トルコ(WtT Ver1.5.3対応)

トルコは第一次世界戦の敗北後に消滅したオスマン帝国の後継国家である。
非大国としてはそこそこの人的資源と比較的強力な陸海軍を持つ一方で、クロム以外の資源不足と低インフラに悩まされる。
DLC「Waking the Tiger」を導入していると、ディシジョンによる「オスマン帝国を再建」が可能。
連合と開戦必須だが、帝国再建の暁には中核州と中核人口が激増する。

AI操作のトルコはイマイチだが、プレイヤー操作では高い自由度と地勢的な重要性から、大戦の趨勢に大きな影響を与えられる。
何せアジアと欧州をつなぐボスポラス海峡を保有し、バクー油田とスエズ運河を容易に抑えられる位置なのだ。

枢軸入りしてスエズ運河を奪還ついでにオスマン帝国を再建、アフリカ戦線を勝利に導いたのちに、独ソ戦に乗じて黒海沿岸の旧領回復に励んでもよい
コミンテルン入りしてバルカン半島を制圧しつつ枢軸を降伏させたのちに、オスマン帝国再建をかけて連合と決戦をしてもよい。
連合入りしてギリシャを助け、枢軸降伏後に反共の防波堤としてコミンテルンと対決してもよい。
何だったらアジアの一員として大東亜共栄圏入りして、枢軸陣営と協力しつつインドをはじめとするアジアの諸国「解放」を手助けしてもよい。
また、巧みに立ち回れば陣営間戦争に関わらずにバルカン半島を独自に支配することも出来る。

固有のNFやイベントこそないが、その恵まれた地理的条件をどう活かすかはプレイヤー次第だ。

目次

国家方針(NF)

トルコNF.png
+  陸軍ツリー
+  空軍ツリー
+  海軍ツリー
+  産業ツリー
+  政治ツリー

国力

工場

民需軍需造船所
1041
  • 1939年開始時
    民需軍需造船所
    1154

民需工場10と軍需工場4と汎用国家としては悪くない工業力を持つ。ただし、資源に乏しく輸出による民需工場増加は望めない。
資源の輸入か建設か、民需工場の使い道は悩ましい。
建設スロットは十分だが、自力での工場51は時間がかかる。資源輸入の節約など、無理をしても40年以降となるだろう。

資源

石油アルミニウムゴムタングステン鋼鉄クロム
000015312

クロムは多いが少量の鉄鋼しか産出しない。資源は輸入に頼らざるをえない。トルコに限った話ではないが、連合と戦端を開くとゴムの輸入先に困る。
トルコの初期国力では合成施設の研究と建設の余裕はないため、早期の対連合戦は慢性的なゴム不足に陥る。
なお、建設靴竜蚕僂播換12の追加ディシジョンが解放される。(民需工場×2を90日使用)

人的資源

総人口徴兵法など動員可能人数陸軍海軍空軍予備役
14.45M限定的徴兵(2.5%)361.34k228.00k7.50k1.22k124.62k

人的資源は汎用国家としてはそこそこ多い。工業力に乏しく軍拡には装備充足がネックになるが、39年頃からは徴兵人口2.5%に不足を感じ始めるだろう。
なお、「オスマン帝国の再建」のディシジョンに成功すると、その時点で中核州人口が約30M、続けてエジプト領土を確保すれば約45Mと大国並になる。

州名VPインフラ航空基地海軍基地
イスタンブール20548
イズミル5425
アンタルヤ1304
イズミット1402
カスタモヌ0301
アダナ1,3403
サムスン0303
トラブゾン3302
アンカラ10430
コンヤ1350
マラティヤ0320

ほとんどのインフラが3で4州が4でイスタンブールだけ5になっている。
インフラ未改善だと補給問題が生じやすく、対ソ戦でコーカサス地方に攻め込むと歩兵7砲兵2の24個師団でギリギリになる。
飛行場は東部がやや手薄だが5カ所建設済み。

政治

政治体制をファシズムか共産主義に変更すれば、大規模徴兵と戦争経済にはすぐに変更可能。
政治顧問を雇って政治ツリー3つを進め、政府への不信感ディシジョン実行で37年初頭から半ばには政体変更可能。

支持率

イデオロギー支持率指導者名指導者特性
民主主義9%Celal Bayar-
共産主義0%Sefik Husnu-
ファシスト0%Fevzi Cakmak-
非同盟/中道主義91%Mustafa Kemal Ataturk-
Ismet Inonu-

1938年11月10日に非同盟/中道主義の指導者が交代する。

  • 1939年開始時
    指導者の交代以外に変化なし。

団結度

安定度戦争協力度
68%50%
  • 1939年開始時
    安定度戦争協力度
    68%62%

徴兵法貿易法経済法
限定的徴兵輸出重視民間経済
  • 1939年開始時の採用

変化なし。

政治顧問

寡黙な勤勉家がいないが、産業指導者と戦争産業家がそろっており工業を強化しやすい。

名前分野効果費用雇用条件
ニハル・アトスズ国粋主義扇動家日毎のファシズムへの支援+0.10150
アッバース・ジェヴァト民主主義改革家日毎の民主主義への支援+0.10
ペルテウ・ナイリ・ポラタウ共産主義革命家日毎の共産主義への支援+0.10
ミュムタズ・オクメン産業指導者民需工場・インフラ・精製所:建設速度+10%
ハッサン・サカ原理主義者同一イデオロギーによる月々の評価+100%
カジム・オザルプ戦争産業家軍需工場・造船所:建設速度+10%
  • 1939年開始時の採用
    無し。

