはオートで攻勢に出ないこと。オートで動かすと「勝手」に「広域」に攻勢を仕掛けてしまうためCASが分散し火力の効率が大幅に落ちる。
さらに、貧弱な師団の攻撃があちこちに分散するので、消耗しているドイツ兵にすら一瞬で追い返されてしまう。
全面でオートで回そうものなら100、200師団単位で兵士、装備が消耗しソビエトの圧倒的人的・装備備蓄ですら枯渇させてしまう原因となるでしょう。

・10幅編成は【手動で動かし、考えることも増えるため】相当に難易度が高い編成となる。

〇20幅の場合【難易度:中】
考えることが若干減り、装備の研究さえ終わっていれば全面攻勢すらできる編成。
メリット通り、砲兵が師団に入れられさらに歩兵の数も増やせるので10幅と比べると1師団ごとの火力が大幅に上がる。
さらに、突破力も上がるので攻勢時の防御力もそこそこのびる。
オートで侵攻できるポテンシャルを秘めているが、戦闘の時間が若干減るため、CASの攻撃力が若干落ちる。
そのため、相手の防御を超える対人火力を用意しないと容易に突破できない。ゆえに研究の必要性が出てくる点が出てくる。
さらに、10幅の時には気にならなかった回復率が大幅に落ちるため適当に攻勢していると突破後師団が回復しなくて追い返されることがある。
なので、基本は突破後10幅の師団がその穴に入れるように手動で動かす必要が出てくる。
・20幅編成は【オートで侵略できるが、研究の必要性や回復率に気を回す必要がある】が、10幅に比べたら難易度は下がる。

〇40幅の場合【難易度:低】
単純に何も考えずにオート攻勢するだけで一方的に押し返して、いつの間にかドイツが降伏していることがある。
メリットを見ればわかるが、師団ごとの歩兵数が増えることで大幅に対人火力、防御力、突破力を増すことができる。砲兵が乗ればさらに対人、突破力が伸び容易に敵師団を溶かすことができる。
何も考えずにオートぽちーで侵攻することで、消耗を抑えつつドイツの師団を押し出しいつの間にか終わってるなんてこともしばしば。
ただ、山岳、川があると途端に性能が落ちる。
デメリットにあるように10−20幅と違い1プロビごとの戦闘で多方面戦闘を除いて最大2師団、戦術によっては1師団しか入れない。そのため地形で大幅にデバフが付くと伸ばした能力がほぼ無価値になる。
そこで追い返されると40幅に詰めた装備と人的が一気に削られ10幅よりも消耗することがある。10、20幅ではCASに頼ることで突破できるのだが、40幅だと一瞬で戦闘が終わることが多々あり、そのためCASが使えないのが難点となってくる。地形デバフがある個所はいっそあきらめ平原を突破するようにするなど若干考える必要が出てくる。

・40幅編成は【脳死オート侵略するだけでドイツを降伏させられるが地形デバフがあると途端に脆弱になる】が、オートでドイツを降伏させられるので難易度は一番低い。
※10幅だとなぜ、人的が溶けるかという理由について。
===============
1.オート攻勢で考えなしに攻勢を行うと、低い指揮統制・攻撃力が一気に突撃する。結果消耗しているドイツ軍にすら追い返されてしまう。
2.はじき返されることで装備が鹵獲され、人的資源は一方的に削られる
3.240〜360師団と数があるが幅は小さいので、1プロビごとの戦闘に全師団が参加できてしまい同じことが240〜360師団に発生。
4.その師団に入っている6000人のうち失われた人的資源が240〜360師団に補充される(1師団ごとに200削られた場合、単純計算で520,00〜720,00の人的資源が補充される計算)
5.これを無停止で突撃させ続けることで、1dayずつ上記の人的が補充され続ける
結果:ソ連でも人的が足りなくなる
===============

自分に合った攻勢用師団を用意し、独ソを終結させよう!

勝利後は連合戦に移るのだが、ドイツを食ってしまったら英仏はもはや一方的。
対仏はマジノ線を普通に歩兵CAS連携で突破し殲滅。というか即開戦すればフランスは兵がいない。
対英ではロイヤルネイビーで制海権が取れないだろ? そんなもん何にも怖くない。
なんせ、ソビエト連邦にはカミカゼを実行するNFがあるからだ。

無限に作った戦闘機をイギリスの海峡全部に飛ばし、カミカゼを命令しておくだけで敵の輸送船は溶け、主力艦は沈む。
そしたら脆弱な船でも何ら問題なく制海が取れるので上陸もできるし、制空はもとより取れて当たり前なので空挺だって飛ばせる。
上陸後は何も考えず、無限の歩兵と無数のCASで敵師団を一瞬で溶かしてしまおう。

対米戦の際には空母・軽巡セットか空母・駆逐セットの研究が必要になるが、もうほとんど消化試合だろう。無限の工業力で造船所を作り、空母、軽巡、艦上機を無限に作りだし、無限の上陸を仕掛けて無限の歩兵で新大陸を革命しよう!

〇研究ラインの優先度について
優先度は以下の通り
最優先:戦闘機、陸軍ドクトリン(大量右)
優先度高:CAS、レーダー、空軍ドクトリン(作戦整合性 or 戦場支援好みで)
優先度中:工場2種、建設、整備兵、偵察兵
優先度低:歩兵装備

最優先は常時回す勢いで研究し、研究バフも可能な限り最新型に乗せるようにする。
優先度高はラインが空きつつ、300日以内の時代先行であれば研究する。
優先度中はラインが開いており時代先行でなければ回す。
優先度低は暇があって工場に余裕ができたら回す。

※歩兵装備が優先度低な理由は歩兵の質よりも数が欲しいため。結局数による防御・回復率だけあればあとはCASで削り落とせるので質は不要となります。
ゲーム開始初期に割り振られている歩兵装備・支援装備にありったけの工場を回すだけで必要歩兵数が序盤にそろうので研究優先度は低となります。

*トロツキールート [#e1df7704]
大粛清に一切手を付けずに放置したまま「第4インターナショナル設立」イベントを発生させ、更に後の選択肢でトロツキーを必要だと選択するとなんと90日後に''スターリンがトロツキーに粛清される''イベントが発生し元首がトロツキーに変更され(任意)、
粛清を免れたコーネフが反乱するというIF状態に突入する。トロツキーが復帰した時用の専用NFが用意してあったりとやけに力が入っているので試してみるのも一興。

