メキシコ

16.4Mとそこそこ人的資源があり、石油も46産出する*1。初期の工業力は13と領土の割にはイマイチだが、
すぐ南の弱小国家群を併合していけば相応に工業力も強化されていく。

DLCのMtGにより、独自NFが追加された。
当時のメキシコの混乱ぶりが反映されており、固有のディシジョンNFで陸軍の問題と教会の権威を表現している。
これらにより、ゲーム開始からしばらくの間は内戦勃発ディシジョンに注意しつつ、国内の安定化を試みる必要がある。
メキシコ国内の安定化に成功したら、続けてイデオロギーと友好国を選択し、国外に活動先を広げることとなる。
民主主義の場合は米英と共に戦うことになるが、それ以外の場合はラテンアメリカ諸国への侵攻後、アメリカと決戦できる。
また、トロッキーを指導者に据えて世界に革命を広げてみるのも面白い。彼のためなのか、共産化は優遇されている。

▼もくじ
(クリックして展開)

歴史の概要

  • 1936年
    暴君ポルフィリオ・ディアスの失脚後、 メキシコは20年の内戦に直面した。 中央集権主義者は地方主義者、 農民、 社会主義者、 大牧場主と闘い、 そして国家対宗教の役割を巡る闘争はメキシコを恐怖に陥れる啓蒙記念日から生まれた。 世俗主義者の政府はこれらの闘争に勝利したと主張するが、 その政府は残骸の玉座に鎮座しているのみだ。 メキシコが再建された後、 新たな勝利者が現れるだろう。
  • 1939年
    ラサロ・カルデナスの政府は数々の政治改革を進め、今アメリカに亡命しているブルタルコ・カリェス前大統領よりも民衆に受け入れられた。経済情勢が安定し、外国の石油会社が国家の管理下に置かれると、メキシコ政府は国外に目を向け始める。アメリカは多くの戦線で敵に直面しているため、おそらくスタンダード・オイルの国有化を容認するだろう。それよりも、それらの敵と手を組むほうが有利なのかもしれない……

DLCあり(MtG Ver1.11対応)

国力

工場

民需軍需造船所
832

土地の広さと人的資源に比べれば、だいぶ貧弱である。
とはいえ、工業力を強化する国民精神や工場を追加するNFも多い。

資源

石油アルミニウムゴムタングステン鋼鉄クロム
460010140

タングステンと鋼鉄は序盤のみ自給できるが、その他の資源は輸入が必要になる。
なお石油は英米に握られているため実質0である。NFで取り戻すしか方法はない。

石油は46産出するが、初期は米英に搾取されており、全く使えない。石油を取り戻すには最低7つのNF取得が必要だ。
35日のNFも多いので、最速で狙えば36年中の石油奪還も可能だが、その場合は弊害も多いだろう。
石油奪還時には全てを取り戻すか、コアウリアの油田だけで妥協するかを選ぶことになる。
また、その時期には鋼鉄を8追加するNFも選択できる。

人的資源

総人口徴兵法など動員可能人数陸軍海軍空軍予備役
16.42M志願兵のみ(1.5%)246.59k94.80k3.05k600151.19k

人的資源は16.42Mと小国としては多い。限定的徴兵への変更は早期から可能だが
それ以上の徴兵法採用には戦争協力度の確保が必要になってくる。
NFを進めれば徴兵可能人口を増やす国民精神の取得や、他国領土の中核州化ができるようになる。
最終的には40M以上の中核州人口を得られるので、世界征服もそこそこ現実的だ。

国民精神

  • 初期の国民精神
    初期はマイナスの国民精神を多く持つ。これらはNFやディシジョンによって名称、効果が変更されていく。
    国民精神効果取得NF補足
    カリスタ政治力:-20%
    建造速度:-10%
    初期保有NF「カリェスを追放」で除去
    「ヘフェ・マキシモ」で効果変更
    弱い教会工場生産量:+10%初期保有教会の権威を表す
    石油利権初期保有ちなみに石油が取られている州に合成精製所を建設するとなぜがゴムまで持っていかれてしまう
    政治的軍部軍事指導者のコスト:+100%
    計画立案速度:-20%
    初期保有
    中程度の独裁権安定度:-5%初期保有弱い⇔中程度の⇔強い⇔極めて強いと安定度共々変化
    NF「セディージョ将軍を支援」か「セディージョ将軍を逮捕」で削除
  • 教会の権威
    教会の権威を表す国民精神を持つ。教会の権威はディシジョンやNF、教会関係のランダムイベントによって変化していく。
    特定のNFを取得すると、教会の権威が内戦勃発に影響してくる。
    政権与党と国民精神に軋轢*2・安定度60%未満・教会の権威が無神論国家かカトリック国家になると、変更された瞬間からディシジョン画面内で内戦勃発150日のカウントダウンが開始する。
    国民精神効果取得方法補足
    無神論国家工場生産量:+20% 安定度:-5%変更後150日の内戦カウントダウン開始
    弱い教会工場生産量:+10%初期保有
    積極的な教会安定度:+5%
    強力な教会消費財工場:-2%
    カトリック国家消費財工場:-5% 安定度:-5%変更後150日の内戦カウントダウン開始

政治

政治体制と安定度・戦争協力度

民主主義共産主義ファシスト中道主義安定度戦争協力度
18%9%20%53%22%10%

初期は中道主義が過半数を取ってはいるが、NFでイデオロギーを傾けることは容易だ。特に赤化はしやすい。
与党を変更するNFがツリーにちりばめられており、これらは40%以上のイデオロギー傾倒で選択できる。
また、初期の安定度と戦争協力度はかなり低い。これはNFを進めていけばある程度改善されていく。

政治指導者

情報提供求む!

政党名主義指導者名能力出現条件
制度的革命党民主主義Lázaro Cárdenasメキシコの復興者
安定度:+5%
貿易取引による評価補正:+20%
NF「制度的革命」
PLCAdolfo de la Huertaデフォ
国民行動党Luis María Martínezメキシコ首座大司教
安定度:+5%
NF「カトリック政治家」
制度的革命党Francisco Múgica革命将軍
敵占領下の州のレジスタンス拡大速度:+25%
理論家・経済法・徴兵法コスト:-25%
40年選挙イベントの上
制度的革命党Manuel Ávila Camacho紳士的な大統領
安定度:+5%
関係改善の維持コスト:-50%
40年選挙イベントの下
メキシコ革命党共産主義Lázaro Cárdenas農民の保護者
インフラ・民需工場建設速度:+10%
NF「革命党」
PCMVicente Lombardoメキシコ・マルクス主義者の学部長
安定度:+5%
工場出力:+10%
NF「革命党」取得後の選挙
POCMLeon Trotsky亡命活動家
破壊活動費:-50%
イデオロギー動揺対処力:+30%
亡命トロツキーを受け入れる
PCMHernan Laborde献身的なトロツキー主義者
破壊活動費:-50%
戦争協力度:+5%
デフォ
PCMFrancisco Múgica革命将軍
敵占領下の州のレジスタンス拡大速度:+25%
理論家・経済法・徴兵法コスト:-25%
PNRの後継者イベント上
PCMDionisio Encina信頼できるスターリン主義者
工場出力:+10%
イデオロギー動揺対処力:+15%
PNRの後継者イベント中
PCMValentín Campa鉄道愛好家
インフラ建設速度:+25%
PNRの後継者イベント下
UNSファシストSalvador Abascalファシストの民兵指導者
戦争協力度:+5%
デフォ
USNPlutarco E. Calles政治力:+10%
政治顧問コスト:-25%
NF「ヘフェ・マキシモ」を取得後にNF「報復主義革命」
USNSaturnino Cedilloサン・ルイス・ポトシの力持ち
政治力獲得:+10%
師団回復率:+5%
反乱側の敵
USNJesús Degollado Guízar1940年選挙
PNR中道主義Lázaro Cárdenas-デフォ
PNRPlutarco E. Calles最高指導者
政治力:+10%
政治顧問コスト:-25%
Cárdenasが他主義に傾倒した時の後任
PNRFrancisco Múgica革命将軍
敵占領下の州のレジスタンス拡大速度:+25%
理論家・経済法・徴兵法コスト:-25%
PNRの後継者イベント上
PNRManuel Ávila Camacho紳士的な大統領
安定度:+5%
関係改善の維持コスト:-50%
PNRの後継者イベント下

初期の指導者は中道主義のLázaro Cárdenasだが、NFによっては他政党でも、能力に目覚めたうえで指揮を執る。
また、亡命してきたトロツキーを登用する選択後、NF「共産主義革命」を取得すれば彼を指導者にできる。
なお、NF「無神論対抗十字軍」以外を取得していれば、40年6月の選挙で指導者をさらに変更できるようだ。

▼雑な紹介
(クリックして展開)

徴兵法貿易法経済法
志願兵のみ輸出重視民間経済

初期はごく普通の構成である。
メキシコでは法の変更コストを25%低減できる閣僚と企業が用意されており、
戦争産業家で徴兵法、ロイヤル・ダッチ・シェルで貿易法、国営銀行で経済法の変更コストを低減できる。

政治顧問

政体変更の閣僚はいずれも前提NFの完了が必要になる。民主主義と非同盟の2人は排他になっている。
政体変更の閣僚と戦争産業家は他国より強化されており、追加能力を持つ。