研究企業

全て汎用性能である。

名前分野効果費用雇用条件
戦車製造社戦車設計社戦車研究時間-10%
機甲部隊:信頼性:+5%
150
ギョルジュク海軍工廠艦船設計社海軍研究時間-10%
THK社航空機設計社航空技術研究時間-10%
戦闘機・艦上戦闘機:機動性・最高速度+10%
KTF社航空技術研究時間-10%
重戦闘機・戦術爆撃機:信頼性+20%
大型航空機製造社航空技術研究時間-10%
戦略爆撃機:戦略爆撃力+10%
海軍航空機製造社航空技術研究時間-10%
対艦攻撃機・艦上攻撃機:航続距離・対艦攻撃+10%
野砲製造社軍需品設計社火砲研究時間-10%
イスタンブール軍事工場兵器および装備研究時間-10%
自動車製造社車両研究時間-10%
産業機器製造社工業産業研究時間-10%
電子機器製造社電子工学研究時間-10%
  • 1939年開始時の採用
    無し。

理論家

海軍の理論家がいない。いずれも汎用性能である。

名前分野効果費用雇用条件
メフメット・ギュナルタイ軍事理論家陸軍経験値+0.05/日
陸軍ドクトリン研究時間-7%
150
レクィク・サイダム航空戦理論家空軍経験値+0.05/日
空軍ドクトリン研究時間-7%
  • 1939年開始時の採用
    無し。

軍部

序盤に使い道のある人材は陸軍長官程度で、扱いにくい人材が多い。
海軍長官のラウフ・オルバイは政治力+10%の効果を持つ。海軍は非大国相手には完勝、大国には完敗と半端な実力のため、政治力強化に雇うのも手だろう。

  • 陸軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    キャーズム・オルバイ陸軍攻撃(達人)師団攻撃+10%150
    フェヴズィ・チャクマク陸軍防御(達人)師団防御+10%
  • 海軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    メフメト・アリ・ユルゲン艦隊決戦(達人)主力艦攻撃・装甲+10%
    直衛艦攻撃・防御+10%
    150
    ラウフ・オルバイ守旧派海軍の経験値獲得+10%
    政治力+10%
  • 空軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    メムドゥフ・ターマチ夜間作戦(達人)夜間作戦ペナルティ-20%150
    アリ・オルルンガト地上支援(達人)航空優勢+10%
  • 最高司令部
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    サビハ・ギョクチェン戦略爆撃(達人)爆撃機攻撃・防御・機動力+3%
    戦略爆撃+9%
    150
    アブドルラハマーン・ギュルマン機甲部隊(達人)機甲師団による攻撃・防御+10%
    アリ・フアト・ジェベソイ直衛艦(達人)直衛艦攻撃+10%
    直衛艦防御+15%
    エルカン・ガタリ艦隊兵站(達人)制海権による影響+10%
  • 1939年開始時の採用
    無し。

技術

陸軍

36年式歩兵装備と山岳歩兵軌奮阿録燭断髻支援中隊、戦車、野戦砲、ドクトリンは最初から開発しなければならない。

  • 歩兵技術
    • 基本型歩兵装備(マウサー93)
    • 歩兵装備(M38クルッカレ)
    • 山岳歩兵
  • 1939年開始時
    • 歩兵技術
      • 改良型歩兵装備I
      • 支援火器
    • 砲兵技術
      • 牽引式野戦砲
      • 戦間期型野戦砲
      • 牽引式対空砲
    • ドクトリン
      大量突撃ドクトリン
      • 大量突撃
      • 孤立地防衛
      • 縦深防御

海軍

汎用国家としては恵まれており、重巡洋艦と空母を除く艦艇と上陸戦の研究が完了済み。駆逐艦のみ況燭粒発が完了している。
なお、ドクトリンは真っ白である。

  • 艦艇
    • 駆逐艦(ベルク級)
    • 駆逐艦(コジャテペ級)
    • 軽巡洋艦(メジディイェ級)
    • 巡洋戦艦(ヤウズ級)
    • 戦艦(レシャディイェ級)
    • 潜水艦(ビリンジ・イニョニュ級)
    • 輸送艦
  • 1939年開始時
    • 艦艇
      • 潜水艦(サルドゥライ級)
    • ドクトリン
      艦隊保全主義
      • 艦隊保全主義
      • 潜水艦作戦
      • 船団航法

空軍

戦間期型戦闘機と近接航空支援気粒発が完了している。
なお、ドクトリンは真っ白である。

  • 航空機
    • 戦間期型戦闘機(TamTASホーク)
    • 近接航空支援機
  • 1939年開始時
    • 航空機
      • 戦闘機(TamTAS フリケーン)
      • 戦間期型爆撃機(TamTAS Ju A-20)
      • 爆撃機(TamTAS ブレナム)
    • ドクトリン
      戦略的破壊
      • 航空優勢

その他

  • 1939年開始時
    • 工学
      • 電子機械工学
      • 無線
      • 無線探知
      • 機械式計算機
      • 計算機
    • 産業
      • 基礎工作機械
      • 改善型工作機械
      • 分散工業
      • 分散工業
      • 建築
      • 建築
      • 人口石油実験
      • 石油加工

兵力

陸軍

充足率は不足しているが、初期から27個師団を有する。周辺の中小国を征服するには十分な戦力である。
ルーマニアやユーゴスラビアなどの地域大国相手でも、充足率を補えば新規徴兵なしで勝てなくはない。
将校に元帥はいないが、スキル3と2の将軍が3名おり、それぞれが砂漠の狐、トリックスター、丘陵の戦士と有用な将軍特性を備えている。