また、大粛清イベントの締めくくりとして1940年にメキシコに亡命中のトロツキーが襲撃されるイベントも有るのだが、
刺客からピッケルを強奪して逆に撲殺し「臆病者らしいやり方」とスターリンを挑発するパターンが結構な頻度で発生したりやけに今回の彼はアグレッシブである。
まずは、トロツキールートをこなす利点と欠点を挙げる

-利点
・全ての軍長官が生き残る
・ミハイル・トゥハチェフスキー元帥が生き残る
・210日という膨大な時間を消費しなくて済む
・早期に研究枠の確保を狙える
・破壊活動費-100%による即日クーデター工作

-欠点
・数名のスターリニストが粛清される上に粛清の国民精神を獲得する
・内戦が発生し20%の師団や備蓄が消える(内戦終結時に備蓄はある程度返してもらえる)
・発生が遅いので、デバフが消えきる前に冬戦争などのイベントが起きる
・レベル5の将軍がどちらも粛清される

といった具合である。そう、トロツキールートは別に弱いわけではない。
というわけで進め方の一例を解説してみよう。

**日中戦争発生まで [#ka866b7a]
-NF
NFについては大粛正ツリーは進めずに、左の方のツリーで国力を高めておく。集産主義・英雄主義の選択は好みでよい。
お勧めなのは早期に研究枠を取りに行くことである。どちらも最短で350日後に会得できる。

--集産主義ルート
以下一例。
.好拭璽螢鷏法(政治力&color(green){+160};。動員法を戦争経済にするため初手)
五ヵ年計画の完了(民需工場+4)
I霑化に注力(軍需工場+4、陸軍経験値&color(green){+10};)
そ源瑳腟船廛蹈僖ンダ(政治力&color(green){+120};、安定度政治力&color(green){+20};)
''追加の研究枠''(研究枠&color(green){+1};)
Ψ鎧学校(徴兵可能人口+0.5%)
労働者文化(建設速度&color(green){+10%};)
┐好みで(外交ツリーか、集産主義ツリーの掘り下げ、もしくは社会主義リアリズム)

--英雄主義ルート
以下一例。
.好拭璽螢鷏法(政治力:&color(green){+160};。動員法を戦争経済にするため初手)
∪儷謀な英雄主義(人物解禁)
進歩崇拝(研究所要時間&color(green){-5%};)
ぜ匆饉腟漸奮(徴兵可能人口+5%)
''追加の研究枠''(研究枠&color(green){+1};)
Ω泪年計画の完了(民需工場+4)
武装化に注力(軍需工場+4、陸軍経験値&color(green){+10};)
┝匆饉腟船螢▲螢坤or鉄道網の改善

-研究
大前提として、工業や産業などの研究は行うものとする。
戦時(独ソ戦)までに時間はたっぷりとあるので、将来のソヴィエトを見据えた研究をする必要がある。
陸軍に関しては、歩兵中心に運用するならば''対戦車砲''の研究は欠かしてはならない。
中戦車師団を開発したいなら、ドイツの技術協定までに''36年式軽戦車''を研究しておきたい。
空軍に関しては、''36年式CAS''を研究、少量生産しておくことで、陸上戦の貢献が可能であろう。
海軍と支援中隊に関してはお好みで。支援中隊は補給や病院を入れておくと良いだろう。
が、最も大切なのは&color(red){''大量突撃ドクトリンで歩兵幅を圧縮できるところまで進めること''};である。これは欠かしてはならない。
なぜなら、人海戦術こそソ連にのみ許された素晴らしき戦術であり、これの有無で歩兵師団の質が変わるからだ。
なお、他ドクトリンを採用するとしてもある程度は研究しておいたほうが良い。ドイツに歯が立たなくなるからだ。

-建設
建築については、早期の戦争は行わないので、民需工場から拡充していく。20-30くらい建ててしまうと後がとても楽だ。
西すぎるとドイツに喰われる可能性があり、東すぎると日本に喰われる可能性があるので、やはり真ん中めに建てること。
なお、トロツキー帰国内戦ではスターリングラード以南の一部が一時的に失地する。よって、それ以外に建設することを意識すればよい。

-生産
歩兵装備を中心に足りないものと必要になるものを生産すること。
将来の師団テンプレートを意識しておこう。戦車師団ならば戦車やトラックを多めに、歩兵師団ならば歩兵装備や支援装備を、野砲や対戦車砲に頼るならそれをだ。
空軍に関しては戦闘機をしっかりと増産したい。制空権を確保できないと、ドイツとの抗戦に支障をきたすからだ。
海軍に関しては、これといったものがない。輸送船辺りを生産しておくなど、個人の自由となる。。

-徴兵
正直に言えば、徴兵しても内戦で奪われるのでやってもやらなくてもである。内戦後徴兵でも十分に間に合うので、初動は考えなくとも良い

-義勇軍
スペイン内戦などの義勇軍。もちろん出しておくべきである。特に航空義勇軍を派遣することで、貴重な空軍経験値を会得できるので、やっておいて損はない。
また、陸軍なども歩兵師団を送っておけばよい時間稼ぎになる。もちろん、機甲師団でも可である。大粛清していない分、存分に送れるだろう。
中国への義勇軍だが、こちらは陸軍は出さないほうが良い。というのも、包囲殲滅される可能性があるからだ。腕に自信がなければやめておこう。
逆に自信があるのであれば、全中国軍閥に対して師団を送ろう。およそ合計23師団派兵することが叶うはずなので、北京南部の河川および山西の山岳地帯で地帯戦術に励もう。
もし、宣戦が崩壊して中国の敗北が濃厚になってしまったら、おとなしく中華民国奥地に逃げて中国敗戦までじっとしていよう。

-Topic〜初手の戦争〜
これは初期拡張をする場合についての項目。ヨーロッパ以外の国家で面積を接しているのは中国、日本、イラン、トルコである。
大東亜と事を構えるのはやめておくとして、この中で最も利益になるのはトルコである。最も民需工場がある国だからだ。
ただし、ルーマニアに独立保障されている事を忘れずに。しっかり構成国家にしてやろう。
中国に関しては、日本とのパイ分けになることがほぼ確定する上に、モンゴル越えやインフラ問題がある。
また、イランは石油産出国である。戦時中のドイツの石油事情を締め上げる目的ならばここを攻めるのも良い。
もっとも、初期拡張をするかしないかはプレイヤー次第である。後々請求権を獲得するNFもある。
なお、大粛清が完了=内戦が発生するまでに戦争を行っても、NF''戦争の教訓''の条件は''達成されない''。