名前分野効果費用雇用条件
ビセンテ・ロンバルド野心的な組合長消費財工場:-5%
日毎の共産主義への支援+0.10
150メキシコ労働者総連合を取得
ホセ・バスコンセロス融合した反逆者戦争目標作成の国際緊張による制限-50%
戦争目標正当化時間-25%
日毎のファシズムへの支援+0.10
150金シャツ隊を取得
バルトロメ・ガルシア・コレア社会改革者安定度+15%
日毎の民主主義への支援+0.10
150カリェスを追放を取得
アーロン・サエンス・ガルサカリェスの影政治力+15%
日毎の非同盟/中道主義への支援+0.10
150ヘフェ・マキシモを取得
エドゥアルド・ハイ口達者関係改善の維持コスト:-50%
貿易取引による評価+10%
150
ルイス・モンテス・デ・オカ経済人消費財工場:-5%75銀行部門の解放を取得
マヌエル・アビラ・カマチョ戦争産業家軍需工場・造船所・燃料貯蔵庫建設速度・:+10%75軍事予算の再調査を取得
アルベルト・J・パニ産業指導者民需工場・インフラ・精製所:建設速度+10%
動員法コスト・:-25%
75農業信用金庫を取得
パブロ・ゴンサレス・ガルサ恐怖公非中核州の人的資源+2%
国外破壊活動効率-30%
駐屯部隊の損害-25%
50クリステロへの勝利

研究企業

軍需品設計社の3社を除く全ての企業が固有企業だ。採用には何らかの前提条件を満たす必要がある。
戦車・艦船・航空機の性能はたいした特色がないが、工業の4社は採用コストと性能が大きく変わっている。
特に電機産業のEscuela de ingeneriaは兵器生産メーカーの採用コストを低減する。

名前分野効果費用雇用条件
ダジェレス・ヘネラレス戦車設計社装甲車研究時間+10%
機甲部隊:信頼性:+5%
150戦車製作所を取得
メキシコ・ドイツ戦車重戦車の設計社装甲車研究時間+10%
機甲部隊:装甲・対戦車攻撃力:+5%
150枢軸加盟
メキシコ・ロシア戦車機動戦車の設計社装甲車研究時間+10%
機甲部隊:最高速度:+5%
信頼性:+10%
150コミンテルン加盟
メキシコ・クライスラー中戦車の設計社装甲車研究時間+10%
機甲部隊:信頼性・対人攻撃力:+5%
150アメリカと同陣営
ASTIMAR・ゴルフォ大西洋艦隊の設計社海軍研究時間+10%
空母:装甲+50%
主力艦:装甲・艦砲火力+10%
150湾岸造船所を取得
ASTIMAR・パシフィコ太平洋艦隊の設計社海軍研究時間+10%
空母:飛行甲板サイズ・行動範囲+25% 装甲-15%
主力艦・直衛艦・潜水艦:行動範囲+25%
150太平洋沿岸造船所を取得
TGA社小型航空機の設計社航空技術研究時間−10%
戦闘機・艦上戦闘機:機動性・最高速度+10%
150航空機製作所を取得
メキシコ・フォード自動車化装備設計社車両研究時間+10%150-
東南部アフリカ市場共同体野砲設計社火砲研究時間+10%150-
FNA工場歩兵装備設計社兵器および装備研究時間+10%150-
ロイヤル・ダッチ・シェル精製企業産業研究時間+5%
合成燃料研究時間+10%
貿易法コスト:-25%
25ロイヤル・ダッチ・シェルを取得
ペメックス精製企業産業研究時間+5%
合成燃料研究時間+10%
インフラ建設速度:+10%
25油田の国有化を取得
国営銀行工業産業研究時間+15%75国営銀行を取得
電子機械工学部電機産業電子工学研究時間+10%
経済コスト:-25%
航空機・戦車・艦船・物資製造メーカーコスト:-25%
25技術者学校

理論家

海軍理論家がいない。
優勢火力ドクトリンの加速も選択できる。初期からある支援中隊砲兵入りのテンプレートを活用し統合支援ルートで支援中隊を活かすなら一考。野戦砲を増産するため初期の軍需工場3からどれだけ工場を増やせるのかが問題だ。

名前分野効果政治力雇用条件
マヌエル・ペレス火力優勢の達人優勢火力ドクトリンコスト+15%150英雄軍事大学を取得
エンリケ・エストラダ軍事理論家陸軍ドクトリンコスト+10%100-
アグスティン・オラチェア航空戦理論家空軍ドクトリンコスト+10%100-

イベントで亡命してくるトロツキーを迎えいれると、陸軍長官として雇用できる。
指揮統率+12%と天才的な手腕を見せるが、共産主義の支持率が上昇してしまう。共産化予定なら雇用しよう。
他の陸軍長官は凡庸だ。他に海軍空軍に天才がいる。また、排他NF取得が条件だが、最高司令部にも騎兵部隊の天才がいる。

  • 陸軍長官
    名前分野効果政治力指揮力雇用条件
    サントゥルニーノ・セディージョ・マルティネス陸軍攻撃(達人)陸軍経験値獲得0.09日毎
    師団攻撃+10%
    7520NFセディージョ将軍を支援を取得
    与党が共産主義ではない
    マティアス・サントス・ラモス陸軍防御(達人)陸軍経験値獲得0.09日毎
    師団防御+10%
    10020-
    ヒルベルト・R・レモン陸軍訓練(達人)陸軍経験値獲得0.09日毎
    師団訓練時間-10%
    10020-
    レフ・トロツキー赤軍創立者陸軍経験値獲得0.12日毎
    師団指揮統率+12%
    日毎の共産主義への支援+0.10
    7510到着イベントで雇用を選択
  • 海軍長官
    名前分野効果政治力指揮力雇用条件
    オソン・P・ブランコ艦隊兵站(天才)海軍経験値獲得0.12日毎 海軍航続距離補正+15%20010-
    エリベルト・ハラ・コロナ艦隊決戦(専門家)海軍経験値獲得0.06日毎
    主力艦攻撃・装甲+5% 直衛艦攻撃・防御+5%
    5030-
  • 空軍長官
    名前分野効果政治力指揮力雇用条件
    アントニオ・カルデナ空戦訓練(天才)空軍経験値獲得0.12日毎
    エース発生確率+15%
    20010-
    ルイス・ファレル・クビージャス地上支援(達人)空軍経験値獲得0.09日毎
    航空優勢+10%
    10020-
  • 最高司令部
    名前分野効果政治力指揮力雇用条件
    ヘスス・ガルサ・シイェル戦略爆撃(達人)空軍経験値獲得0.09日毎
    爆撃機攻撃・防御・機動力+3%
    戦略爆撃+5%
    10020-
    エクトル・メイフエイロ対空戦闘(達人)海軍経験値獲得0.09日毎
    海軍対空攻撃+15%
    10020-
    パブロ・M・バレンスエラ陸軍再編成(達人)陸軍経験値獲得0.09日毎
    師団回復率+8%
    10020-
    ホセ・ゴンサロ・エスコバル騎兵部隊(天才)陸軍経験値獲得0.12日毎
    騎兵攻撃・防御+15%
    20010NF官僚制度の粛正を取得
    アベラルド・L・ロドリゲス歩兵部隊(達人)陸軍経験値獲得0.09日毎
    歩兵師団による攻撃+10%
    歩兵師団による防衛+15%
    10020-

技術

研究枠

初期の研究枠は2つ。最大5枠になる。
民間列車、歩兵装備機⇒∩艦、基本型魚雷、支援装備、トラックが未研究。民間列車未研究は補給がままならないため致命的。いつもの3点セットの前より優先して研究すべきか。
3枠目と4枠目の解放にはNFを進め、インフラの改善と陸軍の統制をある程度進めなければならない。

陸軍

36年式歩兵装備すら開発が終わっていない。他は野砲と対空砲のみである。

  • 歩兵技術
    • 基本的歩兵装備
  • 装甲技術
    • 前大戦型戦車
  • 砲兵技術
    • 牽引式野戦砲
    • 対空砲

海軍

駆逐艦と潜水艦他、最低限の研究のみ終わっている。しかし基本型魚雷の研究が終わっておらずすぐに潜水艦は生産出来ない。
強襲上陸には輸送艦の研究が必要だ。
また、大型艦の研究は未取得だが、海防戦艦が1隻配備されており、テンプレート変更が可能。
配備の海防戦艦は主砲が重巡用で重巡洋艦軌靴い砲覆辰討い襦
海防戦艦のテンプレート変更で主砲を大型艦用に変更出来るが、変更しても既存の海防戦艦は大型艦に改装できない。

  • 艦船
    • 駆逐艦
    • 潜水艦
    • 海軍砲術
    • 副砲
    • 触発機雷

空軍

近接航空支援機に加えて戦間期型とはいえ、戦術爆撃機の研究まで終わっており、実際に配備もされている。

  • 機体
    • 戦間期型戦闘機
    • 近接航空支援機
    • 戦間期型爆撃機

産業

  • 合成燃料
    • 燃料貯蔵庫
    • 燃料精製

兵力

アメリカとは比べられないものの、ラテンアメリカの大半の国を大きく上回る初期戦力を誇る。

陸軍

3個歩兵大隊編成の師団が15個も占めているとはいえ、21個師団とかなりの規模を誇る。
ラテンアメリカの大半の国が多くても5個師団程度と考えると、地域的にはかなりの軍事大国だ。
マイナス性能持ちの将軍と元帥が多いのは頭の痛いところだが、無能ではない将軍もいる。
NFで解禁される人材はそれほど有能でもないので、こだわる必要はないだろう。