  • 編制
    名称戦闘大隊支援部隊必要装備
    Piyade Tumeni歩兵(9)-歩兵装備(900)
    Dag Tugayi山岳兵(6)-歩兵装備(840)
    Bogazi Tugay歩兵(6)-歩兵装備(600)
    Suvari Tumeni騎兵(8)-歩兵装備(960)
  • 展開
    名称練度充足率展開数
    Piyade Tumeni50%50%20
    Dag Tugayi50%50%3
    Bogazi Tugay30%30%1
    Suvari Tumeni50%50%3
  • 将軍
    氏名レベル攻撃防御戦術兵站特性スキルスキル効果
    Cemil Cahit toydemir33232-砂漠の狐砂漠
    移動+5%
    攻撃力・防御力+10%
    Nazmi Solok22221-トリックスター偵察+25%
    Salih Omurtak22122-丘陵の戦士丘陵
    移動+5%
    攻撃力・防御力+10%

海軍

巡洋戦艦を中核とする主力艦隊は、列強以外の近隣海軍なら余裕で勝てる。ソビエト黒海艦隊とは互角、英仏伊には勝ち目がない。
ギリシャは艦艇数の関係で開戦後一時的に制海権を奪われることがあるが、主力艦隊が一度でも交戦すれば相手海軍を壊滅させられる。
将校は特性のないスキル2が1名のみ。

  • 所属艦艇
    艦種型式艦数
    巡洋戦艦I1
    軽巡洋艦I2
    駆逐艦I2
    II4
    潜水艦I5
    輸送艦20
  • 艦隊
    艦隊名母港空母戦艦巡戦重巡軽巡駆逐艦潜水艦
    Turk Donanmasiイズミル0010260
    Filotilla Denizalti Kucukサムスン0000005
  • 提督
    氏名レベルスキルスキル効果
    Rauf Orbay2--

空軍

ギリシャとイラク相手なら独力で制空権を取れる。ルーマニアなどが相手の場合は、制空権は友好国の義勇軍次第となる。
大戦勃発後の中東方面に連合・枢軸の航空機はほとんど派遣されないため、制空権確保は比較的容易。

  • 陸上機
    機種機数
    軽戦闘機戦間期型45
    近接航空支援機近接航空支援機16

外交

自ら動かない限り、終盤の政党支持率変化NFとソビエト宣戦以外は何も起きない。

オスマン帝国の再建(DLC「Waking the Tiger」必須)

このディシジョンを実行するには、イラク、サウジアラビア、イエメンの3カ国に加えて中東のイギリス領土、フランス領土を占領する必要がある。
連合との開戦が必須なのはともかく、やっかいなのはフランス領土(シリア)だ。ここはヴィシーフランス成立後にはヴィシーフランス領土となる。
つまり、そうなったら枢軸とも戦争する必要がある。従って、早期にオスマン帝国を確実に再建するにはヴィシーフランス成立前に速やかに占領する必要がある。
イタリアがフランスを降伏させるのを祈るか、枢軸入りせずに連合がシリアのヴィシーフランス領土を占領するのを待ってから、宣戦して奪う手もあるが、運任せとなる。
オスマン帝国を早期に再建したいなら、初期拡張はイラクからイエメンルートを選択するのが容易だ。

陣営選択

どの陣営に入ってもよい。
初手ルーマニア宣戦から巧妙に立ち回れば、バルカン半島の大半もしくは全てを独自に制圧することも可能である。
その後は政体の近い陣営に入っても良いし、入らずに適当な陣営を立ち上げて戦争をふっかけても良い。
ただし、連合は初期拡張で国際緊張度を高めるとペナルティーが-1000となり、陣営参加が不可能になる。
後述のソビエト被宣戦NFによりコミンテルンと戦争になることがあるが、第二次大戦に介入しているのであれば
その頃には領土割譲でトルコの国力も増しており、十分対抗可能だろう。

他国の政党支持率変化NF

トルコの政党支持率を変化させるNFはドイツおよびイタリアのファシズム化、イギリスの民主化がある。
これらのNFを取得されると、トルコの該当する政治体制が日毎に+0.10される。(が、ツリー下部のNFのため、取得される時期は遅い)
中道政権を維持したい場合は非常にうっとうしいが、すでに体制変更済みの場合はディシジョンでNFの政体を禁止してしまえばよい。

ソビエト被宣戦NF

ボスポラス海峡周辺の請求権をソ連が取得し、正当化工作後に宣戦布告される。
史実AI方針がONの場合、取得されるのは独ソ戦後である。従ってこのNFが問題となるのは、連合入りした場合と非同盟を貫いた場合、史実方針AIがOFFの時となる。
時間は十分あるため、戦力の確保は問題ないはずだ。対策としてはまずは防衛に専念し、国境の山岳地帯と(必要なら)イスタンブールでひたすら防衛を行う。
数ヶ月、数年と待ってソビエトの充足と人的資源の消耗後に反撃を開始すれば良い。ルーマニアでソビエトに勝つよりも宣戦時期と防衛難度のぶん簡単である。

基本方針

初期拡張

注意 以下の記事はまだまだ再現性の検証が不十分です。情報提供や適宜修正をお願いします。(特にルーマニアルート)

最速で政体変更顧問を雇用し、NFの政治ツリー3つを立て続けに取得すると、遅くとも37年の6月頃には国民投票による政体変更が可能となる。
ランダムイベントによって早まれば、ファシズムの場合は37年1~2月の政体変更も可能。正当化後の初戦は37年暮れ〜38年初頭になるだろう。
拡張相手はフランスとイタリアを敵に回さない限り、周辺諸国のどこが相手でも可能だ。(ソビエトは独ソ戦勃発まで守る必要があるが)
拡張方針としては大きく以下の4つに別れる。