-Topic〜政治力の使い方〜
何に使うかはプレイヤーの考え次第だが、個人的なお勧め用途を順に紹介しよう。
‘旭法を戦争経済へ(超重要で、これを最初にしないと建設が進まない=国力が増えない)
∨念徊,鮗由貿易へ(中盤以降に輸入をする必要が出てくるが、序盤は研究時間短縮のために必須級)
政治顧問の産業指導者を雇用(民需工場ブーストを行うのであれば必須だが、上2つよりは優先度が劣る)
ね論家のトハチェフスキーを雇用(トロツキールートなら必ず彼を。陸軍ドクトリンの研究速度を上げて、独ソ戦までに間に合わせてくれる)
手馴れたプレイヤーでないならば、まず以上の順番で雇用をしてみたらよいだろう。
幸い、政治力を獲得するNFが序盤では多いので、活用してもらいたい。
ただ、間違っても粛清される人物(カリーニンなど)は雇用してはならない。

**トロツキー内戦終結まで [#s79d70b3]
-NF
およそ右の大粛清ルートが進められない以上、真ん中の外交ルートを進めているはずだ。
内戦終結までにこれ位のNFは取得しておきたい。
ー匆饉腟船螢▲螢坤(政治力&color(green){+120};)
鉄道網の改善(インフラ改善)
6肪枠行(空軍ドクトリン50%研究ボーナス×1)
こ依粒し(36年型戦艦と超戦艦50%研究ボーナス×2)
ニ姫匯唆反楊碓儖部の設置(国民精神の習得)
''反ファシズム外交''(210日かけて外交関係変化)
内戦が終結したら真っ先に''永続革命論''を、終結していないのであれば''スターリン線の改良''を選択しておこう。

-トロツキーの帰国
#ref(1.トロツキー帰国.jpg)
時期にして38年の9月ごろ、トロツキーが凱旋するイベントが発生する。上の【信じられない!】だと、50%規模の第二次ロシア内戦が始まってしまうので選んではならない。
下の【我々にはトロツキーが必要だ】を選択することによって、下のフラグが立つ。必ず間違えないようにしよう。

-内戦の幕開け
#ref(2.トロツキー内戦開始.jpg)
画像の通り、数名の粛清(反乱)が起こった後に内戦が勃発する。ピックアップしておこう。
|名前|役職|詳細|備考|h
|ヨシフ・スターリン|国家元首||内戦発生時に死亡|
|ミハイル・カリーニン|政治顧問|人気のある傀儡||
|ラヴレンチー・ベリヤ|~|原理主義者|画像にないが粛清されている|
|ニコライ・エジョフ|~|恐怖公||
|ニキータ・フルシチョフ|~|共産主義革命家||
|コンスタンチン・ロザエフスキー|~|国粋主義扇動家||
|セルゲイ・ルジェーンコ|理論家|航空支援主義者||
|セルゲイ・ゴルシコフ|~|海軍理論家|レベル3提督兼任|
|ゲオルギー・ジューコフ|~|大量突撃の達人|レベル5将軍兼任|
|イヴァン・コーネフ|軍最高司令部|隠蔽(達人)|レベル5将軍兼任|
|パーヴェル・ジーガレフ|~|空挺強襲(専門家)||
|スチェバン・クラソフスキー|~|空戦訓練(達人)||
|アルセニー・ゴロフコ|~|陸海共同作戦(達人)|レベル4提督兼任|
以上である。やはり、スターリンの大粛清と比べたら被害総数は少ないだろう。
(記入漏れの可能性があるので、気がついた方はコメントによる報告か編集をお願いします)

-反乱
#ref(3.反乱州.jpg)
27州の反乱が発生する。画像の通りの反乱が起きるので、予め撤退戦を引いておこう。
なお、この画像では南部のトルコを併合しているが、本来はアルメニアのみこちらの領土となる。
アルメニアは港がない内陸州ため、そこに師団を配置していると補給切れを起こす。南部は捨てるか、あるいは逆に迅速な進軍を指揮しよう。
(このプレイ時に送っていた中国遠征軍は、内戦発生時に師団が減っていなかった。もしかしたら遠征軍はカウントされない?要検証)

-終結
全ての州が自国に帰る。さて、内戦は主導操作でおよそ1ヶ月あれば収めることができるだろう。
もうすぐ39年が始まり、世界が火の海に飲まれる。独ソ戦開始までにやっておかなければならないことは多い。

**独ソ戦開始まで [#me18d011]
-安定度
独ソ戦を始める前に注意しておくことがある。それは開戦すると安定度が50%を切ることだ。Ver.1.5以降、戦時中に安定度が50%未満だと、ランダムでデバフのきついバッドイベントが発生する。
仮に軍部のバッドイベントを引いてしまうと、戦線が崩壊しやすくなるので、安定度は高く保っておきたい。39年末辺りから、ディシジョン''労働条件の改善''を選択すること。

-NF
まずは''永続革命論''の完了を行う。これをしないと政治力&color(red){-15%};、つまり日毎に0.3の政治力を失う。
また、M=R協定までにNF''スターリン線の改良''を行う。そうすることで、M=R協定を受諾した瞬間に
フィンランド・バルト三国への請求権を獲得するNFを、即時完了することができる。
その後はフィンランドに宣戦しつつ、大粛清ルートを推し進めて5つ目の研究枠を獲得すること。
途中の''戦争の教訓''は、内戦終結後にどこかと戦争するか、41年になるまで待たなければならない。その代わりにとてつもなく強力なNF。
大人しく待つ必要はどこにもないので、上記の請求権を使って戦争を仕掛けよう。とはいえ、史実AIならばフィンランドと戦争することになるか。
以下、永続革命論から続くルート解説
''永続革命論''(トロツキー強化)
-1軍隊の回復(国民精神獲得)
-1軍隊を編成(陸軍ドクトリン50%研究ボーナス×1、陸軍経験値&color(green){+20};。独ソ戦までに陸軍ドクトリンが研究しきれていない場合の保険)
-2NKVD優先(国民精神獲得)
-2NKVD師団(国民精神強化。こちらのルートは増援確率&color(green){+5%};と後述のクーデター工作が強力である)
''戦争の教訓''(陸軍ドクトリン50%研究ボーナス×1、装甲技術50%研究ボーナス×1、陸軍経験値&color(green){+20};、&color(red){''将校の粛清削除''};)
ジΦ翕垰埃存(核技術50%研究ボーナス×1。核兵器の研究に当てて研究所要時間短縮を狙う)
ΩΦ罎梁審儔(ロケット技術50%研究ボーナス×2)
''閉鎖都市網''(研究枠&color(green){+1};)

