小ネタ集

このページではゲームの攻略に直接関係はしていないが、ゲームで触れられている要素についての解説をしています。

▼もくじ
(クリックして展開)

人物あれこれ

ランキング

ゲーム開始(1936年1月1日)時点から見て若い人物。中にはご存命の方や生まれてすらいない方も…。

若い人物ランキング(1921年1月以降生まれ)
順位名前生年月日大まかな立ち位置1936年1月1日時点の年齢史実死亡年
1エル・ワリ・ムスタファ・ザイード1948年サハラ・アラブ指導者-12歳1976年6月9日
2シメオン2世1937年6月16日ブルガリア国王及び首相-1歳ご存命
3ロッド・ハル1935年8月13日コメディアン(中道オーストラリア指導者*1)0歳1999年3月17日
4ファイサル2世1935年5月2日イラク国王0歳1958年7月14日
5ジグミ・ドルジ・ワンチュク1929年5月2日第3代ブータン国王
ゲーム内では「師団防衛+10%」の長官
6歳1972年7月21日
6マリー・フランソワーズ1928年8月10日カルリスタ王位請求者Javierの娘
(ゲーム内だとペータル2世の結婚相手の候補(非史実))
7歳ご存命
7ポル・ポト1928年5月19日*2民主カンプチア書記長7歳1998年4月15日
8エリザベス2世1926年4月21日イギリス女王9歳ご存命
9ペータル2世1923年9月6日ユーゴスラビア国王12歳1970年11月3日
10ミハイ1世1921年10月25日ルーマニア国王14歳2017年12月5日
番外1明仁(上皇陛下)1933年12月23日元号:平成の天皇→上皇
ゲーム内のイベント写真にいる
2歳ご存命
番外2ダライ・ラマ14世1935年7月6日チベット仏教ゲルク派法王(亡命中)0歳ご存命


開始してから1年以内に亡くなってしまう人物。

早逝ランキング(1936年12月まで)
順位名前史実死亡年大まかな立ち位置備考
1George V1936年1月20日イギリス国王国民精神扱い
死去イベントあり
2Eleftherion Venizelos1936年3月18日ギリシャ指導者死去イベントあり
3Konstantinos Demertzis1936年4月13日ギリシャ指導者死去イベントなし
4José Sanjurjo1936年7月20日国粋スペイン指導者死去イベントあり
5Lina Ódena1936年9月14日無政府主義スペイン将軍死去イベントなし
女性
史実では一介の民兵
そもそも無政府主義者ではなく共産主義者
6Joseph Jacquemotte1936年10月11日共産ベルギー指導者死去イベントなし
7José Antonio Primo de Rivera1936年11月20日国粋スペイン指導者死去イベントなし
番外1Alfonso Carlos de Borbón1936年9月29日カルリスタ・スペイン王位請求者データ上のみ
ゲーム内未使用

女性元首一覧

史実のこの時代にはまず見ない女性元首が本作ではいくつか確認できます。今のところ女王(カリフ(スルタン))と共産系のみとなっています。

女性元首一覧
名前出現条件
Elsie Farrellyニュージーランド共産化
Fanny Edelmanアルゼンチン共産化
Elizabeth IIイギリス王党派(中道)で貴賎結婚をした後、Edward VIIIの爆撃死亡イベントとGeorge VIの病死イベントを発生させる
Wilhelminaオランダ王党派(中道)
Victoriaドイツ神聖ローマ帝国ルート(中道)
Wallis Iアメリカ(原因はイギリス)Wallisと王室結婚した後にアメリカを併合、後にディシジョンで開放
Trei'i-nui-o Tahiti a Pomareタヒチデフォ(強いて言えばフランスで植民地解放)
Hatice Hayriye Ayşe Dürrüşehvar Sultanトルコオスマン帝国ルート(中道)
ディシジョンで継承法を変更する
ネタバレに付き言及を避ける
隠しポーランド女王
ポーランド国王を選ぶ場面で断り続けてイベントを2周する