.襦璽泪縫△魴侏海靴織丱襯ン半島の支配  (高難度:上級者向け)
▲ぅ薀を経由したアラビア半島の支配
ブルガリア+ギリシャ
い修梁1国+α

,禄藜蠅妊襦璽泪縫△棒訐錣掘独立保障中のチェコスロヴァキアを続けて併合し、ハンガリー以下残りのバルカン半島の諸国を併合する。
ルーマニア、チェコスロヴァキア、ハンガリーまではプレイヤースキルがあれば、安定して併合出来る。残りの3国併合は運が絡む。
豊富な工業力と資源が魅力だが、AI任せではルーマニアとチェコスロヴァキアに勝てない。手動操作での浸透、突破が必須だ。
また、ハンガリー以降は独立保障を回避する正当化タイミング、順序などがややこしい。共産化の場合は枢軸との開戦リスク*1も0ではない。

△魯ぅ薀、サウジアラビア、イエメンの順に併合を行う。オスマン帝国の中核州を順次抑えるため、連合開戦後の速やかなオスマン帝国再建が可能だ。
戦争は容易で鹵獲兵器による徴兵もはかどる。一方で工業力と資源はイマイチである。なお、AIチートによる師団数激増での大苦戦がたまにある。(特にイエメン)

ブルガリア、ギリシャの順に併合を行う。ギリシャを先にすると独立保障がかかる。
ブルガリアはアルミが2つ産出するだけだが、初期工場が民需10軍需3とおいしい。
ギリシャは石油とゴム以外の資源を一通り確保でき、ブルガリアと同レベルの工業力を得られる。ギリシャ戦は義勇軍参戦の可能性*2もありやや苦戦する。

その他のパターンではい亡戮襦1国を併合した段階で英仏の独立保障スパムが始まるため、拡張不能に陥るのだ。
こうなると、こちらも正当化スパムで英仏の政治力を無駄遣いさせて独立保障を強引に回避するか、大戦勃発を待つしかない。

ルーマニア侵攻からのバルカン半島支配

難易度が高く初心者にはオススメできません

ルーマニアを足がかりにバルカン半島の諸国を制圧する。ルーマニア、チェコスロヴァキア、ハンガリーまでは安定して併合が可能。
残りのユーゴスラビア、ブルガリア、ギリシャの3国をいくつ併合出来るかは、独立保障の運次第。
豊富な工場と資源を得られ、国力を大きく強化できるが、枢軸、コミンテルンと国境を大きく接するようになる。
また、チェコ領土をトルコが併合するためドイツは弱体化、チェコ関連のドイツNFが2つ分スキップされ、39年4月に第二次世界大戦が始まってしまう。
以下はファシスト、共産の両方である程度検証を行っているが、あらかじめ陣営入りした場合など、検証の余地はまだまだある。

  1. ルーマニア戦
    政体変更がランダムイベントで加速されない限り、最速開戦は38年1月2日となる。また、ルーマニアが37年5月2日に恐怖公を雇ってしまうとさらに遅れてしまう。*3
    ルーマニア軍は国境に配置されるらしく、開戦時のルーマニア南部は無人だ。強襲上陸後の短期間にどれだけ南部領土を奪い、ルーマニアの継戦能力を奪えるかが勝利の鍵となる。
    強襲上陸先は無血上陸できる南部のコンスタンツァと中央のムンテニアを選択する。ベッサラビアは駐屯師団がいるため無視する。コンスタンツァには騎兵師団を揚陸させる。
    上陸後の騎兵部隊はブカレスト、プロエシュティ、(できればブラショヴ)のVPを確保させ、再配置されてくるルーマニア師団を回避しながら西へ走らせよう。
    後続の歩兵部隊は塗り絵と前線への戦略的再配置を行い、確保済みのVPが奪還されないように注意しつつ、無人地帯は占領していこう。
    開戦後2~3週間で本格的な戦線が構築され始め、1ヶ月後には一時膠着する(⬇)が、ルーマニア南部獲得により工業力で圧倒できる。
    ルーマニア開戦一ヶ月.jpg
    以降は手動操作でじわじわと戦線を押し上げていく。降伏にはクルジュの占領が必要になるので、東部はそこそこに西部〜中部の戦線に集中しよう。
    上手くいけば3ヶ月程度で降伏させられる。また、騎兵師団を用意して上陸直後に首都包囲する手もある。消耗したルーマニア軍を蹴散らしてクルジュを抑えれば降伏する。
    講和条約ではベッサラビアをルーマニアに残して終えること*4。ルーマニアを傀儡化するとハンガリーからトリアノン条約の国民精神が消え、あとで併合出来なくなる。
    コミンテルン入りするのであれば全土併合でも構わない。
  1. チェコスロヴァキア戦
    無事ルーマニアを降伏させると続けて第二ラウンドのチェコスロヴァキア戦が始まる。ルーマニア降伏時点でチェコスロヴァキア軍は国境に詰まっている。
    どうあがいてもルーマニア改めトルコ領北トランシルヴァニアへの侵攻は防げない。防げないので、いっそトランシルヴァニア内にチェコ軍を引き込もう。
    カルパティア山脈とムレシュ川に防衛線を築く。スタニスワヴフ真南のプロヴィンスとその南西のプロヴィンスにはルーマニア降伏直後に戦略的再配置を行う。
    防衛線を敷いてから3ヶ月程度耐えると、チェコ軍は無茶な攻勢で充足率が低下してくるので北部で分断しよう。チェコ領内に侵入できたら後はVPマラソンだ。
    講和条約ではズデーテンラントをチェコスロヴァキアに押しつけること。ズデーテンラント問題からのドイツ宣戦がある。傀儡化した場合は割譲選択肢がある。
チェコスロヴァキア戦.jpg