-研究
各々のプレイの仕方によって、さまざまな分野に分かれているだろう。歩兵のみ、戦車アリ、カチューシャ、戦闘機、CASなどなどだ。
ただ、連合との決戦を考慮するのであれば、この時期から''合成精油所''の研究をしておこう。
また、鋼鉄やタングステンなどの資源に不足を感じているのであれば、掘削の研究を開始しよう。
一応の指標として、必須やお勧めと感じた研究を載せておく。もちろん、従う必要はないが、迷っているのならこれを選択しよう。

--必須の研究
[Ψ灰疋トリン(大量突撃を選択しているならば、必ず歩兵幅圧縮のところまで進める)
∨(野砲と対戦車砲の研究。ドイツの歩兵師団を殲滅しつつ、中戦車師団に対抗する。対空砲は必要なし)
J睚悉(歩兵がメインのソ連なので要らない訳がない)
し彁撒(1つだけ暗号解読の研究をしていると楽になる)
セ唆箸塙業(説明不要。国力の増大を図る)

--お勧めの研究
40年式戦闘機(空軍経験値があれば、研究した直後に改良を加えておく)
41年式中戦車(戦車を使うなら。NF''戦争の教訓''で得たボーナスを使う)
3傍蚕40年式(研究所用時間短縮。NF''研究都市実験''で得たボーナスを使う)
だ彩所(対連合を意識するならば必須)
シ〆(同時にインフラ開発を行うことで、資源不足の解消につながる)
μ鄒鑄賊(ソ連の人的をカバーするのではなく、経験点消失を抑えて早急にエリート化する目的)
補給中隊(40幅歩兵師団や中戦車師団を使うのであればあって損はない)

-建設
使える民需工場が貿易収入を加えても100を超えたのならば、軍需工場の建設ラッシュに入るべきだ。
合成製油所の建設をするよりかは、まず石油産出が多いバクーのインフラ開発をしておくと良い。
短時間で多くの石油を確保するからだ。もちろんその後、インフラ100%の地点に精油所を建てたらなお効率よい。
東部ポーランドを占領した後、ドイツ国境線に要塞を建設するプレイヤーも入るかもしれないが、
あらゆる準備がしっかりと整っていたら必要ないだろう。建設してもドイツの戦略爆撃機の餌食になる。

-生産
自分の編成する師団テンプレートのコストと見比べて、割り当てる工場を決めるのが良い。
以下に生産一例を載せておくので、興味があれば見ておいてほしい。
また、戦闘機の工場は5以上は確保しておいて、ドイツとの決戦で航空優勢を確保しておきたい。

--生産一例
歩兵大隊20、砲兵大隊2、対戦車砲大隊2、工兵中隊、偵察中隊、野戦病院、補給中隊の師団テンプレートを使用する場合
|装備|必要装備|生産コスト|工場割当|h
|歩兵装備(39年式)|2050|2050×0.6=1230|17|
|野  砲(39年式)|72|72×4=288|4|
|対戦車砲(36年式)|72|72×4=288|4|
|対戦車砲(40年式)|~|72×5=360|5|
|支援装備|90|90×4=360|5|
|トラック|30|30×2.5=75|1|

-徴兵
独ソ戦までに徴兵しておきたい師団数は、最低40幅歩兵師団120=1軍24師団換算で5軍=1軍集団分である。東欧に拡張をしていない場合、ドイツとの国境線はおよそ、ポーランド中央部である。
オストプロイセン-ポーランド中心線部-スロヴァキア・ハンガリー-ルーマニアという戦線を支えるには、5軍は必ずほしいのだ。
それに加えて、ドイツに対して打撃を与える攻撃用師団を作っておきたい。目安としてはカチューシャ師団24、戦車師団12以上である。
また、航空機は開戦前までに必ず編成して、作戦の割当をしよう。全ては準備である。
以下に、私がいつもソ連でドイツを倒している師団テンプレートを載せておくので、参考までに。

--お勧めの師団テンプレート
---精鋭歩兵師団
#ref(編成.精鋭歩兵師団.jpg)
陸軍ドクトリンにより、歩兵大隊の幅を0.6にした前提の編成である。メリットは、対歩兵師団に対して十分な防御力と対人火力を有すること。
また、中戦車師団を貫通することが可能である(対戦車砲の研究必須)。特に、中戦車の供給が間に合っていないドイツの戦車師団にぶつけても問題ない。
これを中心に編成するが、砲が足りないのであれば歩兵大隊25の師団を別途作って間に合わせておこう。

---カチューシャ師団
#ref(編成.カチューシャ師団.jpg)
一般の幅20師団。かなり統率が貧弱なので、壁や攻勢役としては不向き。高速の足を生かして、充足や統率の切れかけている敵師団に穴を開けて浸透突破する師団。
恐るべき速度で包囲を決める上、ちょっとした歩兵師団の攻撃には手痛い反撃を食らわせる優れもの。特に工業数が多いわけではないソ連にはピッタリな師団。

---中戦車師団
#ref(編成.戦車師団.jpg)
一般的な中戦車師団。独ソ戦は41年6月頃に起こるので、先に41年式中戦車を開発していると楽。陸軍経験値で改良も忘れずに。
装甲ボーナスで押し返したり、機動防御にうってつけだが、数をそろえるのは難しい(肝心の歩兵師団がおざなりになりやすい)ので、少数精鋭の運用を心がける。

-Topic〜師団の質と師団の数〜
今回は圧縮40幅歩兵師団の運用を前提としている。何故数を揃えないのか。それは師団同士の戦闘において、攻撃力の算出と防御力の算出は、1師団辺りの能力に依存するからである。
わかりやすく言えば、幅20支援中隊つき4師団より、幅40師団支援中隊つき2師団の方が強いのだ。これは、戦闘の防御力を見れば一目瞭然である。
数を揃えないとまずいのではないかという不安があるだろう。実際、41年のドイツは師団が200~300に上る。それに加えてイタリアなどの師団もこちらにやってくるので、総勢400師団を相手にする。
数ではなく質を優先する理由はひとつ。ソ連の対ドイツ戦の戦い方はカウンターになるからだ。機甲師団を用いて電撃戦を仕掛けてくる相手に、弱兵を並べても人的資源と装備が消えるだけである。
敵戦車部隊を筆頭とした敵軍の攻撃を耐え切る''防御力''が必要なので、幅40の歩兵師団が必要なのだ。
ちなみに、筆者が幅20で試したところ、普通に突破されて、機動防御が間に合わず、戦線に穴を空けられて負けました。
纏めると、最低限戦線の維持に必要な歩兵師団+機動防御と包囲殲滅が出来る自動車装甲師団を、高い質で用意することこそ、勝利への近道である。
ただ、それでも400師団の猛攻を止められるか不安と思う方は、下記のTopicを読んでもらいたい。