  • 編制
    名称戦闘大隊支援部隊要求装備
    Division de infanteria歩兵大隊9個支援砲兵歩兵装備(900)野戦砲(12)
    Brigada Agrarista歩兵大隊3個-歩兵装備(300)
    Division de Caballeria騎兵大隊6個支援砲兵歩兵装備(720)野戦砲(12)
  • 展開
    名称練度充足率展開数
    Division de infanteria一般100%1
    Division de infanteria訓練済50%60%3
    Brigada Agrarista訓練済60%15
    Division de Caballeria一般75%2
  • 将軍
    氏名レベル攻撃防御計画兵站人物背景・特性スキル効果
    Heliodoro Charis34222歩兵士官歩兵指揮官経験値係数:100%
    Luis Farell34123戦争の英雄昇進コスト-50% 軍再任期間+100%
    Gidardo Magana32233メディアの有名人軍再任期間+100%
    Manuel Perez Trevino32323経歴ある士官昇進コスト-25%
    Abelardo L Rondriguez33232政治的縁故指揮官の経験値獲得-10% 昇進コスト-50%
    Manuel Avila Camacho32233政治的縁故指揮官の経験値獲得-10% 昇進コスト-50%
    Jesus Degollado Guizar※132224無謀
    歩兵士官
    計画立案速度+20% 負傷可能性+50%
    歩兵指揮官経験値係数:100%
    Pablo González Garza※234241厳しい指揮官
    ※1 NF「クリステロ衛兵の改革」を取得
    ※2 NF「クリステロへの勝利」を取得
▼雑な紹介
(クリックして展開)
  • 元帥
    氏名レベル攻撃防御計画兵站人物背景・特性スキル効果
    Lazaro Cardenas33333政治的縁故指揮官の経験値獲得-10% 昇進コスト-50%
    Saturmino Cedillo Martínez※134222無謀
    トリックスター
    計画立案速度+20%
    偵察+25%
    Plutarco E. Calles※246323厳しい指揮官
    ※1 NF「セディージョ将軍の支援」を取得
    ※2 NF「ヘフェ・マキシモ」を取得

海軍

6隻とはいえ、一応海軍はある。
中央アメリカとカリブ海の島国は艦を持たないので、制海権は容易に確保できる。
戦艦持ちのアルゼンチン、ブラジル、チリの南米3国には全く勝ち目がないので、海戦は当面避けよう。

艦種
海防戦艦(重巡洋艦機1
駆逐艦5
輸送艦45
  • 提督
    指名レベル攻撃防御機動調整人物背景特性特性効果
    Othon P. Blanco Nunez de Caceres21123守旧派指揮官の経験値獲得-25%
    Heriberto Jara Corona11111メディアの有名人

なおこの二人は海軍長官の二人である。

▼雑な紹介
(クリックして展開)

空軍

全部で24機だけだが、持ってるだけで上々だ。
やはり中央アメリカとカリブ海の国は航空機を持たない。

機種機数
近接航空支援機12
戦間期型戦闘機6
戦間期型戦術爆撃機6

固有NF

実装されている中ではもっとも複雑怪奇なNFである。わかりやすいのは左端の軍事ツリー程度である。
その他のツリーは一度分裂後に中段で再び合流し、さらに分裂、場所によっては再合流とややこしい。
そのうえ、排他関係の政治体制変更NFがばらばらに配置されているため、どこのツリーに影響があるかわかりにくい。
また、革命ツリーと教会ツリーは取得順序と国民精神「教会の権威」の状態管理を誤ると、内戦が回避できなくなる。
ちなみにトロツキー亡命以前に「ヘフェ・マキシモ」を達成するとトロツキーはメキシコに亡命しなくなる。

軍事ツリー

左端に位置する軍事ツリーは、人材雇用の解禁と陸海空軍へのボーナスが得られる。

陸軍は歩兵装備と砲兵の研究ボーナスが計3つ、装甲技術とドクトリンへの研究ボーナスが各1つ得られる。
空軍は航空機とドクトリンの研究ボーナスが2つずつ得られる。
陸空のツリー終端は、野砲と空対地攻撃どちらの国民精神を取るかの排他である。

海軍は4つの造船所と企業の解禁、ドクトリンと艦船の研究ボーナスが各2つだ。
ツリー終端の分岐では、船団護衛と船団襲撃のどちらかに適した技術と国民精神を選ぶことになる。

▼軍事ツリー
(クリックして展開)

産業ツリー

インフラの改善と追加の研究枠、産業に関する人材や国民精神が得られるツリーだ。
左右にルートが分岐しており、左はルートは左傾化、右ルートは軍閥の支援に繋がる。
全て取得するなら人材の質や徴兵可能人口などの点で、左ルートのほうがやや強力だ。
ただし、その場合は共産化する。共産主義以外の政体を選択するなら必然的に右ルートとなる。
また、右ルートは「土地改革の終了」以降のNFで内戦勃発を遅らせ、最終的には内戦の危機を取り除ける。
左ルートの「エピード労働者民兵」と右ルートの「土地改革の終了」は内戦ディシジョンのフラグなので注意。

▼産業ツリー
(クリックして展開)

外交ツリー

産業ツリー終端のNF「油井の拡大」取得後に外交ツリーが始まる。取得ルートによっては終端で南進ツリーに合流する。
石油資源の処遇を背景に英米ソ独のいずれかに接近し、関係強化と陣営参加*3を申し込む。

このツリーの大きな分かれ道は「ロイヤル・ダッチ・シェル」と「油田の国有化」のどちらを選ぶかだ。

  • 「ロイヤル・ダッチ・シェル」
    コアウリアの油田が出力増強のうえ返還される。コアウリア以外の油田は米英に奪われたままとなる。
    その後は連合入りを経て、イギリス領メキシコの『購入』に続く。
    また、第二次メキシコ革命のフラグが立つ。以後、国民精神カトリック国家の取得に注意すること。
  • 「油田の国有化」
    英米の禁輸制裁と独裁権の国民精神悪化*4を引き替えに、全ての油田を取り戻す。
    続けて米ソ独に接近していく。米国に接近した場合は禁輸が高確率で解除され、英米からの資源輸入が可能になる。
    独ソに接近した場合はそのまま彼らの陣営に加入、アメリカとの国境内陸に要塞を築いたのち、南進ツリーに合流する。
    なお、「国際プロレタリア主義」を取ると第二次クリステロ戦争のフラグが立つ。以後、国民精神無神論国家取得に注意すること。

また、右端のルートを進めれば鉄鉱石の確保、企業解禁を経て、5番目の研究枠解放につながる。

▼外交ツリー
(クリックして展開)

教会ツリー

「軍の手綱を握る」から本格的に枝分かれするこのツリーは、教会の権威を政策にどう反映させるか選択する。
教会を無視して教育と工業に力を注ぐか、カトリック国家となり民主主義もしくはファシズムに染まるか、の選択だ。

教会ツリー上部

共産主義政体の場合は、内戦防止のためにも「反国教会廃止主義」は取得したほうがよい。
「カリェス法の廃止」「反国教会廃止主義」と進めて、ディシジョン「教会に土地を配分」を解禁しよう。
第二次クリステロ戦争の危機が訪れたら、解禁されたディシジョンを実行すればよい。

「カリェス法の廃止」と「カリェス法の強制執行」は教会の権威を強化、弱体化させる排他NFである。
「カリェス法の強制執行」直下の「クリステロへの勝利」は第二次クリステロ戦争のフラグと恐怖公解禁である。
民主主義以外の政体だと内戦の危機が生じるため、取得には注意が必要だ。

3段目にある「公教育」「コロンブス騎士団」「キリスト軍団」の3択は教会の権威を変化させる。
「公教育」は教会の権威を弱めるのと同時に、研究枠をひとつ追加する。
「コロンブス騎士団」「キリスト軍団」は教会の権威を強めるのと同時に、民主とファシズム支援+αの国民精神が付く。

▼教会ツリー上部
(クリックして展開)

教会ツリー下部

「公教育」を取得した場合は電子工学に二つのボーナスと民需・軍需の工場を2つずつ得られる。
また、左に分岐して「技術者学校」から5つ目の研究枠追加にアクセスできる。
「コロンブス騎士団」「キリスト軍団」からは「神学校」で研究枠をひとつ追加できる。

「カトリック政治家」と「無神論対抗十字軍」は他のNFで政権与党を確立させていると、取得できない。
そのすぐ下のNFでは先に獲得した政党支援の国民精神がさらに強化され、民需工場2つの追加と続く。
「クリステロ衛兵の改革」と「シナキズムの若者]は排他関係に有り、「クリステロ衛兵の改革」は
レベル3の将軍と歩兵10大隊&支援砲兵の訓練済み師団8個が手に入るが、第二次メキシコ革命のフラグが立つ。
「シナキズムの若者]は徴兵可能人口1%を得られる。

▼教会ツリー下部
(クリックして展開)

革命ツリー

右端に位置するこのツリーは、民主主義以外の政体でのみ南進ツリーまで進められる。
ツリー上部ではファシズムか共産主義に基づく革命を実行し、ツリー下部で世界に革命を広げていく。
ツリーの特性上、共産主義は第二次クリステロ戦争、ファシズムは第二次メキシコ革命の対策が必要だ。
なお、国内での革命を行わずに世界に進出することも可能だ。

革命ツリー上部

陸軍を引き締める「政治民兵の禁止」経由の左ルート、女性を活躍させる「革命的女性」の中央ルート、
革命を起こす「革命の遺産」経由の右ルートがある。いずれも最終的には「スペイン内戦の難民」で合流する。
政体支援の国民精神が付く関係上、民主主義と中道主義の政体の場合は、左ルートを選択したほうがよい。
なお、左と中央ルートの最後の選択肢は排他関係にある。