なお、チェコ軍が攻勢を仕掛けてこないパターンがある*5。この場合は北部に戦力を集中させて強引に分断するしかない。分断するタイミングは38年6月29日の
NF取得直前にしよう。ドイツのズデーテンラント要求NFに対処するため、この日を境にチェコ軍がチェコ領内に帰ってしまう。チェコ領内のチェコ軍も
ズデーテンラントに張り付くため、スロヴァキア側から侵入してきたトルコ軍への対応はかなり遅れる。騎兵師団で一気に浸透してVPを落とそう。

  1. ハンガリー戦
    ハンガリーが38年9月7日に取得するNF「トリアノン条約の破棄」はハンガリーの政体をファシストにする。このNF取得後は連合はハンガリーに独立保障をしなくなる。
    9月7日になったら正当化を開始する。完了は3月中旬〜下旬だろう。
    共産化プレイの場合、開戦直後にハンガリーが枢軸陣営に飛び込むが、速やかに併合すれば枢軸の参戦はない。が、安定はしない。成功率は5割よりは高い・・・と思う。
    ファシストプレイの場合は飛び込まない。(どころか独伊義勇軍が味方だ)
  1. 大戦勃発後
    39年4月に第二次大戦が勃発すると、連合はベネルクスへの独立保障を行い、政治力を消費する。また、戦況によってはディシジョン等に政治力を割く。
    ここでギリシャ、ブルガリア、ユーゴスラビアに順次正当化をかけて併合していく。独立保障されるかどうかは枢軸の戦況と運次第だ。
    セーブ&ロードをいとわないのであれば、正当化の開始タイミングや順番などを色々試してみると、独立保障を回避できたりする。*6
    3国の内2国はそこそこの確率で独立保障されずに併合出来るが、運が悪いと1国しか併合出来ない場合もある。なお、3国併合は非常にレアだ。*7
    連合が独立保障をする可能性が高いのはギリシャ>ユーゴスラビア>ブルガリアのようだ。
    注意点として、ユーゴスラビアは恐怖公雇用で正当化に時間がかかり、戦況によっては正当化工作完了前に枢軸と開戦する場合がある*8こと
    ブルガリアは共産化の場合、枢軸入りからの参戦要請があることだ。
    なお、下記の例ではユーゴスラビア→ギリシャ→ブルガリアの順に併合している。*9
    拡張結果.jpg

イラク侵攻からのアラビア半島の支配

イラク、サウジアラビア、イエメンの順に占領を行う。バルカン半島方面の侵攻に比べて工業力や資源は乏しいが、連合との開戦後短時間でオスマン帝国を再建できること、
スエズ運河封鎖により地中海のイタリア海軍壊滅を遅らせられるのがメリットだ。
ポーランド侵攻に同調して速やかに中東、北アフリカを制圧、虎の子のトルコ海軍を投入して地中海西部の制海権を握れば、40年の1〜2月にジブラルタル確保も可能だ。
もちろん連合と開戦せず、彼らが独立保障を停止する大戦勃発後の間にギリシャなど攻めてもよい。

  1. イラク戦
    イラク国境右側のプロヴィンスは山岳のため、基本的には抜けない。イラクは国境に軍隊を固めてくるので左側のプロヴィンスを突破したら
    騎兵部隊を手動操作で後方に浸透させてVPに走らせるとよい。
  1. サウジアラビア戦
    補給が悪く、砂漠地形による消耗が激しいが、敵は弱い。山岳地帯のVPに籠られると落とすのに手こずるので、前線を突破したらやはり手動操作で
    騎兵を走らせると早めに終わらせられる。ナジュドの港から時計回りに空挺部隊を降下させると前線部隊を分断でき、無駄な消耗を抑えられる。
  1. イエメン戦
    最大の難所なりうる。というのもVPのサナアを落とさなければ降伏しないが、サナアは山岳地形のため固い。また、飛行場が遠いため、航空支援も届かない。
    計画ボーナスをキッチリと貯め、前線を突破したら手動操作でサナアに突っ込ませよう。指揮統制回復の時間を与えてはいけない。

ブルガリア+ギリシャ

初手ルーマニアよりは戦争の難度が低く、初手イラクよりは得られる工業力と資源が多い。初心者向けの初期拡張だ。38年の夏には工場51を超える。
政体変更が終わったら立て続けに正当化しよう。ブルガリア→ギリシャの順なら独立保障墓からない。

  1. ブルガリア戦
    ランダムイベントでの政体変更前倒しがなければ38年1月2日に開戦可能だ。
    騎兵を中心に10個師団をヴァルナへ強襲上陸させよう。国境に配置した師団で牽制攻撃をしている間に、上陸させた騎兵をVPに走らせよう。
    VPすべてを抑えればブルガリアは降伏する。1ヶ月もかからずに降伏させられるだろう。
  1. ギリシャ戦
    38年4月下旬には正当化が完了するだろう。ルーマニアの独立保障があるが、参戦することはない。全軍ギリシャに割り振ろう。
    ブルガリア領土の分国境が広いが、後述のその他1国+αのギリシャと同様の作戦でよい。
    テッサロニキで分断し、ベロポネソスへの陽動上陸でアテネ駐屯師団がどいたら、強襲上陸でアテネを落とそう。

その他1国+α

  • ギリシャ
    1国としては産出資源のバランスが良い。が、ブルガリアを先に攻めて両方食べた方がおいしい。
    併合後は石油とゴム以外の資源を一通り確保でき、資源輸入削減とギリシャ自体の工業力も相まって、1国併合のパターンでは最も国力を強化できる。
    一方で併合後は英仏の独立保障スパムが始まるため、以降の拡張は基本不可能となる。