**枢軸国降伏まで [#rcf78374]
いよいよ決戦のときである。ここまで時が経てば頼れるのは己の腕しかない。が、準備が出来ていれば初心者でも必ず勝てる。自信を持とう。
戦線の構築、塹壕構築、攻撃線構築、航空機展開、予定しているドイツ軍の包囲殲滅脳内シュミレーションなど、やれることはすべてやろう。
ドイツのNF''ソ連との交戦''を習得しても、かの国がこちらへ不可侵条約の破棄をしない限りは宣戦してこないので、時間的余裕はある程度ある。
筆者は史実モードで41年6月に開戦した。

-師団展開

-防衛

-反撃

-制圧

-Topic〜共和スペイン参戦について〜
プレイヤーがスペイン共産主義に救いの手を差し伸べていたら、独ソ戦勃発時にスペインがコミンテルンに加入してくれる。加入するだけならば得である。
なぜならば、敵の師団の数割がスペイン国境線に行くからである。敵がそちらに向かったら、防衛に余裕が出てくるはずなので、包囲殲滅の作戦を立てていこう。
さて、共和スペインの参戦要請をするかどうかだが、これに関してはプレイヤーの考え方次第で変わる。
参戦した場合、フランス国境線までをしっかり取り戻してくれるのだが、その分講和会議ででしゃばり、イタリア等の傀儡政権を平然と建ててくる。
そういうのが嫌いな方は参戦させないほうが良い。また、スペインのコミンテルン入り前に、モンゴルなどの同盟国に参戦要請をしていると、そちら経由で勝手に参戦してくるので注意。
最も、枢軸国戦が終戦した後に、スペインを陣営から追放して宣戦布告すれば問題なくなるのだが。

-Topic〜海軍増強〜
プレイヤーが連合国と大東亜共栄圏を打倒することを目標としているならば、海軍の増強は必要だ。ここまでで陸軍や空軍に力を入れてきたが、この時期からは海軍に力を入れよう。
空母は研究すべき項目が多いので、地上から航空機を飛ばし制空権を維持した上で巡洋戦艦や戦艦を中心とした水上打撃艦隊を研究、編成しよう。もちろん、船舶設計社の雇用も忘れずに。
造船所はドイツのものを奪えばいい。また、イタリアもそれなりの数を持っているので、講和会議時には積極的に奪おう。

-Topic〜その他の中小国〜
連合に入りそうにないヨーロッパ国家に宣戦布告することで、敵国を枢軸国に放り込み、講和会議でまとめて併合するやり方がある。
こちらが枢軸と戦争している間は、英仏米も余計な独立保障を控えてくれるので、正当化や宣戦布告を思いっきり出来る。
対象国家は、スウェーデン、ユーゴスラビア、ブルガリア、トルコ等。また、イランやイラクなど中東も対象が多くいる。
特に中東の石油地帯を押さえておきたいのであれば、1個師団ほどそちらにまわしておこう。
なお、ドイツがぴんぴんしている時にそんなことをやると、ふとした油断であっさり戦線を破られることがある。自分の腕とも相談しよう。

**連合国降伏まで [#z3413064]
ここから先は、連合国や大東亜共栄圏の降伏も視野に入れたプレイとなります。一般的なソ連プレイの大目標たる独ソ戦勝利からはずれます。

-対フランス
ベネルクスも含むこれら陸上国家は、枢軸戦直後ならそれほど脅威ではない。本国を長らくドイツに占領されていたはずなので、ロクに師団徴兵や装備生産も出来なかったはずだ。
ドイツのようにシュリーフェンを真似て、さっさと降伏させよう。ドイツを敗北させたプレイヤーが負けるわけがない。

-対イギリス
さて、イギリスであるが、重要なのは主力艦隊がどこにいるかである。対日戦の影響で太平洋まで遠出していたり、ジブラルタルやスエズの占領で地中海に取り残されていたら儲けだ。
イギリス戦の要は、開戦直後に強襲上陸をドーバーから仕掛けることである。ドイツ降伏から3ヶ月ほど時間を置いておくと、何故かイギリス海軍はドーバーに艦隊を置かないようだ。
恐らく日本に出張しているため、その隙を突いてドーバーの制空権を確保、後に制海権も確保させて即日上陸を仕掛けよう。開戦前に予め、上陸作戦立案を怠らないこと。
筆者は開戦直後に上陸を成功させて1月足らずで降伏させた。

-対アメリカ
さて、この時期になると恐らく、インドが主要国家入りしていることだろう。アメリカはインドが降伏寸前の状態になると、連合国に加盟する。つまり、連合国のアメリカとの戦争は避けられない。
筆者は、枢軸国降伏時に何故か敗戦国扱いされていた連合国陣営デンマークを割譲、グリーンランドを要塞化させてそこから北アメリカ大陸へ上陸した。
話を戻すが、まず海軍の増強は不可欠だ。とはいえ、英仏独の領土を確保していれば、大量の造船所があるはず。研究次第でもあるが、1年足らずで立派な艦隊が出来るだろう。
カナダ方面から上陸して、インフラと予備の港と空港開発を行いつつ、じわじわと侵攻しよう。

**大東亜共栄圏降伏まで [#q3994b0c]
-対日戦
実は、日本はぜんぜん脅威ではない。というのも、大日本帝国海軍は大抵、米英にボコボコにされている。
アメリカへ上陸作戦を成功させるほどの海軍を保有しているのであれば、日本への上陸は簡単だ。まず負けない。
どちらかと言えば、中国大陸に残されている大日本帝国陸軍のほうが脅威である。彼らを本土へ返さないように大陸打通作戦を行って包囲殲滅させることが難しく、肝心だろう。

-その他の主要国
インドやフィリピン、中国などが主要国として名乗りを上げるかもしれない。が、いずれも連合線直後ならば師団の徴兵が出来ていないだろう。日本、中国とシャム以外はそれほど苦戦しない。
インフラや航空優勢を最優先に考えよう。恐らく民需工場は山のようにあるはずなので、インフラや空港建設をこまめに行い、航空機の移動も忘れず行おう。

**世界征服後の姿 [#p380f4b5]
-参考画像
#ref(世界征服1.jpg)
#ref(世界征服2.jpg)
ちなみに、空母や核爆弾は使用していない。順番や戦略を間違えなければ勝てるのだ。

//お時間をもらいます。(現在編集中)

//''''
//%%%%
//#ref()
//#region(説明)
//#endregion
//:&color(green){};
//:&color(red){};
//:&color(blue){};
//:&color(brown){};
//:&color(purple){};
//:&color(navy){};