  • 左ルート
    「政治民兵の禁止」を取得していると「非政治化軍」と「熟練した軍隊」を取得できる。
    これらはセディージョ将軍の反乱を遅らせる効果がある。
    他にこのルートで得られるのは国民精神「政治的軍部」の削除と陸軍ドクトリンの研究ボーナス一つ、
    陸軍経験値15と全将軍の計画スキルと補給スキルを+1する国民精神の獲得だ。
  • 中央ルート
    「革命的女性」は民需工場3つの追加だ。続く「女性参政権」は教会の権威を強化するのと同時に
    国民精神で研究速度3%の加速と民主主義の政体支持率を日毎に0.1増やす。また、第二次メキシコ革命のフラグが立つ。
    民主主義以外の政体を選びたければ要注意だ。最後に「ソルダデラス」は軍需工場2つと陸軍経験値5、女性パイロットの解禁だ。
  • 右ルート
    「革命の遺産」を経由してファシズムか共産主義の革命を行う。
    「金シャツ隊」か「赤シャツ隊」*5を取得して政党支持率を広げ、支持率が40%を超えたら革命で政治体制確立だ。
    このとき、共産主義ルートではトロツキーを指導者にできる*6
    その後は「世界闘争」でレンドリースと義勇軍派遣の敷居を下げ、国民精神を強化したら左ルートと合流する。
    なお、民主主義や中道主義、ファシズム化や共産化済みでも、一応このルートは消化できる。
▼革命ツリー上部
(クリックして展開)

革命ツリー下部

ファシズムか共産主義の支持率を上げつつ、まずはスペイン内戦の支援を行い、その後は陣営を立ち上げてラテンアメリカ諸国に
加盟を働きかけることになる。この時、内戦が起こりやすい方向に教会の権威が変化するので、内戦防止には注意を払おう。

「スペイン内戦の難民」はファシズムと共産主義の支持率を5%増やし、電子工学と産業のボーナスを1つ得る。
次の排他NFではスペインの左右どちらの政権を支援するかに別れるが、共産主義の方が効果が強力だ*7
3段目は民主主義政体だと「現実政治」しか選べない。民主主義政体の場合はこのツリーはここで打ち止めだ。
「ヒスパニック同盟」「ボリバル同盟」*8はブラジルを除くラテンアメリカ諸国に政党支持の国民精神を与える。
ファシズムは日毎に+0.1、共産主義は日毎に+0.2の政党支持を得る。同時に陣営勧誘ディシジョンも解禁される。
なお、中道主義では政党支持の国民精神は与えない。また、「ボリバル同盟」は第二次クリステロ戦争のフラグのため注意
「ブラジルを招待」では、ブラジルにも政党支持効果が得られる。あとは「沿岸防衛計画」取得でツリーを抜ける。

3段目まではファシズムと共産主義は左右対称だが、4段目以降は違いが出てくる。
ファシズムは「プロパガンダ機構」で安定度と戦争協力度が+5%されるだけだが
共産主義の場合は「官僚体制を粉砕」で非中核州の人的資源+5%となる国民精神「第4インターナショナルの先駆者」でソビエトへの戦争目標を得る。
ソビエトの打倒に成功すれば、続く「一つの世界政府」の取得で残りの共産主義国家に第4インターナショナルへの加入を呼びかける。
また、「アンティル諸島の開放」は米英仏蘭にカリブ海の領土解放を要求する。実質戦争目標の獲得NFだが、もしAIが受諾すれば
カリブ海の諸国は解放される。解放された国家には共産主義の日毎の支援が+0.2される国民精神が付いている。

▼革命ツリー下部
(クリックして展開)

南進ツリー

外交ツリーで独ソに接近するか、民主主義以外の政体で革命ツリーを抜けると、このツリーに合流する。
中央アメリカの諸国に軍事侵攻後、中核州化できるツリーとなっている。
アメリカからパナマ運河を奪取するディシジョン「ジャスト・コーズ作戦」を解禁するNFパナマ運河の奪取はここだ。
その後はブラジルを除く南米の制圧、第二次米墨戦争による旧領回復と進む。

最初の2つのNFでパナマまでの6カ国の領土請求権と戦争目標を得られる。続けて「南部の統合」で
それら6カ国の領土+イギリス領メキシコ&パナマ運河を中核州化するディシジョンが解禁される。
同様にカリブ海のキューバとハイチ、ドミニカについても侵攻後に中核州化可能だ。
右端の2つのNFでは、ブラジルと欧州植民地を除く南米国家に対し、戦争目標を獲得できる。
こちらは中核州にならない。

最後にアメリカに侵攻するNFだ。まずはパナマ運河で国境紛争を起こすディシジョンが解禁される。
国境紛争に勝利すれば、パナマ運河が手に入る。次のNFではパナマの要塞化が可能だ。
続けてアメリカへの戦争目標と請求権を確保し、最後のNFで米墨戦争で奪われた旧領の中核州化となる。

▼南進ツリー
(クリックして展開)

内戦関連NF

内戦に関するNFを以下に示す。

ディシジョン画面での説明が非常にわかりにくいが、仕組みとしては、何かの問題解決のNFを進行しようとするとそれに反対する勢力の内戦フラグが有効になり、
カウディーリョの独裁権が上がりすぎたり、教会の権威が極端に下がったり、極端に上がったりするとディシジョンが活性化して150日のカウントダウンで内戦に発展するような仕組みになっている。
フラグになっているNFを踏まないでいても結局内戦になる仕組みになっている。
フラグが立つことは回避出来ないため、結局キーになっている国民精神をうまくコントロールすることが内戦回避の鍵になる。

カウディーリョ反乱

「セディージョ将軍を支援」「セディージョ将軍を逮捕」で内戦の危機を完全に取り除くことができる。
その他に以下に示すNFで、独裁権を下げられる。(≒内戦勃発の150日先送り)
「政治民兵の禁止」「非政治化軍」「士官学校」は右ツリーの革命ツリーと択一となっておりわかりづらいので注意。
「銀行部門の開放」-「農地改革の終了」-「民営化」-「カウディーリョ私設軍」は全て「セディージョ将軍を支援」までの途中にある物だ。

  • 「政治民兵の禁止」
  • 「非政治化軍」
  • 「士官学校」
  • 「銀行部門の開放」
  • 「農地改革の終了」
  • 「民営化」
  • 「カウディーリョ私設軍」

第二次クリステロ戦争

以下のNFを取得すると、第二次クリステロ戦争のフラグが立つ。無神論国家の国民精神があると危険である。
「クリステロへの勝利」以外は全て共産化関連である。

  • 「クリステロへの勝利」
  • 「赤シャツ隊」
  • 「国際プロレタリア主義」
  • 「エヒード労働者民兵」
  • 「ボリバル同盟」

以下のNFを取得すると、一段階教会の権威が下がる。弱い教会の国民精神がある状態で取得すると無神論国家になり内戦のカウントダウンが始まる為危険である。
「カリェス法を強制執行」「公教育」以外は全て共産化関連である。

  • 「カリェス法を強制執行」
  • 「公教育」
  • 「赤シャツ隊」
  • 「エヒード労働者民兵」
  • 「スペインの体制派を支援」
  • 「ボリバル同盟」

第二次メキシコ革命

以下のNFを取得すると、第二次メキシコ革命のフラグが立つ。カトリック国家の国民精神があると危険である。

  • 「官僚制度の粛正」
  • 「女性参政権」
  • 「土地改革の終了」
  • 「ロイヤル・ダッチ・シェル」
  • 「クリステロ衛兵の改革」

以下のNFを取得すると、一段階教会の権威が上がる。強い教会の国民精神がある状態で取得するとカトリック国家になり同じく内戦のカウントダウンが始まる為危険である。

  • 「カリェス法を廃止」
  • 「女性参政権」
  • 「コロンブス騎士団」
  • 「キリスト軍団」
  • 「ファランヘ熟練兵」
  • 「ヒスパニック同盟」

固有ディシジョン

  • 軍事問題
    上の3つは内戦を引き起こす。
    カウディーリョ反乱はゲーム開始時から発生し、手を打たないと最短で37年4月27日に内戦が起きる。
    第二次メキシコ戦争と第二次クリステロ戦争は特定のNFを取得するとフラグが立つ。
    名称効果解除もしくは実行条件期間
    第二次クリステロ戦争条件を満たすと内戦勃発無神論国家の国民精神変更 民主化 安定度60%以上など150日
    第二次メキシコ革命条件を満たすと内戦勃発カトリック国家の国民精神変更 共産化 安定度60%以上など50日
    カウディーリョ反乱国民精神 独裁権 が悪化
    最終的に内戦勃発
    NFで将軍を支持or逮捕150日
    スペイン左派の支援60%で陸軍経験値+20、40%で海軍経験値+25歩兵装備250 輸送艦3 NF「Support Spain's Loyalists」7日
    スペイン右派の支援60%で陸軍経験値+20、40%で海軍経験値+25歩兵装備250 輸送艦3 NF「Falangist Veterans」7日
    ジャスト・コーズ作戦パナマ運河で国境紛争を起こす。勝てば運河を奪えるが
    アメリカに宣戦布告される可能性が生じる
    パナマ領有 NF取得 政治ポイント25-
    国土防衛計画を実行中核州師団攻撃・防御+15%防衛戦争時 NF取得180日
  • 教会の権威
    教会の権威を変化させ、国民精神の変更などを行う。
    実行には教会に関する国民精神とNF取得の状況などが影響する。
    教会の権威を下げる教会の土地を国有化は最初から実行可能だが、教会の権威を上げる教会に土地を配分は、NF反国教廃止主義を取得しないと実行できない。
    ただし、NF「反国教会廃止主義」は教会の権威が「積極的な教会」以上が必要だ。
    教会の土地を国有化のディシジョンを考えなしに実行すると、いずれ内戦が不可避となるので注意しよう。
    名称効果政治ポイント期間取得条件
    教会に土地を配分国民精神変更 教会の影響力を強化7590日NF反国教廃止主義
    教会の土地を国有化国民精神変更 教会の影響力を弱体化7590日-
    クリステロ戦闘員への恩赦戦争協力度+2% 陸軍経験値+107530日NF改正1917年憲法
    クリステロの反逆者達への暗殺戦争協力度+2% 陸軍経験値+107530日-
    公共のミサへの参列安定度+3%7530日NF改正1917年憲法
    牧師の検察官安定度+3%7530日-
    仲裁委員会安定度+5% 戦争協力度-5%2590日-
    高揚させる安定度+5% 戦争協力度-5%2590日-
  • 地域を統合
    関連NFを取得後に対象領土を支配もしくは従属化すると政治ポイント50か25で実行可能になる。
    30日後、対象領土が中核州化し、名称も変わる。
  • ヒスパニックの団結
    関連NFを取得後に、彼我どちらかの外交評価が+50以上の国を陣営に招待する。政治ポイント25、期間150日。