    戦争では開戦と同時にイズミルからテッサロニキへ4個師団ほど強襲上陸、イスタンブール方面の敵を分断しつつ後詰めを揚陸、首都へ向けて進撃させよう。
    テッサロニキ上陸完了後はあらかじめ貯めておいた別の港湾からの上陸作戦をすかさず実行し、ペロポネソスの港湾を奪取する。北港は無人なことが多い。
    するとアテネの駐屯師団を前線に回し始めるので、アテネへ6個師団で強襲上陸を敢行、ペロポネソスとテッサロニキの部隊と協力して首都を落とそう。
  • イラン
    石油獲得を目指してイランを併合する。獲得できる工業力はイマイチだが戦争は楽勝だ。AIの平押しで十分勝てるだろう。
    イギリス領インド帝国と接すること、ソビエトと大きく国境を接することが戦後の課題だ。
  • ユーゴスラビア
    アルミとわずかな鉄鋼が手に入る。工業力も少なくとも民需工場14以上となかなかに魅力的だ。トリアノン条約破棄後に正当化すればハンガリーも併合出来る。
    だが、初手から強襲上陸が必要な上、ユーゴ軍は数が多く戦争は結構つらい。ユーゴスラビアを攻めるくらいならルーマニアを攻めた方が実入りはよい。

    戦争をする場合、開戦前に艦隊を派遣しておき、無人の港を確認しよう。真ん中の港は無人なことが多いはずだ。
    開戦後に無人の港に騎兵部隊を強襲上陸させ、後詰めを輸送しつつ、敵軍の再配置前に橋頭堡を拡大する。輸送されてきた歩兵部隊で前線を構築し
    じわじわと戦線を押し上げよう。領土の東西分断に成功すればあとは消化試合だ。

ソビエト(露土戦争 約20年ぶり13回目)

弱小国の早食いなどもう飽きた!赤く染められるバルト三国や領土割譲を迫られるフィンランドとルーマニアを救いたい!
そんなあなたには初手ソビエトをお勧めする。
開戦の暁には連戦連勝、バクー油田を制圧し、黒海沿岸にセヴァストポリの旧領を回復し・・・とはならないが、やってやれないことはない。
政体変更後すぐに正当化工作を行えば、38年初頭にはソビエトと開戦できる。そのまま国境の山岳地帯に歩兵を配置。港は1師団ずつ配置して防衛。
1年程度防衛に注力すれば、充足切れのソ連を戦線を徐々に押し上げられるようになる。とはいえ、攻め込む先も山岳、消耗に地形ペナルティ、補給不足で独ソ戦勃発までは苦しい。
政体がファシストなら途中で大東亜共栄圏から声がかかることもある。日中戦の行方次第では加入して対ソ参戦を要請しよう。
独ソ戦の勃発は早ければ40年の夏だが、その頃にはソビエトの人的被害は少なくとも3M程度にはなり、充足もボロボロだ。
すさまじい勢いでモスクワに駆け上る伍長閣下隷下の機甲師団を拝めるだろう。
トルコ軍もコーカサス地方を攻め上がってスターリングラードと黒海沿岸をできる限り抑え、講和会議での分け前を増やそう。

枢軸入りオスマン帝国再建ルート

それでは枢軸陣営に加入し、ドイツのポーランド侵攻に呼応して中東進出、オスマン帝国再建から英国降伏までの一例をざっくり解説してみよう。
なお、イエメン攻略までは省略する。

開戦準備

陸軍は鹵獲装備を使用して師団数を増強。鹵獲成功数と空軍との兼ね合いになるが、沿岸防衛用の二線級師団14個と島嶼攻略用の空挺師団は必要だ。
沿岸防衛師団数は本国地中海沿岸4+伊領ドデカネス諸島2+アラビア半島インド洋側8で合計14個。パレスチナとレバノンを入れれば16個となる。
空軍は戦闘機と対艦攻撃機を開発して生産する。それぞれ最低100機は欲しいが、優先順位は対艦>戦闘機。優先度は低いが航空支援機もついでに作ろう。
1つ2つの工場割り当てでも、1年以上作れば、それなりに揃う。

対連合開戦直後

ドイツのポーランド宣戦後に枢軸入りしてすぐに戦争開始。枢軸にあらかじめ入ってしまうと、連合の中東駐屯師団が帰ってくれない。
スクリーンショットの条件では陸軍過剰で、空軍運用時に後悔することとなった。対艦攻撃機はイタリア艦隊の援護に回す。余裕があれば戦闘機とCASも。

開戦直後.jpg

開戦2週間

ディシジョン実行条件を満たした。アラビア半島の全ての港湾を確保済みで、スエズ運河攻略中。
キプロスへの空挺降下を忘れているが、開戦からしばらく経つと無人なことが多い。
安全に降下させたいならアダナに艦隊を置いて一瞬だけ偵察させ、無人か確認しよう。
砂漠環境がとにかくキツイ。どんどん装備を消耗していく。補給不足でさらに消耗を加速させたら目も当てられない。

ディシジョン解禁.jpg

開戦2ヶ月後

イタリア領側への空挺降下および分断などを駆使しつつ、連合スエズ方面軍を殲滅。なお、無理して空挺を使ってまで急ぐ必要はない。
部隊を2分し、北アフリカ攻略部隊とエチオピア方面連絡部隊に分ける。ハルツーム以南はオスマンの中核州ではないのでほどほどに。
マルタ島もやはり無人なことがあるので、トリポリに艦隊を移動させて偵察後に空挺降下。
北アフリカのフランス領海軍基地からジブラルタルに向けた上陸準備を行おう。