隠し人物

※ネタバレ注意
登場に特殊な条件を必要とする人物。

隠し人物一覧
名前出現条件備考
Elizabeth IIイギリス上記参照
Victoriaドイツ上記参照
WojtekポーランドNF「砲兵の近代化(Artillery Modernization)」達成
政体は中道/非同盟
イタリアと戦争中
ポーランドかポーランドの同盟国がイランのハマダーンを保有している
イタリアのトスカーナ、アブルッツォ、ラティウムのどれかにポーランド軍がいる
熊将軍
Wojtekを手に入れ上記のポーランド女王を迎えた状態でモスクワを占領すると…?
Halife Abdülmecid EfendiトルコNF「「6本の矢」の批准」を達成せずにケマルを引退させる元カリフ
娘(上記参照)もいるが割愛
Lord Edward Halifaxイギリス1940年11月9日までChamberlain辞任イベントが発生させない
1940年11月9日以降に起きるChamberlain死去イベントで後継者にLord Edward Halifaxを選ぶ
彼かChurchillかの二択
Bela Kunハンガリーソ連がNF「大粛清」を達成する前に、ハンガリーがNF「コミンテルン加盟」を達成する
▼やあ、君ちょっと
(クリックして展開)

死去・死亡イベントのある人物一覧

※ネタバレ注意

史実系

NF、ディシジョン以外の年月経過による死去・死亡・暗殺等のイベントがある人物。
概ね史実死去年を過ぎるとイベントが起きる。

名前史実死亡年大まかな立ち位置備考
ジョージ5世1936年1月20日イギリス国王国民精神扱い
エレフテリオス・ヴェニゼロス1936年3月18日ギリシャ指導者非史実ルートNFから指導者に就任すると、史実より長生きする。
José Sanjurjo1936年7月20国粋スペイン指導者史実では1936年7月20日に航空機事故で亡くなっている。指導者特性「リーフの獅子」を持っているが活かされることはほぼ無い。
アメリア・イアハート1937年7月2日アメリカ航空機パイロット死亡ではなく失踪
生存する場合もあり、その場合は空軍エースとして採用可能
ムスタファ・ケマル・アタテュルク1938年11月10日トルコ指導者ディシジョンで延命可能
コルネリウ・コドレアヌ1938年11月30日鉄衛団の指導者後継のOctavian Gogaは同年5月7日に亡くなっている
そちらには死去イベントは無い
マイケル・ジョセフ・サヴィッジ1940年3月27日民主ニュージーランド指導者
レフ・トロツキー1940年8月21日ソビエト連邦政治家暗殺者を返り討ちにして生き延びる場合もある
Jean III1940年8月25日フランスオルレアン党指導者イベント自体は無く、NFの効果がしれっと息子に切り替わるのみ
ネヴィル・チェンバレン1940年11月9日民主イギリス指導者チェンバレン辞任イベントが起きた場合は発生しない
アルフォンソ13世(スペイン王版)
アルフォンス1世(フランス王版)
1941年2月28日国粋派スペイン又はスペイン王国、フランス王国指導者
ヴィルヘルム2世1941年6月4日ドイツ皇帝(中道)
フリスト・ルコフ1942年2月13日ファシストブルガリア指導者安定度等によっては暗殺されず、死亡イベントが起きない
ボリス3世1943年8月28日中道ブルガリア指導者史実死去イベントとは別にディシジョンで暗殺可能
フランクリン・ルーズベルト1945年4月12日アメリカ民主党指導者
アウグスト・フォン・マッケンゼン1945年11月8日中道ドイツ指導者死亡後はヴィルヘルム3世が即位する
たとえ神聖ローマルートで爆死していても…
ジョージ6世1952年2月6日イギリス国王中道ルートでエドワード8世が貴賎結婚をしている
すると1941年1月1日以降に病死イベントが起きる
死因は合っているが発生年が史実死去年より明らかに早い