外交

中央アメリカ

  • 軍事侵攻
    パナマまでの6国とカリブ海の3国はNFで戦争目標を獲得でき、支配後はディシジョンで中核州にできる。

    産業ツリーと外交ツリーを最短で駆け抜けて、内戦防止に「セディージョ将軍の逮捕」に寄り道した場合、
    最初の戦争目標獲得NF「南への進撃」は37年の10月27日に取得できる。
    そのまま「中央アメリカの統一」「カリブの解放」とNFを進めて軍事侵攻を続ければ、38年の半ばには
    中央アメリカを統一できるだろう。
    軍事侵攻で多少手こずる可能性があるのは、ファシスト国家で師団数が多いエルサルバドル、降伏させるには
    上陸戦か空挺降下が必須のパナマくらいだろう。カリブ海の島国は港への直接上陸を避ければ、簡単に落とせる。
    征服後は関連NF取得後に解放されるディシジョンで、政治ポイントと60日を引き替えに中核州化できる。
  • 自陣営への招待
    革命ツリー下部の「ヒスパニック同盟」「ボリバル同盟」を取得するとディシジョン「ヒスパニックの団結」が
    解禁される。彼我どちらかの外交評価が+50を超えると政治ポイント25を消費して自陣営に招待できる。
    AIはプレイヤーの招待をあまり断らない*9ので、外交関係を改善しつつディシジョンを実行していくと、
    陣営の所属国がどんどん増加していく。時間をかければ戦わずとも中南米を自陣営に染められる。
    また、イデオロギーが同じ国は陣営立ち上げ後、すぐに加入を申し出てくることがある。

南米諸国

  • 軍事侵攻
    NFでブラジルと欧州海外領土を除く国々に戦争目標を得られる。

    中央アメリカへの侵攻後、最初に戦争目標が得られるのはコロンビアとエクアドル、ベネズエラの3国だ。
    早ければ38年の前半には宣戦布告可能だが、中央アメリカの国々よりも国力が高く、地形も劣悪な上に広い。
    ごり押しではキツくなってくるので、空挺兵の活用も視野に入れよう。上記3国の海軍力は貧弱なので、
    海上強襲も選択肢に入る。
    続いてブラジルを除く6国の戦争目標を得られるが、地形とインフラがかなり悪く、攻め込むのは大変だ。
  • 自陣営への招待
    中央アメリカ同様にディシジョン「ヒスパニックの団結」で自陣営に招待できる。
    ブラジルだけは特別扱いで、「ブラジルを招待」のNFを取得しないと誘えない。

アメリカ

  • 貿易関係
    NF「石油の国有化」を選択すると即座に貿易関係が-50され、続けて発生するイベントで禁輸制裁を受ける。
    こうなると米英から資源の輸入ができなくなる。続くNF「保障」を取れば、高確率で禁輸は解除されるが
    独ソに接近するNFを取ると、以後、アメリカ(およびイギリス)との貿易関係改善は不可能になる。
    禁輸措置で一番困るのは鉄の輸入先だろう。輸送船をある程度作り溜めておきたい。
  • 国境紛争
    NF「パナマ運河の奪取」を取得し、パナマ運河を領有すると、ディシジョン「ジャストコーズ作戦」が実行可能になる。
    中央アメリカへの軍事侵攻を最短で進めれば、38年の1月以降には実行出来るだろう。
    「ジャストコーズ作戦」を実行するとメキシコ側のパナマ運河国境で戦闘が始まる。勝てればパナマ運河を領有できる。
    その代償にアメリカを激怒させ、禁輸制裁は確実に、メキシコに対する戦争目標も与えることがある。
    AIアメリカが戦争目標を取得する選択肢を選ぶ条件は、(恐らく)アメリカ-メキシコ国境の戦力比だ。
    この場合、パナマ運河奪取の数日〜数週間後に、アメリカから宣戦される。

    なお、国境紛争に投入できる師団数は6個が上限のようだ。「パナマ運河の奪取」取得直後に6個師団を国境に貼り付け
    ディシジョンを即実行すれば勝ちやすい。共産主義政体だと時間経過で米軍がパナマ運河に集結してくるため、負けやすくなる。
    国境紛争で敗北した師団はそのまま消滅するため、勝てる見込みがあるときだけ紛争をしかけよう。
  • 戦争
    アメリカと戦争する方法は前述の国境紛争で宣戦させる方法と、NFで戦争目標を取得後にこちらから宣戦する方法がある。
    国境紛争で宣戦を誘えば最短で38年前半に開戦できる。が、さすがにこの時は準備不足だろうから、戦争開始時期は調整しよう。

    一方、アメリカへの戦争目標を取得するNFは、国際緊張50%が必要となる。史実AIならポーランド降伏のタイミングになる。
    あるいは、大国に片っ端から戦争目標正当化を行って、無理矢理国際緊張度を上げる手もある。

    戦争で南部アメリカの州を支配したら、ツリー最後のNFでメキシコの旧領を中核州にできる。

内戦対策

メキシコは内戦の火種を抱えており、無策で突き進むと内戦が勃発する。
以下、内戦勃発の条件と対策について解説する。

セディージョ将軍の反乱

ゲーム開始直後に抱えている内戦の火種がこれだ。最短で37年4月27日に発生する。
カウディーリョ反乱のディシジョンにより、150日で国民精神独裁権が強まっていく。極めて強い独裁権の次はいよいよ内戦だ。
内戦を防ぐ方法はNF「セディージョ将軍の支援」か「セディージョ将軍の逮捕」の取得だけだ。

産業ツリーの右ルートや政治民兵の禁止以降のNFで独裁権を一段階下げられる。ただし、弱いより下はない。
1つ取るごとに150日猶予が伸びる計算だ。最大で39年の半ばまで内戦勃発を遅らせられる。
なお、産業ツリーで左ルートを選択し、教会ツリーで「ヘフェ・マキシモ」を選ぶと内戦不可避となる。

第二次クリステロ戦争(民主主義以外の政体で発生)

共産主義政体で対策を講じないと、高確率*10で発生する。
特定のNFを取得した時点で『無神論国家の国民精神』『安定度60%未満』『民主主義以外の政体』
を満たすと内戦ディシジョンが有効化され、150日後に内戦が勃発する。

内戦防止はNF「反国教会廃止主義」を取得しておき、ディシジョン「教会に土地を配分」を実行が確実だ。
ただし、NF「反国教会廃止主義」は教会の権威が「積極的な教会」以上でないと取得出来ない。
NF取得順序を誤ると内戦回避が困難になる。

というのも、NF「反国教会廃止主義」は初期の「弱い教会」状態より教会の権威が一段階以上*11強くないと取れないのだが、
「教会に土地を配分」の解禁前に教会の権威を強める方法は、
ランダムイベントか、NF「カリェス法の廃止」「女性参政権」取得のみだ。
つまり、「カリェス法の廃止」「女性参政権」を取得済みでNF「反国教会廃止主義」が未取得もしくは取得不能な状態になっていると、
国民精神による内戦回避はランダムイベント発生を祈る以外に方法がなくなる。

あとは安定度60%以上だが、これもメキシコの低い安定度を考えると、短期間での達成は難しい。
共産主義政体を選択する場合は教会の権威を弱めるNF*12の取得には注意しよう。

第二次メキシコ革命(共産主義以外の政体で発生)

特定のNFを取得した時点で『カトリック国家の国民精神』『安定度60%未満』『共産主義以外の政体』
を満たすとディシジョンが有効化され、150日後に内戦が勃発する。

こちらは第二次クリステロ戦争に比べると対策は容易だ。ディシジョンで教会の権威を下げてしまえばよい。
実行には政治力75ポイントと90日が必要なので、第二次メキシコ革命の前提NF取得時には考慮しておくこと。

基本方針

民主主義

油井の拡張からロイヤル・ダッチ・シェルを選んでイギリスと仲良くし連合国入りするか、
中道と同じく名前の付いていない、自分で名前をつける独自陣営が設立できる。
油田の国有化からNF補償でアメリカとの関係を改善、
ツリーの最後で国際平和維持軍で合流して他陣営からの侵略戦争へ対抗する義勇軍を派遣する。
アグア・ブリエタ計画からのツリーは進めることは出来るが、カルデナスの元で民主化するか教会と仲良くして民主化するまでで中南米拡張ツリーにはたどり着かない。

執筆者求む

中道

中道政体を維持する。
連合国入りもできれば、民主主義と同じく名前の付いていない、自分で名前をつける独自陣営も設立できる。
また、ファシストルートのヒスパニック同盟、共産ルートのボリバル同盟を結成することも出来る。
ヒスパニック同盟、ボリバル同盟ツリーの最後は中南米拡張ツリーに合流する。

執筆者求む

ファシスト

枢軸国入り

教会の権威を高め、教会ツリーの対無神論十字軍や革命ツリーの報復主義革命でファシ化、NF油田の国有化からドイツとの同盟を求める。
ツリーの最後は中南米拡張ツリーに合流する。