開戦2ヶ月後.jpg

ジブラルタル攻略

対連合戦最大の難所(運ゲー)。強襲上陸もしくは空挺降下により、ジブラルタルを攻略する。
ヴィシーフランス成立(正確にはヴィシーフランス海軍)の有無で攻略方法に大きな影響がある。

  • ヴィシーフランス成立パターン
    制海権と航空優勢は、トルコ海空軍を全力投入すれば高確率で取れる。少なくとも全く歯が立たないことはない。
    ヴィシーフランス成立の場合は、バグ(?)*10によりしばらくの間*11ヴィシー領に航空機を置けないため、当面は強襲上陸となる。
    強襲上陸の場合はアルジェ西部のオラン港から実行する。相手が1個師団で、輸送時の損害軽微なら上陸戦で落とせる。
    ジブラルタル駐屯師団の確認は、オラン港に艦隊を派遣したうえで多少の損害覚悟で偵察する。無人ならそのまま地中海西部の護衛任務に就かせよう。
    問題は実行時期で、早すぎると有力な英地中海艦隊に補足され、遅すぎるとヴィシーとイタリアの両海軍が消滅してしまう。
    損害を受けた英艦隊の一時引き上げが発生し、ヴィシーとイタリアの海軍が少しは戦力を残しているタイミングで実行したいが、なかなか難しい。
    輸送部隊が捕捉されるかもかなり運任せで、正直安定しない。同じセーブデータからの検証でも、捕捉されたりされなかったりで安定しない。
    空挺降下の場合は、ヴィシーフランス不成立の場合と同様だ。ユーゴ戦勃発を待つか、ブルガリアに宣戦してヴィシーに航空機を置けるようにしよう。
    ジブラルタル強襲上陸.jpg
  • ヴィシーフランス不成立パターン
    事実上空挺降下一択となる。強襲上陸は英仏連合艦隊のせいで制海権がまず取れない。一瞬だけ50%を超えて実行できる瞬間もあるが、いつになるかは予測不能。
    そこから成功するためには、輸送艦が捕捉されずにジブラルタルにたどり着き、さらには駐屯師団が無人もしくは指揮統制皆無の状態でなければならない。
    空挺降下の場合は無人の時を狙って落とす。主力艦隊をアルジェ西部のオラン港に移動させ、そのままジブラルタルに隣接させる。
    敵師団の姿が見えなくなったら、即座に空挺降下させよう。70%の制空権確保は安定しないが、粘っていればそのうち取れる。空挺作戦が始まったら艦隊は港に逃がそう。
    ジブラルタル空挺降下.jpg
    +  NGシーン

ジブラルタル攻略後

ジブラルタルを攻略したら、即座にブルガリアとギリシャの順に正当化を始める。
ジブラルタル攻略部隊は2線級部隊に変更した2師団だけ残し、他は引き上げる。また、地中海沿岸の港湾防衛師団は1線級師団に置き換えて、攻勢に転用しよう。
北アフリカとエチオピアの部隊も本国に戻し、ブルガリアギリシャ戦に備える。
海軍と空軍は地中海に取り残された連合の残存艦隊を掃討する。コルシカに自由フランスが残っている場合は対艦攻撃機での基地攻撃を忘れずに。
ブルガリア、ギリシャ戦は初期拡張と同じやり方でOKだ。イタリアに取り分を持って行かれないように注意しよう。

ギリシャ戦.jpg

英国攻略準備

ブルガリアとギリシャを降伏させたら、鹵獲装備で歩兵師団を徴兵する。英国攻略には20幅72個師団を投入する。野砲が足りないなら歩兵だけの師団が混じってもいい。
地中海の残存艦隊をあらかた片付けたら、主力艦隊はブルターニュに移動させ、空軍はイギリス海峡の対艦攻撃と基地攻撃に回そう。
対艦攻撃機2は多少先行させても早めに研究を始め、完了したらすぐにNF「海軍力への注力」で対艦攻撃機3の研究を終わらせて作ろう。
英国攻略軍はイギリス海峡フランス側の6つの港に分散配置し、8個師団ずつ上陸計画を貯める。
以上の準備が終わるのは40年の終わり頃になるだろう。

上陸準備.jpg

英国上陸作戦

ジブラルタルの次の難所が、この英国上陸作戦だ。最大の問題はロイヤルネイビー・・・ではなく、即時配置されてくる50個師団前後の英陸軍だ。
オスマン帝国のこの攻略パターンだと、この時期の英国本土は大徴兵祭り開催中となるらしく、40~60個くらいの師団が上陸後に増える。
英陸軍が弱いと言っても、20個30個程度の師団ではさすがに無理があるし、もたつくと1000機を超えるCASが集まって手に負えなくなったりする。
なので、複数箇所に同時上陸して、指揮統制の高い部隊で強引に浸透、強襲して防衛体制が整う前に英軍とその工業力に打撃を与える必要がある。
今回は準備が出来た直後に攻略するパターンだ。2,3ヶ月、場合によっては1年と待って、英軍の消耗後に上陸してもいい。*12