IF系、NF・ディシジョン系

名前史実死亡年大まかな立ち位置備考
アブデュルメジト2世1944年8月23日カリフ、オスマンのスルタンオスマン帝国ルートディシジョン「王位継承法の改革」を選択後1942年12月20日後に災害で崩御する。なお、ディシジョンを実施しなければ崩御しない。本当に災害のせいなのだろうか…?
ベニート・ムッソリーニ1945年4月28日イタリア指導者ドイツ帝国NFで暗殺される。なお「アウグスト・ムッソリーニ」とは別人扱いであり、もしイタリアがローマ帝国を達成していればドイツのNFで暗殺できなくなる。
アドルフ・ヒトラー1945年4月30日ドイツ指導者・ドイツ内戦敗北時
・オスカーの陰謀イベントでの暗殺
・国防軍クーデターでの暗殺
の3パターンがある。1つ目は生存している場合がある
ヴィルヘルム3世(+ドイツ皇族)1951年7月20日中道ドイツ指導者中道ドイツルートディシジョン「英国の称号の回復を要求」実行後、ヒンデンブルク号事故イベントにより皇族全員死亡
事前のイベント選択肢次第ではヴィクトリアのみ生存するパターンもある
ジョージ6世(+イギリス王室)1952年2月6日イギリス国王イギリス共産ルート「王室の運命」イベントにおいて選択肢次第で処刑される
ヨシフ・スターリン1953年3月5日ソビエト連邦指導者トロツキールートに進む
エドワード8世1972年5月28日イギリス国王中道ルートで貴賎結婚をして国王となった場合のみ
イギリス本土が戦略爆撃を受けると爆撃死亡イベントが発生する
ヨシップ・ブロズ・チトー1980年5月4日共産系パルチザン
ユーゴスラビア指導者
ドイツの諜報作戦に彼の暗殺が存在する
ルドルフ・ヘス1987年8月17日ドイツ政治家ヘスのフライトイベントで死亡するパターンがある(史実では生存)
裕仁(+日本皇族)1989年1月7日大日本帝国指導者日本共産ルート「皇室の運命」イベントにおいて選択肢次第で処刑される

個人でない元首一覧

国家元首が特定の個人ではなく、議会やコミュニティーを表している物です。

名前意味出現条件備考
Federal Council連邦参事会スイスで民主主義になるゲーム開始時で唯一の個人でない元首
Fallen Government崩壊した政府エドワード8世退位危機イベントで退位させない選択肢を選び続けるこれとスイスとポーランド王国のみ、ポートレート内に完全に人が居ない
Military Junt軍事評議会スペイン内戦国粋にて、内戦開始から数日すると元首がこちらに変更される
Anarchist Commune無政府主義共同体スペイン内戦無政府主義ルートNF「ポルトガルの無政府主義」を達成することで、ポルトガルに同様の元首の国家が生まれる
Sejmik Regency摂政セイミク(議会)ポーランドのNF「摂政評議会の招集」を達成するポートレート中央の王冠、宝珠、王笏は現存しており、ポーランドのヴァヴェル城に保管されている
Regency Council摂政評議会ブルガリアNF「摂政評議会の形成」を達成するポートレート中央の人物はシメオン2世
ポートレートは共通だが、達成前の元首により摂政(指導者特性)が変わる
The Provisional Government臨時政府第二次ロシア内戦の白軍側
The Supreme Soviet最高会議ソビエトNF「最高会議」を達成する

未使用人物

ポートレートは用意されたものの、ゲーム内で使用されることのなかった人物。
なおポルトガルのサラザールや中国共産党の毛沢東のようにポートレートの姿がゲーム内の時代に合っていなかったため、当時に近い姿に変更された例や、スペインのJulián GorkinやメキシコのLázaro Cárdenasのように書き直された例があり、これらの変更前画像もデータ上は残っているがここでは割愛させていただく。