執筆者求む

独自陣営「ヒスパニック同盟」「シナキスト機構」

ファシスト化後、共産主義ルートと同じく中南米の国々ほぼ全てをディシジョンで同盟に加えることができるルート。
教会ツリーの対無神論十字軍や革命ツリーの報復主義革命でファシ化する。
ヘフェ・マキシモを取得して報復主義革命でファシ化するとカリェスが元首になる。
対無神論十字軍で先にファシ化してからNFヒスパニック同盟を取得すると陣営名が「シナキスト機構」になる。
報復主義革命と対無神論十字軍は相反関係にあるので両方同時には達成出来ない。
ツリーの最後は共産主義ツリーと合流し中南米および北米に侵略するツリーが続く。

執筆者求む

共産主義

コミンテルン入り

NF国営銀行からのツリーで左ツリーに入りNF革命党を取得後、
NF油田の国有化からコミンテルン入りを目指す。
ツリーの最後は中南米拡張ツリーに合流する。

執筆者求む

独自陣営「ボリバル同盟」「第4インターナショナル」

君ここにいたんだね
赤化フランスが仲間にしてほしそうにこちらを見ている

共産化後、ファシストルートと同じく中南米の国々ほぼ全てをディシジョンで同盟に加えることができるルート
ツリーの最後はファシストツリーと合流し中南米および北米に侵略するツリーが続く。
トロツキーを迎え入れずそのまま進めるとトロツキー信奉者が共産化させ国家元首になるが、
トロツキー亡命イベントでトロツキーを迎え入れ陸軍長官に任命、さらにNF共産主義革命を取得すると共産主義化してトロツキーが国家元首になる。
トロツキーが元首だと当然同じ共産主義でも元首がスターリンである限り外交関係は良くない。*13
共産化後NF官僚体制を粉砕を取得すると、陣営名がボリバル同盟から第4インターナショナルに変更される。
NF一つの世界政府はスターリンのソ連を打倒しないと取得出来ないはずだが、何故かソ連の元首がスターリンであってもNF取得可能で、要請を受諾するとコミンテルンを解体して第4インターナショナルに加盟してくれる。(不具合の可能性有り)
名前は変わってもボリバル同盟から内容に変わりはないので、まとめて扱う。

ソ連のNF次第でトロツキーは来ない場合もある。プレイヤーから見えない部分であるが、政治的パラノイアが発動して早期に処刑された、
あるいはソ連NFで左翼反対派取得(トロツキーでソ連内戦を起こすきっかけ)等が考えられる。
1937年夏まで待ってこない場合は諦めた方がいいだろう。
史実OFFにしても後でソ連がトロツキールートを取得してしまうと帰国してしまうので注意。

・目標
2つある内戦の火種をともに回避し、内戦が発生しないように攻略を進める。
ボリバル同盟を結成から第4インターナショナル結成を目指す。
拡張は中核州化できる中米のパナマまでを自力拡張し、攻略の難しいカリブ海と南米はディシジョンによる同盟をする。
最終的には枢軸か連合、特にアメリカを打倒することを目指す。

・研究
研究枠が2枠しかないが、重要な研究がいくつもされていない。
最低限必要なのは、補給を充足させる民間列車、
対パナマ戦で強襲揚陸に必要な輸送船の研究。
歩兵装備気未研究なので、輸送船の前に研究し早い段階から歩兵装備気鯣蓄したい。
また、潜水艦があればお手軽に海軍力アップ出来るので、魚雷の研究も進めたい。
よって、初手の研究で民間列車と歩兵装備機
2手目で輸送艦と基本型魚雷を研究。
以後は産業を中心に進めるが、電子工学は1段目の電子機械工学で止める。
研究枠が4枠以上ないと研究時間短縮の元を取れないようなので、バッサリ捨てて行く。
なお、対アメリカを意識する場合、海軍をそのまま海に浮かべているとあっさり全滅させられる。
対策はいくつか考えられるが、キューバからフロリダ付近に対艦攻撃機を飛ばすと効果があるようなので、
戦闘機気畔擦擦突祥気あるときに開発しておきたい。
七大国を相手にするのであれば海軍にも力を入れないといけない。
研究枠が少ないうちは厳しいが、先行研究してでも40年型潜水艦を研究して合わせてシュノーケルをつけておけば、結構生存してくれる。
研究枠3枠目が増えたら潜水艦の研究を進めていこう。

・生産
まず生産は歩兵銃に3つ全てを割り当てる。
歩兵装備気慮Φ罎完了したらすぐに入れ替えよう。
数を多く出したいので集中工業を研究してしばらくは況燭房蠅鮟个気覆い農源左率が落ちないようにしたい。
民間列車の研究が完了したら民間列車に1個割り振り、歩兵装備気砲蝋場5を充てる。
その後は野戦砲から優先して対空砲にも1づつ充てていく。充足具合を見ながら割り当てを増やそう。
対艦攻撃機も早めに研究して1でいいので割り当てたい。対アメリカでは重要になる。

・海軍&造船所
まず開始したらすぐに海防戦艦に艦隊の誇りをつけること!
政治力も指揮力も不要で戦争協力度が+5%増加する。

パナマ攻略の為強襲揚陸したい。
パナマへの強襲揚陸だけであれば最初から配備されている海軍で事足りるが、対アメリカなど七大国を相手にするのであれば海軍が絶対に必要だ。

造船所が2枠有るので有効活用したい。
海軍のアップデートが入ったMan The Gunsらしく、海軍はいじりがいがある。
海防戦艦に目を引かれるが、こちらの改修には膨大な建造コストがかかり、IC13のメキシコの手に負える物ではない。
そこで駆逐艦に目をつける。
初期配備の駆逐艦には魚雷が設定されていないので、改修して魚雷を3枠つけたい。
必要な海軍経験値は15。
海軍長官を早めに雇用して経験値を溜めたい。
政治力を温存したいなら既存艦隊に訓練をさせるのもいいが、訓練中に故障して修理になって建造が邪魔される可能性もある。
ただし40年型潜水艦も作りたいので海軍経験値はできる限り多く欲しい。好きな方でと言いたいが、筆者は海軍長官を雇用する方をおすすめしたい。
艦隊決戦の方がいるので彼にしよう。直衛艦主力艦が強化され、専門家だが政治力50指揮力30で雇用できる。政治力はできる限り多く持っておきたいのでうってつけだ。
また、建造コストの安い初期型潜水艦も設計してなるべく多く作っておきたい。初期型潜水艦の設計に必要な海軍経験値は10だ。
基本型魚雷を研究し海軍経験値が溜まるまでは造船所は輸送船と最初から用意された初期型駆逐艦を1枠ずつ入れる。
中米拡張が済むと輸送艦は500まで増えているのでここで作らなくてもいいと考えるならば初期型駆逐艦に2枠入れてもいいだろう。
あるいは輸送船2枠でもいいが、迷ったら1枠ずつの方が無難だ。
建設で造船所1を建てるので、増えた分は輸送船に充てよう。
経験値が溜まり次第初期型駆逐艦の設計を変更し、空きスロット3枠に魚雷を設定して保存する。

初期型駆逐艦設計.jpg

雷撃値54.0は輸送艦を一撃で沈めるにはちょっと足りないが、これが10隻もいれば立派な脅威になれる。
そうしたら既存の駆逐艦全てを設計変更するので順次改修を設定する。
駆逐艦と輸送艦を1枠ずつ充てている場合は輸送艦の方を建造中止にするか建造残数1に設定して、既存の駆逐艦全てを改修する。枠は1枠でいいだろう。
引き続き初期型潜水艦の設計も行い、順番を一番下にして駆逐艦の改修が終わり次第潜水艦が建造されるようにする。

初期型潜水艦設計.jpg

最終的には初期型駆逐艦と初期型潜水艦、輸送船を1枠ずつ建造したい。
なお、潜水艦は配備場所を太平洋側にしておくとパナマ侵攻の時に慌てなくて済む。忘れずゲレロ配備にしておこう。
駆逐艦も配備は自動から艦隊に変更しておくと手間がなくて良い。
中米の拡張と中核州化が進むと各国が作っていた造船所が増えてくる。
最終的には40年型潜水艦に10枠充てたいが、最初は潜水艦を優先して充てたい。
理由は建造コストの小さい潜水艦で数を出しておきたいからだ。
既存の海防戦艦と改修した初期型駆逐艦であれば南米の海軍国とも張り合えるようになるだろう。
ただし、アメリカ相手にはあっさり沈められる。
水上艦の大艦隊で攻めてこられたらひとたまりも無いが、潜水艦相手ならチャンスがある。
研究に余裕が出来たら爆雷投射装置(36年型爆雷)とアクティブソナーを研究して初期型駆逐艦の設計から魚雷1つ降ろして爆雷とソナーを追加して、追加建造した初期型駆逐艦にさらなる改修を施したい。
こうすれば、駆逐艦も多少はアメリカ相手に持つようになるだろう。
最終的には駆逐艦も40年型駆逐艦にしたいが、つなぎとしては十分だろう。
強化した駆逐艦と海防戦艦は対アメリカ戦でカリブ海で船団護衛の任務に充てよう。

・建設
軍需も民需も造船所も足りない。
建設は最初に軍需2、造船所1を建て、
あとは全て民需を建てる。
足りない軍需はNFで補い、中米の中核州化でなお足りない軍需と造船所を補う。
テストプレイで全て軍需にすると資源の輸入が出来なくなり詰んだことがある。
最終的に研究枠5枠目を獲得するためにはIC50が必要であるが、NFで増える工場だけでは到底足りない。
民需を建ててとにかく1つでも多くの工場を建設できるようにしなければならない。
対アメリカが見えた段階で最後の1つだけ建設させて残りはキャンセル(途中での建設中止はもったいないです)、改めて全て軍需建設に切り替えればいいだろう。