**即日クーデター工作について [#a505d689]
トロツキールートの特徴の一つに「永続革命論」と「NKVD優先」を取得することで破壊活動費が&color(green){-100%};になりクーデター工作を最大0日まで短縮可能というものがある。
即日クーデターの場合政治力消費もなく、工作翌日には反乱が発生する。
しかも失敗しても成功するまで何度でも実行可能な上、0日なら政治力無しで実行できる。流石に一度失敗した場合はイデオロギー工作が必要になることが多いが。
共産主義でクーデターを起こせば反乱側をコミンテルン勧誘→参戦で正当化をすっ飛ばして戦争を行うことも可能。
ただし内戦は無条件で元の領地を全て反乱側が取得するため介入してもソ連自体の領地は増えないことには注意。
同盟国を増やす手段と割り切るか、内戦終了後陣営追放→併合をしよう。
後者の場合でも破壊活動費&color(green){-100%};のおかげで正当化時間と政治力が少なくて済むのが強み。
もちろん普通に戦力を削ぐ目的で使ってもいい。
傀儡ではないコミンテルン陣営国家という地味に珍しいものが大量に作れるので世界を色んな赤で染めたいときはクーデターに興じてみるもの一興か。

**過去記事 [#zdee01d3]

//----------------------------------------------//
//バージョンアップで修正されたためコメントアウト//
//----------------------------------------------//

//生産は歩兵用各種装備と輸送船に絞る。
//内戦が発生するルートなので、陸軍を90-100個師団ほど(または全部)解体しよう((これにより、残った師団にすぐに装備が行き渡る。))。そして生産キューにNKVD〜の警備歩兵師団か空挺師団をこれでもか!と並列でぶちこんでおく。初期状態なら40個師団程度(空挺なら160ほど)並列徴兵が可能なはずだ((優先度を設定して、ある程度の師団は「訓練済」の状態にしておき、いつでも配備できるようにしよう))。展開地点を選択しなければこれはキープしておける。必要な時に設定すれば、翌日にはすぐに配置されるのでご安心。反乱軍は各軍のn%を持っていくが、0なら奪われようがない。しかし徴兵キューにはたんまりと陸軍を隠しこんでおくのだ。

//----------------------------------------------//
//バージョンアップで修正されたためコメントアウト//
//----------------------------------------------//

//2,3ラインに分けておくと、2,3箇所に瞬時に配置できるため便利がよいだろう。潜水艦と駆逐艦も解体しておこう。

暫く何も起こらないだろうから、NFの初手を「スターリン憲法」にし得られた政治力でトルコあたりに同時宣戦を行って、踏みつぶしてしまっておいてよい(他にはイランがおいしいだろう。冬戦争のためにフィンランドは温存しておこう。
初期の約1000機での航空支援下で南部を制圧すればトルコもイランも楽勝のはず。開戦とほぼ同時に陸ドクの2段階目も間に合う。トルコがクリミアあたりに上陸してくるかもしれないが、まあ気にするような問題ではない。
この間、NF「社会主義リアリズム」(または、そちらのルートが好きなら「集産主義」)を取り、陸軍理論家→産業指導者→戦争経済、と、政治体制を変更しておこう。
ランダム性はあるが、国際緊張度の関係からおおよそこの順序になるはずだ。

//----------------------------------------------//
//バージョンアップで修正されたためコメントアウト//
//----------------------------------------------//

//そしてキューに入っている師団を、「一線級の歩兵師団」に変更する。支援中隊フル装備、歩兵x7砲兵x2にする場合、NKVD〜からなら65、空挺からなら90の経験値が必要なはずだ。
//何故NKVD〜や空挺などを徴兵してからテンプレートを変更するのか?徴兵キューに入れておける師団数はほぼ人的資源に依存するのだ。つまり、小さな師団ほどたくさん並列徴兵ができる。だが、入れた物を一線級の師団にテンプレート変更しても、何ら問題が無いのである。独ソ戦までに歩兵を揃えたい意味も有るので、一度試してみて欲しい。

のんびり研究と建築を続けていると、1938.9.1以降、「第四インターナショナル」のニュースが流れる。この時期までに「大粛正」が行われていないと、このニュースでトロツキー内戦のフラグが立つ。
この頃には民需工場の建築も終わり軍需工場も増え、1939年式中戦車をラインに乗せられるだろう。独ソ戦は受け身になりがちなので、敵領土の占領はしばらく行えず、建築以外で民需工場は増やしにくい。
これ以降も少しずつでも(例えば1ラインだけつねに民需工場を建てるなど)増やしておこう。

そして先のニュースから期待値として90日後に、「永続革命」内戦イベントの発生となる(ソ連の政体が共産でなければならないと言うフラグが一応あるが)。
つまり時期としては1938年の12月中に起きる公算が高いわけだ。

//----------------------------------------------//
//バージョンアップで修正されたためコメントアウト//
//----------------------------------------------//

選択肢「信じられない!」を選ぶと、期待値として10日後に規模50%の「第二次ロシア内戦」が発生する。領土としてはおおよそ、モスクワ近辺はキープされる。

//ただし我が軍は海軍以外0であるので、生産キューに入っていた数十個師団を配置すれば勝利は容易い。0の場合多少陸軍が涌いたり他国の義勇軍がいたりする可能性があるが物量の差は圧倒的であり問題とならない。

これはスターリンがトロツキーと対決するルートだ。ただしこのルート、NFの一番右のツリーを開発するためには結局「大粛正」を行うしかなく、さらに国家元首もスターリンのままと、内戦の上に回り道を喰らう、何ら意味の無いルートと言える。

選択肢「トロツキーが必要」を選ぶと、期待値として90日後に国家元首がトロツキーに入れ替わり、強度18%の内戦が発生する。
その際に若干名の人物がパージされてしまう。そしてNFは自動的に「大粛正」「スメルシ」が完了し、同時に「永続革命論」が開発可能になる((これを開発しないと政治力の自然増加に-15%の補正がかかる。通常は+1.0/日→+0.7/日に低下。ただし最優先と言うわけではない))。
なおどこかで「戦争を体験」しなければ大粛正ツリーを進められないので、バルト三国にケンカをふっかけたい所だが、恫喝にとどめる。バルト三国が恫喝に屈しないケースはかなり稀なようだが、武力で屈服させようとすると連合と開戦になるので引いて置く。
初体験の相手はフィンランドさんにお願いしよう。「冬戦争」には連合の介入は(ほぼ)ないようだ(Ver.1.3.2)。