名前大まかな立ち位置備考
コンスタンティン・フォン・ノイラートナチス・ドイツ外務大臣
ベーメン・メーレン保護領 初代総督
Alfonso Carlos de Borbónカルリスタ・スペイン王位請求者1936年9月29日に交通事故により死去
Viktor Baydalakov
Виктор Байдалаков
ロシア政治家(反共、極右、連帯主義)
Bernard Montmomeryイギリス陸軍元帥?イギリス元帥のBernard Montgomeryの誤字?
同じフォルダにあるMontgomeryの画像とファイル名以外ハッシュ値含め全く同じ
Vladimir Sidorinドン・コサック軍の司令官
Vasily Nikolaevich Ivanisクバーニ人民共和国の議長
軍人
Hans Frankポーランド総督府総督
弁護士
Tsar Joseph I*3皇帝兼書記長皇帝の服を着たスターリン
内部データに中道元首として存在はしているが動かない
Vsevolod Ivanovichロシア皇帝ニコライ1世の曾孫国家方針で彼がツァーリ・フセヴォロド1世として国家指導者になるルートが作られていた形跡が内部のファイルに残っている
コメントアウトされた国家方針のID等から推測すると、立憲君主としてゼムスキー・ソボルから選出される形だったと思われる*4
Victorio Codovillaアルゼンチン共産党員実はイタリア人
Fanny Schoonheytスペイン内戦で共和派に義勇軍として送られたオランダ人パラドがどうやら共産アルゼンチンの「Fanny Edelman」として勘違いして使っていた模様

師団に関しての史実豆知識

陸軍の編成単位

第二次世界大戦頃の陸軍の実戦部隊の組織は概ね、
分隊<小隊<中隊<大隊<連隊<(旅団)<師団<軍団<軍<軍集団
という形式の階層構造をとっていました。
欧州では、第一次世界大戦の半ば頃まで歩兵師団はそれぞれ2個の歩兵連隊から成る2個の歩兵旅団と、砲兵等の幾らかの直轄部隊を有し、2個の師団と騎兵、工兵、輜重、衛生などの直轄部隊から成る軍団が最小の戦略単位とされ、軍団は基本的に分割されず一括して運用されていました。注意すべきは、この時点では師団は完結した諸兵科連合となっておらず、軍団の支援が絶えず必要だったという点です。国によって差異がありますが、例えば騎兵や工兵を師団内に持たず、軍団騎兵や軍団工兵から配属を受ける必要があったりしました。大戦中頃からは歩兵師団は徐々に旅団結節を廃止して直属した3個の歩兵連隊で構成されるようになり、また軍団の直轄部隊が師団に常属するようになって師団の独立行動能力が向上し、また軍団内の師団数は一定とはならずに流動化するようになって、大戦後までにはそれが一般的な編制となりました。この基本構成は第二次世界大戦でもそう変わりありません。
日本陸軍では師団制の採用当初から最小の戦略単位が師団とされ、軍団を編成しなかったため、早くから師団で諸兵科連合が完結していました。そのため、軍が欧州の軍団と同程度の規模であることが多かったようです。また、軍団が無いために師団が軍団的な役割を担うことを求められることもあったため、師団内の旅団結節の廃止は太平洋戦争前後まで遅れました。
イギリス軍では伝統的に歩兵師団は複数個の歩兵大隊から成る3個の旅団で構成されていたため、旅団結節は廃止されず、現在まで残っています。

HoI4の陸軍ユニットは複数の旅団から構成される「師団」でHoi2より現実風になっています。
一部現実で師団ネームが名づけられています(SS-Verfügungstruppe等)。

