データ集

海軍ドクトリンとは

海軍ドクトリンは海戦に関するドクトリンです。
史実のそれぞれの国の海戦に関する考えを反映し、三種類あります。
なお、艦船は「空母」、「主力艦」(戦艦・巡洋戦艦・重巡洋艦・超重戦艦)、「直衛艦」(軽巡洋艦・駆逐艦)、「潜水艦(潜水艦・巡洋潜水艦)」と分類することができます。

▼ドクトリンツリー全体図
(クリックして展開)
  • 艦隊保全主義
    対潜効率と直衛艦の護衛効率にボーナスがある防御的なドクトリンです。
    高い護衛効率により、敵の通商破壊に対し迅速に対応を行うことが出来ます。ただし対潜に関しては仕様の都合上、撃退しやすくなる程度にとどまります。
    護衛は優秀ですが艦そのものの戦闘力に対する補正は他ドクトリンに比べて弱いため、実は正面切っての艦隊決戦が苦手なドクトリンです。
    よって艦隊は積極的な戦闘は避けつつ、極めて好都合な状況であれば決戦を挑みます。
    また空母に対する強化は少ないので、出撃効率が強化されていない艦上機では十分な戦果が得られません。
    唯一機雷の敷設効率が上がるドクトリンです。
  • 貿易阻止
    船団襲撃に特化したドクトリンで、輸送艦への襲撃効率や水上艦の被発見度合いにボーナスがあります。
    いち早く敵船団を見つけてすかさず沈めます。輸送艦を叩いたら反撃を受ける前に離脱します。
    水上艦の被発見度合いを減じる補正(視認性低下)が優秀で、敵艦隊へ先手を打って出るには最適です。
    視認性低下はそのまま被弾率に直結するため、名前に反して水上艦同士の艦隊決戦では非常に有用なドクトリンです。
    しかし護衛効率は強化されておらず、護衛任務には向きません。
    潜水艦は大幅に強化されるものの、駆逐艦の探知や撃退を完全に回避できるほどではありません。
    ですがVer1.10.*現在潜水艦を駆逐艦で沈めきるのは困難であり、見つかったところで逃げ切るのが容易な為そこまで問題ではありません。
  • 基地攻撃
    機動部隊の編成に向いたドクトリンで、空母の運用に特化したボーナスを得ます。
    強化された空母と攻撃隊は絶大かつ一方的な攻撃力で遠距離から敵艦隊を叩きます。取り逃した敵は軍港ごとを襲撃して艦隊を立て直す合間を与えません。
    これにより、少数の海と圧倒的な数の空によって大洋を我が物に出来るでしょう。
    このドクトリンの主力艦は消耗品でしかありません。強化されないので戦力としては当てにならず、空母の盾として割り切るか、数で押しきりましょう。
    基地攻撃も強化されるため、ある種の空軍ドクトリンのように使えなくは無いかもしれません。
  • 1936年国別ドクトリン
    ドクトリン
    艦隊保全主義イギリスとイギリス連邦の国、フランス、中国、イタリア、ソビエト
    貿易阻止ドイツ
    基地攻撃日本、アメリカ