  • ロイヤルネイビーの哨戒確認
    上陸作戦を始める前にまず、航空機の戦果を確認しよう。この画面ではそのとき活動中の敵艦隊と残りHPを読み取れる。
    詳細なSSは略すが、以下のSSの状況からポップアップ文を読み解いていくと、少なくとも2つの艦隊
    6隻の艦がイギリス海峡で活動していることがわかる。片側は表示中のHP76%のBCとHP93%のCVの艦隊だ。
    別の海戦結果から、もう片方の艦隊はCL3隻とわかった。つまり、このBCとCVの艦隊が傷ついた段階で上陸戦を仕掛ければ、甚大な被害は受けない。
    敵艦隊確認.jpg
  • 上陸開始
    BCとCVは空軍の対艦攻撃で傷ついていき、待つこと3週間、ついに修理のために港に下がった*13。イギリス海峡の敵艦は3隻のみ。
    トルコ艦隊の交戦規程を「任意射撃」とし、修理優先度を「修理しない」に変更。船団護衛任務としてイギリス海峡とウェストアプローチへ送り出す。
    同時に上陸作戦を開始。6カ所に同時上陸を仕掛ければ、2~3カ所は成功する。上陸を確認したら手動操作で四方に浸透させよう。
    作戦開始.jpg
  • 上陸直後
    ノリッジ東はダメだったが、ロンドン東の港とポーツマスに無血上陸成功。ノリッジの部隊も強襲上陸をやめて、奪った港に向かわせる。
    ドーバーはロイヤルネイビーに捕捉されて出遅れたが、奪取できそうだ。ロンドンには即時配置された35個師団の姿が見える。これはやや少ない。
    上陸直後.jpg
  • 一週間後
    首都包囲成功。さらなる新兵の配置で包囲した敵軍の数は56個師団に。一週間でさらに20個師団が即時配置されたようだ。
    すでに40個師団が上陸済みだ。後詰めの30個師団全て沈められても大丈夫だろう。これから9日後の1月22日に英国は降伏。
    首都包囲成功.jpg
    +  上陸NG例
  • 英国降伏後
    独ソ戦に参加してバクー油田〜コーカサスの領土を取ってもいいし、カナダ領土から米国になだれ込んでもいい。
    人的資源には不安がないだろう。なお、ヴィシーフランスが成立していた場合、連合降伏と同時にレバノンシリア領が自動的に奪われる。
  • その他の方法
    展開によっては英国攻略準備中に独ソ戦が始まる。対艦攻撃は継続し、上陸作戦は計画だけ準備しておいて、独ソ戦に参加。
    戦線を適当に押し上げたところで同盟軍に任せて、旧フランス領にとって返して上陸開始という手もある。
    また、日中戦争が泥沼化している場合は上陸作戦実行時期を遅らせてもよい。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ヴィシーフランスが発足しても枢軸入りせずに単独で連合に宣戦布告 -- 2018-07-12 (木) 13:42:25
    • ↑追記、領土確保すれば問題なくオスマン再建出来ました。 -- 2018-07-12 (木) 13:45:56
      • ↑既に書いてましたね、失礼 -- 2018-07-12 (木) 15:39:19
  • ロード3回の末にたどり着いた世界線。ヨシフおじさんが モロトフリッベントロップ協定を全然信じてない -- 624? 2018-07-12 (木) 20:46:43
  • 初手ルーマニアを中心にちょっと追記。このルートはハンガリーまでにしとくほうが安定かなぁ。 -- 624? 2018-07-16 (月) 23:15:28
  • 戦争産業家と産業指導者が逆じゃない? -- 2018-10-21 (日) 17:18:10
  • 半角・全角の統一、軍需産業家など微妙に修正。 -- 2018-10-23 (火) 07:18:37
  • 移行? おめ -- 2018-10-24 (水) 23:08:22
  • 共産主義指導者の画像クッソ荒くて草カナダのファシスト指導者といい勝負だぞ(画像が少ないから仕方ないところもあるが) -- 2018-11-27 (火) 22:05:24
  • ずっと前から不思議に思ってたんだけど、トルコの初期研究枠って何故か3枠でNF進めれば数少ない6枠になれる -- 2019-03-30 (土) 20:31:29
  • 固有NFなくてもいいからディシジョンでアブデュルメジト2世を国の指導者にするやつほしい -- 2019-07-01 (月) 20:06:45
  • しかしファシストになるとオスマン主権国になるの何とかならないかなぁ。(いや中道のままでいればいいんだけど、それはつらいし) -- 2019-08-04 (日) 22:23:20
    • カスタムルールで中道でも緊張度制限なしで宣戦できるようになるのおすすめ。実績は取れなくなるけど -- 2019-08-05 (月) 00:00:02
      • その手があったか -- 2019-08-05 (月) 08:35:24
お名前:

*1 ハンガリー、ブルガリア開戦後に枢軸に飛び込まれる。それでも速やかに併合できればよいが、時間をかけるとイタリアドイツに参戦要請してくる
*2 共産化プレイでイタリア義勇軍を確認。義勇航空隊のせいで制空権が取れず空挺部隊が使えない。
*3 ルーマニアAIの恐怖公雇用はカロル二世の生活様式がいつ発生するかによる。
*4 ほぼ確実にソビエトから正当化される。
*5 ルーマニア降伏後にらみ合いが続き、4月下旬以降も攻勢を仕掛けてこない場合は諦めたほうがよさそうだ。
*6 ヴェーザー演習作戦のタイミングなど。デンマークかノルウェーに独立保障することがある。
*7 大戦勃発直線のセーブデータから数十回試行し、2回しか成功しなかった。
*8 確率は低いようだが、通常は40年の年明け以降
*9 国土内にソビエト軍の姿が見えるがこれは陣営参入による影響テストの結果。陣営入りせずにバルカン制圧したセーブデータが残っていなかったため、残っていた別データで撮影した。
*10 ヴィシーの空港を同陣営の空港と判定しないようだ
*11 新しい戦争が発生し、戦争の統合が起こると解消される
*12 戦力的には待った方が楽。1年以上3型対艦攻撃機を飛ばすと英軍は500k〜1Mなどの人的被害を出す
*13 修理判断は基地攻撃の戦果画面で確認できる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-25 (月) 13:39:02