大隊:Battalion /連隊:Regiment

大隊は中隊の上、連隊の下の部隊単位で、単純に言えば基本的に一つの兵科のみを集めて構成される部隊です。歩兵中隊だけで構成されるのが歩兵大隊、戦車中隊だけで構成されるのが戦車大隊、という感じです。伝統的には大隊は連隊を分割した単位という性格が強いのですが、偵察部隊のように師団内に1個大隊もあれば十分な部隊の場合は連隊にまとめず、大隊1個単独で連隊結節抜きで直接上級部隊に所属するか、そもそも連隊が大隊程度の規模でしかないこともありました。大隊長はほとんどの国で少佐か中佐が務めますが、佐官が足りなければ大尉が務めることも珍しくありません。
連隊は通常複数個の大隊ないし中隊で構成されます。連隊長はほとんどの国で大佐が勤めますが、大隊規模の連隊では少佐や中佐が務めることもあります。連隊も原則的に単一兵科で構成され、第二次世界大戦の時点では単兵科の最大単位が連隊であることが多かったようです。
それぞれの兵科は、通常は諸兵科連合の最小単位である師団に組み込まれて戦闘します。しかしながら、重戦車や、駆逐戦車、対空砲といった少数で貴重な部隊は全ての師団に組み込むわけにはいかないため、これらの部隊は師団に属さない独立大隊として編成されるケースがしばしば見うけられます。作戦の重点を担当する師団にこれら独立大隊を臨時に配属して、その師団の突破力なり、防御力なりを強化するわけです。例えばヨーロッパ戦線の米軍では戦闘正面にあたる歩兵師団には必ずといっていいほど独立戦車大隊、独立戦車駆逐大隊、独立高射砲大隊の3個大隊をセットで与えて戦闘力を強化しています。
また第二次世界大戦では連隊などの単兵科の部隊に他兵科の部隊を配属して諸兵科連合化することもあり、ドイツ軍のKampfgruppeや米軍のCombat Team(両方とも“戦闘団”と訳される)が有名です。

旅団:Brigade

第二次世界大戦までの旅団は大別すると師団内旅団と独立旅団に分けられます。前者は師団内で複数個の連隊を統轄する単兵科の最大単位であり、後者は単兵科あるいは諸兵科連合化されて軍団や軍などの上級部隊に直属します。師団内の中間結節である前者は一般に旅団司令部の陣容が貧弱で、参謀は付かず、副官と馬卒や従卒や伝令など十数人しか居ない場合もあります。また輜重などの支援部隊は付きません。一方で(諸兵科連合化されている場合)独立した作戦行動を求められる後者は参謀や幕僚が付されるなどして司令部機能が強化され、輜重などの支援部隊が付属します。
後者の場合は旅団単独で作戦単位として運用される場合もあるので、HOI4のゲーム内でも「ポモルスカ騎兵旅団Pomorska B.K.(ポーランド)」のようにユニットネームとして採用されています。

師団:Division

師団は複数の大隊/連隊、または旅団で構成され、師団司令部と固有の支援部隊を持つ基本的な作戦単位です。師団は、師団司令部の下に、歩兵・砲兵・騎兵・戦車・工兵などの兵種からなる連隊や大隊、中隊を持ちます。師団はこれらの兵科を組み合わせて編成されているので、師団独自で独立した戦闘行動が可能な諸兵科連合部隊となっています。独立した戦闘行動を実施するために、支援部隊(補給、通信、修理、医療等)も師団が固有に保有しています。HoI4の陸軍ユニットは通常は1ユニットが1師団を表現しています。師団長はほとんどの国で中将か少将が勤めますが、戦時には将官の不足から准将や大佐が勤めるケースもあります。
師団を構成する部隊数等は国により、また時期によっても大きく異なりますが、第二次世界大戦期の歩兵師団なら
・3個歩兵連隊(9個歩兵大隊)
・1個砲兵連隊(2〜3個直協大隊+1個全般支援大隊)
・偵察大隊(中隊)
・工兵大隊(中隊)
・補給/管理部隊(補給/輸送/糧食/整備など)
・医療部隊(担架/救急車/野戦病院など) etc.
という感じの編成がオーソドックスと言っていいでしょう。
Hoi4師団編制的に書くなら
・【歩兵*9/砲兵*2〜3】(支援砲兵/偵察/工兵/補給/野戦病院)
といった感じです。
師団の構成人数も国ごと、時期ごとに大きく異なりますが、概ね1万人〜2万人が目安です。ただし少ない人数でも十分な打撃力を有する戦車師団や二線級の治安師団では、定員が1万人を切っているケースもありますし、逆に3万人近い軍団規模の師団があったケースもあります。