各ツリーの補正値合計

名称CV 空母BB 戦艦BC 巡洋戦艦CA 重巡洋艦CL 軽巡洋艦DD 駆逐艦SS 潜水艦全体
艦隊保全主義指揮統制率+30
潜水艦探知+50%
指揮統制率+60指揮統制率+40指揮統制率+40指揮統制率+10
海上探知+10%
潜水艦探知+15%
指揮統制率+50
海上探知+10%
潜水艦探知+40%
指揮統制率+60
海上探知+25%
潜水艦探知+10%
襲撃連携+20%
護衛効率+45%
艦載機出撃効率+30%
魚雷の発見確率-15%
主力艦攻撃+10%
主力艦装甲+10%
移動による指揮統制率の減少-20%
海軍の機雷敷設効率+20%
海軍対空攻撃+10%
貿易阻止指揮統制率+60指揮統制率+50
海上探知+25%
海上の視認性-25%
襲撃連携+50%
指揮統制率+40
海上探知+30%
海上の視認性-20%
襲撃連携+50%
指揮統制率+40
海上探知+30%
海上の視認性-10%
襲撃連携+50%
指揮統制率+30
海上探知+30%
海上の視認性-10%
襲撃連携+50%
指揮統制率+10
潜水艦探知+5%
指揮統制率+50
海上探知+50%
襲撃連携+50%
耐久+10%
護衛効率+5%
艦載機出撃効率+30%
魚雷の発見確率-20%
主力艦装甲+10%
移動による指揮統制率の減少-20%
対艦照準力+20%
敵艦隊サイズペナルティー+10%
潜水艦攻撃+10%
基地攻撃指揮統制率+120
潜水艦探知+25%
指揮統制率+20指揮統制率+60
潜水艦探知+25%
指揮統制率+50
潜水艦探知+25%
指揮統制率+40
海上探知+25%
襲撃連携+15%
護衛効率+30%
艦載機出撃効率+50%
魚雷の発見確率-15%
主力艦装甲+10%
対艦照準力+40%
港湾爆撃+50%
空母過積載-20%
艦載機による対艦攻撃機動性+10%

艦隊保全主義

▼← 開く
(クリックして展開)

貿易阻止

▼← 開く
(クリックして展開)

基地攻撃

▼← 開く
(クリックして展開)

各効果の詳細

閣僚等に存在する同名の効果とは合算される。

▼一覧
(クリックして展開)

艦種について

名称説明
直衛艦駆逐艦、軽巡洋艦の事を指す。
主な使い途は、主力艦隊護衛・防空用の軽巡洋艦と、輸送船護衛・対潜哨戒用の駆逐艦に分けられる。
主力艦戦艦、巡洋戦艦、超重戦艦、重巡洋艦、空母の事を指す。
ただし実際の修正値などを適用する際は、空母とそれ以外の主力艦とで区別されている。
潜水艦潜水艦、巡洋潜水艦の事を指す。
他とは異なり、砲を持たず魚雷のみを持つ、戦闘でも発見されない限り攻撃されない、などといったという特徴を持つ。

※沿岸防衛船は大型砲を装備すると重巡、そうでないなら軽巡扱い

ゲーム中の艦船用語

  • 沿岸砲撃
    任務中、海洋プロヴィンスに隣接する地域で行われる陸戦を支援する沿岸砲撃の能力を示します。
  • 敵発見の効率性
    艦船の索敵性について、各艦の敵発見の効率性を向上させます
  • 回避力
    巧みな操縦による艦艇の敵の砲撃回避能力。攻撃回避確率を計算する際は、攻撃側と被攻撃側の回避力を比較します。そのため、高い回避力があれば、回避的な目標に攻撃を良く命中させることも可能です。
  • 雷撃
    艦の魚雷による攻撃ダメージ量
  • 爆雷
    艦の爆雷による攻撃ダメージ量
  • 大口径・小口径火力
    艦砲の口径による敵艦への打撃力
  • 大口径・小口径貫徹力
    艦砲の貫通力
  • 対空
    艦の対空火器による攻撃ダメージ量
  • 対空照準
    艦の対空火器が持つ敵機照準能力
  • 港の占有量
    艦の入港時に必要な港の容量
  • 最高速度
    高速な艦艇ほど追跡から逃げ切るのが容易です。哨戒部隊が発見した敵へと高速で接近できます。
  • 行動範囲
    艦艇の作戦行動半径は、艦内の燃料や食糧の貯蔵容量による、最も近い友好的な海軍基地から行動可能な最大距離を意味します。
  • 装甲
    敵戦力の貫徹能力より高い装甲を持つ場合、ダメージを軽減し、戦闘でより自由に行動することが可能です。

コメント

データ集/海軍ドクトリン/コメントログ

discordはこちら
https://discord.gg/f5DBUk7
コメントは順次こちらへ移行しています










AD

添付ファイル: file海軍ドクトリン.png 35件 [詳細] file海ドク全体図.png 529件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-11 (水) 16:39:37 by (106.186.208.239)