・陸軍&徴兵
非常に悩ましいところである。まずは質には目をつぶって量を増やすことから始める。
一旦開始時点でいる21師団は歩兵3の師団に全て変更する。
そして徴兵で歩兵3師団を3師団ずつ9回繰り返しで徴兵する。
完了後は6師団×4、12師団×2と段階を踏んで師団数を120まで増やしたい。
その間徴兵法も大規模まで引き上げてテンプレート変更で一気に変更したい。
決戦用テンプレートに非常に悩むが、初期から有る歩兵9支援砲兵ではアメリカを抜ききれなかった。
AIドイツやAIソ連が使うのは27幅師団である。また、七大国レベルは間違いなく航空優勢を取ってくるので、対空砲を支援中隊に入れて対抗したい。
対アメリカで航空優勢を取ろうとすると航続距離が不足するので重戦闘機が必要になる。
対アメリカであればこれが数千機必要になる可能性があるが、メキシコで用意するのは無理だろう。
歩兵13支援砲兵支援対空砲兵で挑みたい。テンプレート変更をして120師団に一気に適用し、
不足する装備や人的を優先的にカバーして充足を目指そう。
この時、占領地の管理師団を歩兵3のみの師団に変更すると人的も装備も少々稼げる。
このままでは火力が不足するので、優勢火力ドクトリンの統合支援ルートで支援砲兵にバフをつけて対処したい。
また、大量突撃ドクトリンの大量動員ルートで将校団から優先戦術を大量突撃にするのも良さそうだ。
この場合は歩兵は12にすると正面戦闘幅20の師団になり、地形次第で詰め込みが可能になる。
陸軍経験値が不足するので陸軍長官と陸軍系最高司令官を両方とも雇用し不足する分を補いたい。
徴兵法も無制限まで引き上げないとおそらく人的が枯れる。
メキシコは政治力を減らされるイベントが多い。政治力も無駄にしないよう内政にも気をつけなければならない。

・政治力
徴兵法:限定的徴兵→海軍長官:艦隊決戦→陸軍長官:赤軍創始者(来ない場合は他の長官で)→経済法:部分経済
→最高司令官:歩兵部隊→徴兵法を無制限まで→理論家:陸軍ドクトリンor優勢火力ドクトリン

政治顧問を雇う余裕はなさそうだ。
優秀な政治顧問はだいたい左ツリーにいるがかまってあげられるのはだいぶ後だ。
経済法を部分経済にするには戦争協力度が25%必要だ。開始時点で10%。
艦隊の誇りで5%稼げるので、残りはNFで稼ぐ。

・NF
最短で進んだ場合をまとめる。
ボリバル同盟の場合はNFツリーの右側だけを見ていれば良い。
左側は後回し、あるいはランダムイベント発生待ちの時間調整用に取得しよう。

セディージョ将軍の反乱対策
アグア・ブリエタ計画→カリェスを追放→軍の手綱を握る→官僚制度の粛正→セディージョ将軍の逮捕

赤化
革命の遺産→赤シャツ隊→世界闘争→革命的階級闘争→スペイン内戦の難民→スペインの体制派を支援ボリバル同盟

第4インターナショナル化する場合
共産主義革命→官僚体制の粉砕(→一つの世界政府)

中南米拡張
南への進軍→中央アメリカの統一→パナマ運河の奪取→南部の統合→ブラジルを招待→アンティル諸島の開放

セディージョ将軍はNFセディージョ将軍を支援で陸軍長官として雇用可能になり、元帥にもなってくれるが、共産主義政体では陸軍長官になってくれない。
トロツキーを迎えて陸軍長官にすることを目指しているので、セディージョ将軍にはおとなしくしていただいた。

ここまでが最短ルートになるが、これでは内戦が発生してしまう。
特に赤字の太字にした部分が教会の権威を下げるNFである。初期は弱い教会なので、一段階下がるだけで内戦150日のカウントダウンが始まってしまう。
最短で進む場合は3回権威が下がるので、3回分権威を上げたい。
何度かプレイを繰り返すと教会の権威に関するランダムイベントが2回発生することが多かったので、2回分はこれでまかなえると期待する。
ちなみに権威を上げる選択肢はどのイベントでも上の選択肢だ。
ということで1回分は自前でまかなわなければならない。
特に、赤シャツ隊の前までにランダムイベントが発生しなかった場合は、一旦ここで教会の権威が上がるまで寄り道をすることになる。
スペインの体制派を支援の前に3回権威を上げきれなかった場合も同様だ。
内戦対策の項目にあるとおり、権威を上げるディシジョンを実行したいので、NF反国教廃止主義を取得したい。
しかし教会の権威が積極的な教会以上でないとこのNFは取得出来ない。
対策は3つある。

教会(第二次クリステロ戦争)対策
(早い段階でランダムイベント1回発生したら)→反国教廃止主義→改正1917年憲法→ディシジョン「教会に土地を配分」赤シャツ隊ディシジョン「教会に土地を配分」orランダムイベントスペインの体制派を支援ボリバル同盟
or
カリェス法の廃止→死刑廃止→赤シャツ隊→(残り2回のランダムイベント発生待ち)→スペインの体制派を支援ボリバル同盟
or
カリェス法の廃止→死刑廃止→反国教廃止主義→公教育ディシジョン「教会に土地を配分」→改正1917年憲法→赤シャツ隊ディシジョン「教会に土地を配分」orランダムイベント
→革命的女性→ソルダデラス→世界闘争→革命的階級闘争→スペイン内戦の難民→ディシジョン「教会に土地を配分」orランダムイベントスペインの体制派を支援ボリバル同盟

ランダムイベント発生待ちNF
革命的女性→ソルダデラス→国営銀行→好みのツリーへ

青い太字が教会の権威が上がる箇所である。わかりにくいので色分けした。

ランダムイベント発生待ちをしながらディシジョンで権威を上げる方向にするか、あるいは
権威を上げるカリェス法の廃止で1回確実に権威を上げるか、
いっそのこと反国教廃止主義もカリェス法を廃止の両方と取得して足らないランダムイベントの数だけディシジョンで権威を上げる、のどちらかになる。

ランダムイベント発生待ちの場合は一旦他のNF取得に回る。工場を増やすNFから取得するのが筆者のおすすめだが、左ツリーを進めるのも捨てがたい選択肢だ。
左ツリーはどこを進めてもおいしい効果ばかりだ。
左ツリーの中にあるNF革命軍はカルデナスが共産主義に染まってカルデナスの元で赤化するNFになっている。
第4インターナショナルを目指す場合NF革命軍を取得すると達成できなくなるので注意したい。

改正1917年憲法まで取得するのは安定度と戦争協力度が上がるディシジョンを実行可能になるからだ。
どちらも序盤は不足して苦しいので、上げたいときにに上げられる方法があるのが良いだろうと筆者は考える。不要と思うのであれば省いてもいいだろう。  

反国教廃止主義を取得する場合、戦争協力度を上げるNFカリェス法の強制執行を取得が可能になる。
教会の権威が下がるNFだが、ディシジョンがあれば権威を上げられるようになるからだ。
戦争協力度が上げられれば経済法を早い段階で部分経済に出来るメリットがある。
カリェス法の廃止を選んだ場合は戦争協力度を上げにくくなるので部分経済が遠くなる。
しかし研究枠確保のNF公教育がすぐ取れるので、無駄なくNFを消化出来る。
しかし公教育は教会の権威が下がるが、反国教廃止主義があればへっちゃらだ。
なお、戦争協力度はセディージョ将軍の逮捕とスペインの体制派を支援で5ずつ上がる。

3つを比べると、遠回りであるが確実に進めることが出来るのが一番下の反国教廃止主義もカリェス法を廃止も両方取る方である。
この場合は中米侵攻が少し遅くなることになる。
遠回りになるのであればいっそのこと、左ルートは一切手をつけずに革命的女性とソルダデラスの2つだけは取得しておきたい。2つ合わせて140日かかるがどちらも喉から手が出るほど欲しい工場が増えるNFだ。
中米の侵攻が多少遅れても対アメリカ戦にはかなり時間的余裕が取れるので140日遅れても慌てなくてもいい。
早く進められる可能性があるが少々リスキーな物がランダムイベントを待ちながらNF反国教廃止主義かカリェス法を廃止の片方のみを取得するルートになる。
ランダムイベント待ちをしながら進めるルートはランダムイベントが早く発生すれば難なく進められるが、
イベントが発生しなければ他NFを進め続けていくか、諦めて反国教廃止主義を取りに行くかの選択を迫られる。
先に反国教廃止主義を取得せず赤シャツ隊を消化してしまって、かつランダムイベントが発生しない場合は、
どこまでランダムイベント待機待ちをつづけるか、諦めて内戦に突入するか、ニューゲームでやり直すか決断しないといけなくなる。
好みなので、自分のプレイスタイルに合った方を選ぶといいだろう。
なお、ランダムイベントを待ちきれずディシジョンで権威を上げた後でランダムイベントが遅れて発生した場合は、取り合えず上げる方の選択をしておこう。
下手に確認せず内戦フラグが立つよりかはましだ。

・中米拡張
拡張を始める前に、ジャスト・コーズ作戦を解禁するNFパナマ運河の奪取を先に取得しよう。
ジャスト・コーズ作戦は普通に実行するとかなりの高確率で失敗する。
筆者が見つけた範囲ではこのページで解説されているパナマ侵略直後に実行するのが唯一の必勝法であった。

また、侵略しない南米の大国、チリ・アルゼンチン・ブラジルは先にディシジョンで同盟に加えておこう。
外交コマンドで関係改善を行い、関係値が50を超えたらすぐに関係改善を停止させ、ディシジョン実行すれば政治力は最小で済む。
他の国も順次同盟に加えていく。
11.5アップデートで政治顧問「口達者」に関係改善の維持コスト-50%効果が追加されたが、雇用に必要な政治力150と比べると元は取れない。
ただし口達者を雇用しているとカルデナスが元首なら本人が持つ特性の関係の評価+20%と相まって米英から禁輸措置を食らっている場合でも資源の輸入が可能になる。
先々のことまで考えてから雇用するか検討したい。