軍団:Corps/軍:Army

一般には平時の編成としては最大の部隊単位は軍団までになります(軍団制を採らない国軍では師団が平時の最大単位となります)。これ以上の規模の部隊である軍や軍集団等は、戦時に作戦上の必要に応じて編成されますが、植民地警備用等に小規模な「軍」を編成するなどの例外も沢山あります。
Hoi4では軍団や軍といった単位は存在せず、Command Group(軍に相当)という単位で複数の師団を統轄し、複数のCommand Groupをtheaters(戦域)という単位で統轄します。

史実師団編制

英wiki:Historical divisionsより
他の史実編成も自由に追記してください。

ドイツ

  • German Infantry Division 1940
    【歩兵*11/砲兵*1/対戦車砲*2】(偵察/工兵/野戦病院/通信) 27幅
  • German Armor Division 1939
    【中戦車*1/軽戦車*3/自動車化歩兵*3/自動車化砲兵*1/自動車化対戦車砲*1/自動車化対空砲*1】(軽装甲偵察/工兵/野戦病院/通信) 19幅

ソ連

  • Soviet Rifle Division 1941
    【歩兵*9/砲兵*2/対戦車砲*1/対空砲*1】(偵察/工兵/野戦病院/通信/支援対戦車砲) 26幅

アメリカ

  • American Infantry Division 1943
    【歩兵*9/砲兵*1/対戦車砲*1】(偵察/工兵/支援対戦車砲/野戦病院) 22幅

イギリス

  • British Infantry Division 1939
    【歩兵*9/砲兵*1/対戦車砲*1】(偵察/工兵/補給/支援対戦車砲/野戦病院) 22幅

日本

  • Japanese Infantry Division 1940 Standard B
    【歩兵*15】(偵察/工兵/支援砲兵/野戦病院/補給) 30幅

イタリア

  • Italian Infantry Division 1940
    【歩兵*8】(工兵/支援砲兵/支援対戦車砲) 16幅

フランス

  • French Infantry Division 1940
    【歩兵*9/砲兵*1/対戦車砲*1】(偵察/工兵/支援対戦車砲) 22幅

ポーランド

  • Polish Infantry Division 1939
    【歩兵*11】(偵察/工兵/支援砲兵/野戦病院/支援対戦車砲) 22幅

ルーマニア

  • Romanian Infantry Division 1941
    【歩兵*12】(偵察/工兵/支援砲兵/支援対戦車砲) 24幅










潟若若菴遵
AD

*1 イースターエッグ
*2 文献によっては1925年5月19日説もあり
*3 人物IDはSOV_tsar_iosif_stalin
*4 NF「ゼムスキー・ソボルの再召集」に続いてSOV_constitutional_monarchy(立憲君主制)でファシズム支持率低下と民主主義支持率向上、さらに続くSOV_the_sobors_choice(ソボルの選択)で彼(人物IDはSOV_tsar_vsevolod_ivanovich)がツァーリ・フセヴォロド1世として国家指導者になり、政体が選挙ありの非同盟/中道主義に変更(かつ民主主義と非同盟/中道主義の支持率が向上)されるものだった

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-14 (金) 20:23:37 by (61.213.64.92)