その後は有り余る人的資源で大軍を作り、独ソ戦に備えよう。内戦で消耗した陸軍だが、インフラ整備しないと補給に支障を来す程度には揃えられるはずだ。
陸軍の展開が遅れているので1941年開戦なら特に問題は無いが、1940年開戦だと少々辛いかもしれない??
ドイツ国境あたり、直線や川で防御できるところにレベル2程度の要塞を敷いておくだけで大分ちがう。
日本相手には取り敢えず24個師団送っておこう。

*大粛清回避ルート [#p4c5b809]

 政体を共産主義から民主主義やファシストに変更するとイベント「新指導部のもとで」が発生し、国家精神「トロツキー派の陰謀?」と「革命の生地」が削除される。これにより大粛清を行わなくとも内戦が発生することは無くなる。
このルートだと大粛清で誰も粛清する必要は無くなるが、NF「大粛清」を行わなかった場合その下にあるNFが取れなくなるために大粛清自体はしておきたい。なお将校の粛清の国民精神は政体を変更しても残り続ける、が、時間経過で緩和かつ消去されるので気にしなくていいだろう。また、民主化するなら動員法や経済法は変更してから政体変更するのが常道。

 v1.5.x以降、ディシジョンで政体が変化する時期をプレイヤーがある程度操作できるようになったため、博打要素はかなり減っている。
ただしモンゴル、タンヌ・トゥヴァがコミンテルンから離脱する上、一度陣営を解体すると二度と盟主として立ち上げられないことに注意。一応、民主化やファシ化してもコミンテルンという名前の陣営自体は維持出来る。

 民主化、ファシ化したのにコミンテルンなんて名前の陣営盟主は嫌だ、でも盟主乗っ取りは使わず自陣営の盟主のままでいたい…そんな人はイベント「新指導部のもとで」が発生したら、そのイベント通知を切る前に、コミンテルンを解体し、占領地の管理から適当な地域を傀儡国として解放して、その国に対し外交画面から陣営立ち上げを要請しよう。イベント通知を切る前(なお時間経過でも自動で切れてしまうのでお早めに)なら国民精神「革命の生地」が残っており、この国民精神は陣営立ち上げを可能とするものなので、好きな名前の陣営を作成可能。CISでも独立国家共同体でもワルシャワ条約機構でも協商でも帝国協定でも…etc好きな名前を付け、生まれ変わったロシアで世界に覇を唱えるのも一興。
 注意点として、民主主義国家は国際緊張度が80%を超えないとNFやイベント以外の通常の外交手段では陣営の参加や立ち上げが出来ないことがあげられる。緊張度が閾値に達する前に民主主義国家で好きな陣営名にしたいのなら共産主義時代にモンゴル、タンヌを追放し、適当な地域を傀儡として開放し、任意の名前で陣営を立ち上げておくしかない。但し、宗主国が政体変更しても傀儡国の政体は変わらないので、宗主国は民主主義国家だが傀儡国は共産主義となる。気になるならディシジョンから傀儡国の民主主義支持率を上げ、政権交代を行うか、いっそ自治度を下げて再併合しよう。

ver.1.7.x現在、ソ連のNFに全く手が加えられていないことも有り、政体を変更しても、NFをそのまま進めることが出来る(但し、効果や名前は共産主義のままなので違和感は否めない)ため、前述のモンゴルとタンヌが陣営を離脱すること及び政体変更のための政治力消費以外に政体を変更するデメリットは特に無いと言っていい。むしろ粛清による優秀な人材の減少を防げる分、メリットの方が大きいかもしれない。

**政体変更に関して [#p4c5b809]
 民主化すると、国名・国旗は現在のものと同じ(ロシア連邦、上から白青赤のアレ)となり、指導者はケレンスキーになる。人気のある有名MOD、Kaiserreichのプレイヤーには お馴染みの指導者だ。民主化ルートの場合、実は共産主義の頃とやることは大きく変わらない。早い話、史実AIならドイツから戦争を仕掛けられることになる。
 この時に陣営を立ち上げていないなら連合に加入し、連合国の一員として戦える点が共産主義とは異なる。初期拡張している場合等は緊張度生成の関係で連合入りを渋られる可能性が有ることには要注意。連合国の一員となることで、日本VS連合に防衛側として参加することも出来る。これを狙いたいのなら、日本からの不可侵条約の提案は拒否しておくのも有り。まぁ日本に関してはNFを進めて普通に宣戦出来るので、侵略サイドを嫌うかどうか、この辺は好みの問題。また、連合に参加することで英仏の顔色を窺うことなく、NFで中東に進出することが可能。その後、陣営を抜け、NFを進めて民主国家で有りながら英国ひいては連合に喧嘩を売ることも可能。DLCのMtGを導入しているのなら盟主乗っ取りを画策してみるのも面白いかもしれない。なお連合に入らないプレイも出来るが、あくまで自陣営で戦いたい場合でもない限り、民主化ルートならそこまで旨味は無いか。

 ファシ化すると、国名はロシア帝国になり(戻り?)、国旗はロシアファシスト党党旗(上から白、黄、黒の三本線)となる、指導者は日本や満州とチョット関係が有るロジャエフスキーになる。別に彼自身は帝政ロシア時代のロマノフ朝の流れをくむとか、そういったことは一切ないので皇帝不在で帝国を名乗っているのか、はたまた彼自身が皇帝に即位したのか…と、ややツッコミどころのある状態になる。
 ファシ化ルートの場合、民主ルートと違い、史実共産ルートとの劇的な違いを生み出せる。すなわち、枢軸に加入することで、ドイツから戦争を吹っ掛けられる心配をせずに、逆にドイツと共闘し、連合と戦うことが出来る。この場合、英国の早期降伏を狙えれば、米国の連合入りを防ぎつつ終戦に持ち込めるチャンスがある。そのままドイツと米国まで行くのも良いし、先に日本を下し、極東方面の安全を確保しておくのも良いだろう。
 またファシ化の場合、枢軸入りしないプレーにも旨味が有る。枢軸と戦うリスクは避けられないが、枢軸さえ下してしまえば、軍事通行権の悪用で連合戦をサクッと終わらせられる可能性が有る。ドイツとの戦いが始まったら連合の強国に軍事通行権を要求しておき、頑張って枢軸を下す。後は軍事通行権をくれた国に軍隊を敷き詰めたら、連合加入の弱小国に正当化→宣戦で連合戦も大体終わる。この時、未だ日本が連合と交戦中なら日本からも軍事通行権をもらっておくと、日本がシャム等を大東亜共栄圏に引き込んでいる場合、日本本土に軍隊を敷き詰めたのち、シャムに宣戦することで日本戦も終わらせられる。日本の軍事通行権に関しては、時期的に間に合うのなら日中戦争時に中国を敵にする時にもらっておくのも手。