NFが整ったらグアテマラから侵攻する。
NFの効果で中米の各国は即時宣戦可能な状態になっている。
中南米の各国はメキシコを含め全てアメリカからの独立保証を受けている。
同じ国から独立保証を受けている場合その国同士で戦争になっても宗主国は介入しないので、アメリカの直接的な介入はない。
ただし、国際緊張度が100%に達していて戦争が長期間化すると連合や枢軸加盟の可能性がある。
歩兵3の師団で攻略していくが、よっぽどガバらない限りそうはならないので、安心しよう。
カリブ海の島国はその可能性があるので、ディシジョンで仲間にしていく。
エルサルバドル以外は特筆すべき事も無くあっさり落ちる。歩兵3の師団を24師団用意すれば十分だ。
エルサルバドルはファシストで師団を多く抱え込んでいるが、周囲の国を落としてから包囲状態で開戦すれば枢軸国入りされることも無く落ちる。
侵攻に成功したら、忘れないうちに鉄道をつなげておこう。
各国の補給ハブは鉄道でつながっていないところが多く、海運で連絡になっている。海運では補給効率が落ちている。
パナマの直前は補給がかなり悪くなっているが、しっかり鉄道を引いておけば改善する。
鉄道の建設はそんなに時間はかからないので、各補給ハブを結ぶようにうまく線路を引いておこう。鉄道の建設時は建設画面で優先度を上げるのをお忘れ無く!

これで最後にパナマが残る。

パナマ侵攻に当たっては先に述べたジャスト・コーズ作戦が重要になる。
パナマ侵攻完了直後にジャスト・コーズ作戦を実行するので、手順が重要だ。
開戦後にもたつくと確実に失敗するのでしっかり準備したい。
パナマはパナマ運河を越えた先に首都がある。しかし進路はパナマ運河がアメリカ領になっているので陸からでは進行できない。
ここでジャスト・コーズ作戦では失敗してしまうので、強襲揚陸を使って首都へ回り込む。上陸できればほぼ勝利だ。
これを素早く実行してすぐにジャスト・コーズ作戦を実行するので、以下のようにする。

1.首都に強襲上陸する部隊に先に強襲揚陸をセットする。3師団で問題無いので準備に21日かかる。早めに準備しよう。
2.陸から進む部隊にパナマ運河までの攻撃線をセット
3.強襲揚陸の用意が出来たらすぐに作戦実行はせず、矢印は止めておく。ここで事前セーブを強く推奨。
4.陸から進む師団だけでまずは開戦
5.陸からの師団がパナマ運河の左側に張り付いたら強襲揚陸実行、成功すると講和会議
6.講和会議はもちろん全土割譲だが、完了後、「メキシコは○州を獲得しました」の画面が出ている状態でディシジョン「ジャスト・コーズ作戦」実行
7.失敗したらリロードして開戦前からやり直し

ジャスト・コーズ作戦が成功すれば見事南米と陸続きになる。
陸続きになれば、南米から援軍を送ってもらえるようになる。
ぜひ頑張って作戦を成功させて欲しい。
線路引くのも忘れずに。
中核州化のディシジョンも忘れないように。同盟加入→中核州化の順で進めて中南米をボリバル同盟で染めてやろう。

・対アメリカ戦
アメリカ戦は事前の仕込みが大事だ。
史実AIオンならメキシコは他国から宣戦布告を受ける可能性は低いので、ゆっくり準備しよう。

まず、同盟各国のAIの動きを説明する。
アメリカに宣戦すると連合国入りし対連合戦になる。
そうすると連合各国はメキシコの脇腹にあるベリーズと、ブラジルの北側にある米英蘭の植民地があるギアナ、ベネズエラの北にあるオランダのキュラソーから侵攻してくる。
また、これとは別にアメリカは強襲揚陸してくるので、同盟各国はその警戒のため沿岸警備を始める。
これらが落ち着くとカリブ海の島国へ侵攻したり、それが落ち着くと今度はアフリカに強襲揚陸したりする。
直接的にアメリカ戦線に上がってくることはほぼないが、余裕があると遠征軍を派遣してくれる。
強襲揚陸の阻止と、橋頭堡からの侵攻を食い止めるのが勝利の絶対条件である。

まず、橋頭堡の対処をしないといけない。
ベリーズ付近にアメリカ侵攻用とは別の師団を24個用意する。歩兵3の師団で十分だ。開戦前から攻撃指示をして開戦と同時にすぐに落とそう。
ベリーズ陥落後はメキシコ東海岸、特にユカタン半島に再度強襲揚陸を仕掛けて奪還を狙ってくるので地域防衛で沿岸警備を当てておこう。
対アメリカに歩兵3では心許ないので、余裕があればこの防衛用師団は歩兵5にテンプレート変更して配備しておこう。
人的資源に余裕があれば開戦前にテンプレート変更しておきたいが、決戦用師団の充足が優先事項である。
また、バハ・カリフォルニアに強襲揚陸してくるので、地域防衛で沿岸警備を割り当てる。9師団必要だ。
この防衛用師団は防衛に成功していてもアメリカ戦線には参加させないようにしたい。強襲揚陸は忘れた頃に来るのだ。

また、南米はこちらでケアしてあげないといけない。
キュラソーはベネズエラと周辺国が師団を貼り付けるので問題無い。
ブラジルの北側付近は低インフラ地域であり、鉄道も補給ハブもないため師団を配置しても補給不足でまともに動けず突破を許してしまう。
そのため、この地域にも鉄道を建設して、補給ハブも2つ作っておこう。
トラックもぼちぼち開発して鉄道と併せてトラックによる補給網拡大もしておく。
補給さえ通ればこちらから陸軍を派遣しなくても同盟側戦力で防衛に成功する。
海軍はデメララ海域で通商破壊任務を充てておけば完璧だ。たくさん出来ているはずの潜水艦で艦隊を作っておこう。
補給ハブの建設には民需15を充てても半年かかる。中米の拡張が終わったらハブの建設に着手しておこう。
ディシジョン「鉄道システムの再編成」の出番だろう。

カリブ海にも用意が必要だ。
対艦攻撃機をできている限り配備、半数ずつをキューバとバハマに配備してキューバからフロリダ沿岸、バハマからカリブ海へ向けて対艦攻撃任務を設定する。
これが強襲揚陸をある程度減らしてくれる。
潜水艦も先ほどのデメララ海域と合わせ、半数をデメララ海域に、もう半数をフロリダ沿岸にあてて通商破壊任務を設定しよう。
頑張って用意した駆逐艦と海防戦艦の艦隊はカリブ海で船団護衛の任務に充てて資源の輸入状況が悪化しないようにしたい。
これでカリブ海からの強襲揚陸を未然に防ぎ、上陸してきても配備の部隊で迎撃をする。これが勝利の鍵だ。

後は決戦用120師団の充足と、十分な備蓄ができれば開戦だ。

ここまで仕込みをすればあとはアメリカ戦線はオート攻勢に任せて、プレイヤーは強襲揚陸に備えておこう。
アメリカ戦線の侵攻が止まったときは、充足が切れたときだろう。
師団テンプレートから歩兵を減らして充足を増やすか、さらなる備蓄のために開戦を延期するかが必要だ。
充足している場合はどんどん戦線を押し上げているので師団編成は悪くないはずである。

正直に書くとこの師団で筆者は勝ち切れていないが、充足が不足していたのが敗因とみている。
勝てない場合はまずは備蓄を増やすことを考えてみよう。

・ヨーロッパ戦線
アメリカを無視してヨーロッパから潰しに行くのも考えられる。
その場合、どこからか軍事通行権をもらえないと厳しい。
敵の敵は味方理論で各陣営の盟主、つまり英独ソのどちらからかもらえる可能性がある。
橋頭堡をどこかに確保しなければならないが、その出発点が必要だ。
メキシコ本土からも強襲揚陸は設定出来るが、失敗した場合数ヶ月かけて大西洋を往復する羽目になる。
軍事通行権がもらえない場合は、関係改善→不可侵条約で粘って見ると変わるかもしれない。
それでもダメなら諜報機関を設立して外交的圧力をかけると不可侵条約締結から態度が変化するかもしれない。
軍事通行権をもらえない場合はおそらくヨーロッパ戦線は詰んでいると思われる。
アメリカを撃破出来た方であれば、ヨーロッパはそんなに難しくないだろう。

コメント

各国戦略/メキシコ/コメントログ

discordはこちら
https://discord.gg/f5DBUk7
コメントは順次こちらへ移行しています










AD

*1 最初はメキシコのものではないが
*2 軋轢が生じないのは、無神論国家と民主主義、カトリック国家と共産主義
*3 バグか故意か、非現実的な組み合わせも可能。政体の相違はもちろん、トロツキー指導のメキシコがコミンテルン入りなど。
*4 カウディーリョ反乱が起きやすくなる
*5 第二次クリステロ戦争のフラグ
*6 亡命時の選択で政府に招くこと!
*7 戦争協力度と安定度が+5%
*8 第二次クリステロ戦争のフラグ
*9 政体支持率が影響?
*10 革命ツリーではほぼ確実
*11 積極的な教会以上
*12 「カリェス法の強制執行」「公教育」「赤シャツ隊」「ボリバル同盟」
*13 軍事通行権をくれない、不可侵条約を結べない等

添付ファイル: file初期型潜水艦設計.jpg [詳細] file初期型駆逐艦設計.jpg 2件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-24 (月) 00:23:28 by (220.111.52.129)