 通常の自国プレイではお目にかかれない中道主義の場合も一応記載する。中道国家の傀儡になるか、内戦が起きた場合に出てくる。国名はロシア、国旗はロシア海軍の軍艦旗(白地に青のバッテン)にロシアの国章(黒い首が二つの鷲)で、元首はMOBである。ただしトロツキールートで反乱してくるスターリン派の時のみ元首はコーネフとなる。(ロシアの国章と軍艦旗を掲げるスターリン派はシュールなものである)

*その他のルートについて [#e7e95249]
**初手ベルギー→イギリス→フランス(ver 1.6.2準拠) [#ie648c50]
&color(red){ゲームバランスを著しく破壊するので自己責任でお楽しみください。アップデートで使用不可能になる可能性が高いのでVerをよく確認してください};

***概要 [#f9b4e6a4]
実はベルギーへの初期速攻上陸が可能なソ連、そしてベルギーを橋頭堡に欧州制覇を狙うルートです。

***(1) ベルギー戦の準備 [#bf3b496d]
内政に関してはとにかく造船所と輸送船が足りないことを頭に入れながらお願いします。
ユーラシア大陸に散らばる赤軍をレーニングラードに集結させます。
山岳師団をベルギーの海岸線3つ同時に上陸させるように作戦計画を立てます。
北極艦隊を戦艦×1&軽巡洋艦×1、バルト艦隊を戦艦×1として再編成します。
政治力が溜まったらベルギーへ正当化を行います。

***(2) ベルギー戦 [#s1580678]
正当化完了直前にバルト艦隊をデンマーク海峡までの上陸支援に、北極艦隊をレーニングラードに向けて出港させデンマーク海峡を超える直前にデンマーク海峡以降の上陸支援任務に割り当てます。
こうすることで無理やりベルギーまでの制海権を確保することができます。
宣戦後マラヤに正当化します。
上陸部隊が出発後しばらくしてから機甲師団をレーニングラードからウラジオストクに回航させます。(大量の師団を送ろうとすると輸送船が足りません)
空港を確保と同時に、航空隊を派遣し制空権を奪取します。
港を確保したと同時にウラジオストクに回航中の機甲師団がベルギー近海にいるので、移動先をウラジオストクからベルギーへ変更して即座に部隊を送ります。
港を拡張工事しつつ物量作戦で制圧します。
講和会議ではアフリカにある不毛の地は「解放」して緊張度を下げておきます。

***(3) 連合戦 [#q7f92524]
全師団、全艦艇をベルギーへ待機させておきます。
また山岳師団をベルギーからドーバーに向けて強襲上陸を立案します。
正当化完了後マラヤに宣戦するとフランスの介入を防ぎつつ、本土防衛が疎かになるようです。
宣戦後フランス広州湾に正当化を行います。
そのためソ連でも一瞬だけ制海権が確保できます。
そのままドーバーに上陸してイギリスを制圧します。
講和会議では同じくアフリカや諸島など不毛の地は「解放」して緊張度を下げておきます。(エジプトにはスエズ運河があるのを忘れずに)

***(4) フランス戦 [#adba0082]
上陸用師団と後続をイギリスに待機させフランス西部に強襲上陸作戦を立案します。
それ以外の部隊は旧ベルギー-フランス国境に待機させます。(機甲師団はこちらのほうが良いと思います。)
そして今まで通り宣戦布告を行いましょう。
フランス北部の制空権を死守し、機甲師団には強襲命令を連発して構いません。
おそらく大粛清中or直後だと思いますがフランスは数で押せば必ず倒れます。
共産主義であることと今まで「解放」を繰り返したため緊張度が50%になっているため連合残党の介入はありません。
講和会議でまたまた同じくアフリカや諸島など不毛の地は「解放」して緊張度を下げておいても良いでしょう。

***(5) 以降の戦略 [#d619505b]
連合残党が残っていますが、蘭印に正当化すれば介入させずオランダ戦を行うことができます。
カナダは併合できていないのでアメリカに直接乗り込むことはできませんが、旧イギリス中南米植民地からの強襲上陸などは行うこともできます。
後はミュンヘン会談介入でドイツ戦を行ったり、アルバニアに正当化してイタリア戦を行ったりと自由な戦略をどうぞ

**初手フランスorイギリス(ver 1.6.2準拠) [#u0db7b8f]

***概要 [#y808d2e4]
かなりの運要素が絡むが初手フランスが実行可能なソ連、運要素を減らしたいならイギリスに。
基本的には上記の初手ベルギーと同じ流れだが、正当化先をフランスにする、そして義勇軍など国際緊張度を上げる行為をしない(どうも航空隊だけならセーフ)。
通常航続距離が足りないが、スペイン内戦発生時に共和派が北部の港を確保するため軍事通行権を貰えばフランスに上陸可能。
ただし国際緊張度の関係で陸軍を義勇軍として派遣できないため、なんの支援もない共和派は早期に北部を支配されるためフランス宣戦布告の少し前に内戦が発生することを祈ろう。
(イギリスが運要素を絡まない理由としては、フランスはイギリスに独立保障をしないためスペイン内戦に問題なく義勇軍を送れるので)
宣戦布告後は即座に上陸作戦を発動、後続部隊もスペインに向けて移動する、その際に大量に部隊を送ると輸送船が足りない上に補給がパンクするので少数に抑えたいところ。
10箇所同時上陸すれば何処かの港は無血で確保できるので、スペインに向かっている後続部隊を確保した港に送る。
機甲師団でパリを確保しつつ、自動車師団で各地を走り回れば降伏する。

以降の戦略は以降は[[日本のいわゆる初手フランス(3) 連合戦の準備>各国戦略/日本#o6e17d55]]と同じ流れになります。
ただし独立保障周りは日本が例外なので注意。
フランス宣戦後はユーゴスラビアあたりに正当化するのがオススメ。
連合戦時にユーゴスラビアとチェコスロバキアが付いてるくので爆撃して一緒に併合してしまおう。
共産主義であるため主要国戦闘正当化ボーナスが無いので注意。

* コメント [#comment]
#pcomment(,reply)

IP:202.126.28.191 TIME:"2020-04-09 (木) 21:00:44" REFERER:"http://hoi4data.paradwiki.org/?cmd=edit&page=%B3%C6%B9%F1%C0%EF%CE%AC/%A5%BD%A5%D3%A5%A8%A5%C8%CF%A2%CB%AE" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/81.0.4044.92 Safari/537.36 Kinza/6.2.0"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS