各国戦略

カナダ

プレイするとまず、非常に厳しい徴兵法への制約、工場数の割に乏しい工業力、前提条件を満たせない多数のNFに直面する。
国際緊張度が20%を超えたときと戦争突入のタイミングを境に、NFが次々と解禁され、メキメキ国力が伸びていく。
その途中でプレイヤーは2つの選択肢を強いられる。人的資源か工業力か。*1
晩成型の中堅国家、それがカナダである。

政治ツリーでの選択肢は4つ。英連邦に留まるか、米国につくか、ファシズムか、コミンテルンか。
その中でも
・強力な研究加速と航空機向き資源追加で、国力が大きく強化されていく英連邦ルート。
・早期宣戦により38年中に米国を倒せるファシズムルート。
この2つが大きな目玉となるだろう。

DLCあり(WtT Ver1.5.3)

国力

工場

状態民需軍需造船所
初期1351
追加NF*4 [4]9 (3) [3]6

*( )内:政治ツリーで英連邦ルート限定 [ ]内:産業・人的資源ツリーで産業強化ルート限定

 関連国民精神

国民精神効果関連NF補足
大恐慌(初期)消費財工場 +25% 工場生産量 -20% 造船所生産量 -20% --
大恐慌(軽減後)消費財工場 +10% 工場生産量 -10% 造船所生産量 -10% カナダ小麦委員会国際緊張度20%以降
国家資源動員法工場生産量 +2% 造船所生産量 +2% 国家資源動員法国際緊張度20%以降
戦時国債消費財工場 -3% 戦時国債戦時のみ取得可能
戦時国債(強化後)消費財工場 -8% もしもの日前提NF「戦時国債」
断片計画生産効率基本値 +5% 生産効率成長率 +5%
工場生産量 +3% 造船所生産量 +3%
断片計画前提NF「戦時国債」
共産主義の理想工場生産量 +2% 造船所生産量 +2% 共産主義労働者総力戦委員会前提NF「王室の肖像画を焼却」,独立,共産主義政体

工場数は民需13軍需5造船1と中堅国相応。しかし、最初に使用可能な民需工場は3つのみ。
経済法が民間経済のうえ、国民精神「大恐慌」の大きなデバフが痛い。
戦争協力度も10%と低く、38年2月のアンシュルスでようやく経済法を早期動員にできる。

工業力に関するNFが豊富で、産業ツリーを進めていくと工場と国民精神がどんどん追加されていく。
大恐慌の影響はNF「カナダ小麦委員会」で軽減できるが、完全削除には排他NF「国営鋼鉄製車両」を取得し、
人的資源強化NF「ゾンビを送れ」を諦めるしかない。

資源

状態石油アルミニウムゴムタングステン鋼鉄クロム
初期2300020
追加ディシジョン*2+12
追加NF+14(+36)(+22)+4+3

初期の資源は乏しいが、徐々にNFで資源が追加されていく。政治ツリーの英連邦ルート限定で石油とアルミが多く追加される。
このほかにもNF「ポリマーコーポレーション」で合成施設2つを研究技術とセットで取得出来る。

人的資源

総人口徴兵法など動員可能人数陸軍海軍空軍予備役
10.21M志願兵のみ(1.5%)102.25K87.00k50048014.27K

 関連国民精神

国民精神効果関連NF補足
徴兵危機下のフランス系カナダ人徴兵可能人口要因 -30%ケベックでの強制的徴兵
ケベックとの妥協
徴兵危機下のフランス系カナダ人を削除・イベントによる工場損傷発生
徴兵危機下のフランス系カナダ人を徴兵危機の好転に変更
国家資源総動員法徴兵可能人口要因 +5%国家資源総動員法同名NFは大規模徴兵解禁の必要NF
戦争への傾倒徴兵可能人口要因 +5%戦争への傾倒同名NFは限定的徴兵の解禁NFおよび大規模徴兵解禁の必要NF
ゾンビを送れ徴兵可能人口要因 +15%
徴兵可能人口 +1%
ゾンビを送れ無制限徴兵以降の前提NF
NF「国営鋼鉄製車両」と排他
徴兵危機の好転徴兵可能人口要因 -10%ケベックとの妥協NF「ゾンビを送れ」が必要
鍵十字クラブ徴兵可能人口 +2%青シャツ隊を支援ファシスト化ルート2つめ

中核州人口は10.21M。中堅国として悪くはないが、徴兵法の解禁制限がとにかくキツイ。
戦時になりNF「戦争への傾倒」を取得しない限り、限定的徴兵にすらできない。
そして国民精神「徴兵危機下のフランス系カナダ人」によって-30%の補正がかかる。

結果、1939年8月末時点の動員可能人数は120k弱、編成にもよるが20幅歩兵師団なら11〜13個程度の展開が限界だ。
また、大規模徴兵の切り替えには戦争開始後に最低7つのNFが必要だ。史実開戦なら最速で40年の12月下旬となる。
そこから最大の4%*3まで動員されるのは41年7月頃、合計人的資源は440k程度。「ゾンビを送れ」のNFを取らなければ、人的資源はこれで頭打ちだ。
さらなる国民精神の取得、無制限徴兵以上の徴兵法は「ゾンビを送れ」以降のNF取得が必須となる。

「ゾンビを送れ」は工業力強化NF「国営鋼鉄製車両」と排他となっており、片方しか取れない。
なお、「国営鋼鉄製車両」とそれに連なるNFの効果は民需工場4、軍需工場3の追加に国民精神大恐慌の削除である。

政治

政治体制

民主主義共産主義ファシスト中道
自由党 86.47%CPC 0.88%国民統一党 0.88%CCF 11.76%

 関連国民精神

国民精神効果関連NF補足
鍵十字クラブ日毎の民主主義への支援-0.10
日毎のファシズムへの支援+0.20
鍵十字クラブファシスト化ルート
共産主義の理想日毎の民主主義への支援-0.10
日毎の共産主義への支援+0.20
王室の肖像画を焼却共産化ルート

初期の政治体制は民主主義、安定度は87%、戦争協力度は10%だ。

徴兵法貿易法経済法
志願兵のみ輸出重視民間経済

徴兵法は開戦後に特定のNFを取得するまで変更できない。史実開戦だと39年11月以降だ。
無制限徴兵以上は排他NF「ゾンビを送れ」以降が必要だ。

政治顧問

寡黙な勤勉家とNF「王営企業」で解禁される格安の産業指導者が目を引く。

名前分野効果費用雇用条件
チャック・クレート国粋主義扇動家日毎のファシズムへの支援+0.10
政体がファシストでない場合:イベント'ファシズムの台頭'が発生
150NF「鍵十字クラブ」
ロバート・マニオン民主主義改革家日毎の民主主義への支援+0.10
政体が民主主義でない場合:イベント'民主主義への動き'が発生
NF「英連邦の紐帯強化」または
NF「常設共同防衛委員会」
ウィリアム・カシュタン共産主義革命家日毎の共産主義への支援+0.10
政体が共産主義でない場合:イベント'共産主義の台頭'が発生
NF「王室の肖像画を焼却」
イアン・A・マッケンジー主計将校航空基地・海軍基地・ロケット発射場・レーダー基地・原子炉建設速度:+15%-
R・B・ベネット寡黙な勤勉家政治力+15%
ニュートン・ウェスリー ローエル原理主義者同一イデオロギーによる月々の評価+100%
レオ・リシェ・ラフレーシュ人気のある傀儡安定度+15%
ジェームズ・イルスリー戦争産業家軍需工場・造船所:建設速度+10%
ルイ・サン・ローラン哀れみ深い紳士評価の改善+15%/月NF「ケベックでの強制的徴兵」
C・D・ハウ産業指導者民需工場・インフラ・精製所:建設速度+10%50NF「王営企業」

研究企業

全ての艦艇の行動範囲を+25%し、空母は装甲を犠牲に飛行甲板サイズを強化するキングストン造船会社
直衛艦を強化するハリファックス造船所がユニークな性能を持つ
また、ポリマーコーポレーションは産業の研究は−5%に留まるが、合成燃料の開発時間を-10%する。

名前分野効果費用雇用条件
ヴィッカース・アームストロング戦車設計社戦車研究時間−10%
機甲部隊:信頼性:+5%
150-
キングストン造船会社艦船設計社海軍研究時間−10%
空母:飛行甲板サイズ・行動範囲+25% 装甲-15%
主力艦・直衛艦・潜水艦:行動範囲+25%
ハリファックス造船所海軍研究時間−10%
直衛艦:行動範囲+30% 潜水艦探知・最高速度+10% 生産コスト+10%
デ・ハビランド・カナダ社航空機設計社航空技術研究時間−10%
重戦闘機・戦術爆撃機:信頼性+20%
カナディアン・カー&ファウンドリー社航空技術研究時間−10%
戦闘機・艦上戦闘機:機動性・最高速度+10%
フェアチャイルド・エアクラフト株式会社航空技術研究時間−10%
対艦攻撃機・艦上攻撃機:航続距離・対艦攻撃+10%
NF「フェアチャイルド開発への資金供給」
ハンドレページ航空技術研究時間−10%
戦略爆撃機:戦略爆撃力+10%
NF「クッキー空母」
野砲製造社軍需品設計社火砲研究時間−10%-
自動車製造社車両研究時間−10%
ジョン・イングリス支援部隊研究時間−10%
小火器製造有限会社兵器および装備研究時間−10%
産業機器製造社工業産業研究時間−10%
モントリオール研究所電子工学研究時間−10%
ポリマーコーポレーション合成燃料研究時間−10%
産業研究時間−5%

理論家

海軍の理論家の代わりに核科学者がいる。核技術はNFで2つの50%ボーナスが貰えるので、終盤にどうぞ。

名前分野効果費用雇用条件
ケネス・スチュアート軍事理論家陸軍経験値+0.05/日
陸軍ドクトリン研究時間-7%
150-
ジョージ・ヴォルコフ核科学者核研究時間-7%150-
ロバート・レッキー航空戦理論家空軍経験値+0.05/日
空軍ドクトリン研究時間-7%
150-

達人ばかりだが、強化できる項目のバランスは良い。空軍長官と最高司令部にそれぞれ航空優勢の達人がいる。
同時に雇用すれば空軍強化に役立つだろう。

  • 陸軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    ハリー・クレラー守旧派陸軍の経験値獲得-10%
    政治力+10%
    150-
    アンドリュー・マクノートン陸軍攻撃(達人)師団攻撃+10%-
    ジョージ・パーカス陸軍防御(達人)師団防御+10%-
  • 海軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    パーシー・W・ネレス艦隊決戦(達人)主力艦攻撃・装甲+10%
    直衛艦攻撃・防御+10%
    150-
    アラスデア・マレー通商破壊(達人)輸送船団襲撃効率+15%150-
    ジョージ・ジョーンズ大潜作戦(達人)潜水艦発見率+15%150-
  • 空軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    ロイド・サミュエル・ブレッドナー航空優勢(達人)航空優勢攻撃・防御・機動力+3%150-
    ジョージ・クロイル空の安全(達人)航空事故の確率-10%-
    ハロルド・エドワーズ空軍改革(達人)空軍の経験値獲得+10%-
    レイモンド・コーリショウ空戦訓練(達人)エース発生確率+10%-
  • 最高司令部
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    ガイ・シモンズ砲兵部隊(達人)砲撃による攻撃+15%
    砲撃による防御+10%
    150-
    ジノ・ヴァーチエラ航空優勢(達人)航空優勢攻撃・防御・機動力+3%-
    ジョン・マーチー機甲師団(達人)機甲師団による攻撃・防御+10%-
    フレデリック・M-W・ハーヴェイ特殊部隊(達人)特殊部隊攻撃・防御+15%-

技術

初期の研究枠は3つと平凡だが、英連邦研究ボーナスと科学者の避難所ディシジョンによる研究加速が強力だ。
早期にこれらの加速ボーナスを得て最大限活用すれば、並の4枠国家よりも研究が早い。

研究枠

3つ。4つめの取得には国際緊張度が20%を超えてから3つのNFを取得する必要がある。
史実AIがONなら、最速4枠化は38年9月7日からだ。

研究加速ボーナス

名称効果取得条件取得コスト補足
英連邦の研究英連邦の研究済み技術コスト-10%初期から保有-英連邦離脱で削除
英連邦の紐帯強化英連邦の研究を-13%に強化同名NF取得-
モントリオール共同研究所英連邦の研究を-18%に強化同名NF取得-
ドイツの科学者に避難所を与える全研究-3%同名ディシジョン実行政治力100安定度−5% 民主主義政体の間のみ
イタリアの科学者に避難所を与える全研究-3%同名ディシジョン実行政治力100安定度−5% 民主主義政体の間のみ

NFとディシジョンによる研究加速に恵まれており、英連邦ではイギリスに次ぐ研究力を誇る。工業力、人的資源とのアンバランスさ故に
研究だけは進むが、工業力不足で装備生産が間に合わず、配備しようにも人的資源が足りない、といった事態に陥りやすい。

凶悪なのは政治ツリーの英連邦ルートで得られる18%の研究加速で、産業や工学などの重要技術は放置するとすぐに50%になる。
加速ボーナスが得られそうにない技術のみ自力開発し、他は加速ボーナスに徹底的に頼るようにすれば、全体的な技術開発速度が
大幅に加速される。ゲーム開始後しばらくは工業力が非常に低く、産業系技術などは改善の恩恵も小さい。一考に値するだろう。

陸軍

一通りの技術は揃っている。ドクトリンは英連邦に合わせて大規模作戦にしよう。途中のルート分岐はお好みで、英連邦の選択も割れる。

  • 歩兵技術
    • 36年式歩兵装備
  • 支援部隊技術
    • 工兵
    • 偵察兵
  • 戦車系技術
    • 戦間期型戦車
    • 軽戦車
  • 砲兵技術
    • 野砲
  • ドクトリン
    • 大規模作戦ドクトリン

海軍

艦船の研究状況は残念だが、英連邦ボーナスの加速を得られる。

  • 艦船
    • 駆逐艦
    • 軽巡洋艦
    • 輸送艦
  • ドクトリン
    • 艦隊保全主義

空軍

近接航空支援機は最初から英連邦ボーナス付きで研究可能だ。戦闘機については英連邦ボーナスは当てにしないほうが良いだろう。
ドクトリンはこだわりがなければ英連邦に合わせよう。最初は戦略的破壊のみだが、作戦整合性を選択する英連邦も出てくる。

  • 機体
    • 戦間期型戦闘機
    • 対艦攻撃機
  • ドクトリン
    なし

兵力

初期段階で総人的資源の85%をすでに使用中。歩兵師団を一つ、騎兵師団を一つずつ徴兵したらそれで終わりだ。

陸軍

人的資源がギリギリのため、編成変更には既存師団の解体なども必要になるだろう。なお、機甲師団はテンプレート上のみの存在だ。
将校は質も数もそこそこ。人的資源を考えれば当面困らない。ハリボテ師団を大量運用しない限り、複数の軍が必要になる状況はだいぶ先だ。

  • 編制
    名称戦闘大隊支援部隊必要装備
    District Militia歩兵大隊9個-歩兵装備(900)
    Cavalry Militia騎兵大隊3個-歩兵装備(360)
    Armored-Division軽戦車大隊2個
    騎兵大隊2個
    -歩兵装備(240)
    軽戦車(120)
  • 展開
    名称練度充足率展開数
    District Militia訓練済み50%30%8
    Cavalry Militia訓練済み50%30%5
  • 将校
    氏名階級レベルスキルスキル効果
    Thomas Victor Anderson将軍4--
    Bert Hoffmeister将軍4丘陵の戦士丘陵
    移動+5%
    攻撃力・防御力+10%
    John Montague将軍3--
    Charles Foulkes元帥4--

海軍

駆逐艦2隻のみ。この2隻は航続力が足りず、初期は大西洋を横断できない。
フランスかデンマークが連合入りすれば、ヴィシーフランス化とアイスランド中立化までの間だけ大西洋を横断できる。
将校はなかなか良いが、艦船を揃えるのが大変だ。

  • 艦隊
    艦種艦数
    駆逐艦2
    輸送艦100
  • 将校
    氏名スキル将軍特性将軍特性効果
    Leonard W. Murray4--
    H.T. Baillie-Grohman4監視者索敵能力+15%
    Harry DeWolf4優れた戦術家接敵時の戦闘参加艦艇数+25%
    James D. Prentice3監視者索敵能力+15%

空軍

機種機数
対艦攻撃機24

固有NF

5つのツリーに別れており、左から産業・人的資源ツリー,陸軍ツリー,政治ツリー,空軍ツリー,海軍ツリーとなっている。
陸海空はいずれも固有NFにつきものの、経験値と研究ボーナスなどが得られるツリーだ。
特徴的なのは、プレイ開始時には大半がロックされている産業・人的資源ツリーと、政治体制の変更や自主独立につながる政治ツリーだ。
数が多く、第二次大戦の勃発までに取れる19個のNFをどう割り振るかは、プレイヤーの好みによって大きく別れるだろう。

産業・人的資源ツリー

産業・人的資源ツリーを以下の折りたたみ部に示す。国際緊張度20%後に取得可能な「カナダ防衛規則」と
戦時のみ取得可能な「戦時国債」「戦争への傾倒」は特に重要なため、関連部分を赤と青に着色している。
また、徴兵法関連NF「戦争への傾倒」と「もしもの日」も重要だ。

排他関係にある「国営鋼鉄製車両」と「ゾンビを送れ」は「ゾンビを送れ」がよいだろう。
「国営鋼鉄製車両」は民需4、軍需3の工場と国民精神「大恐慌」削除を得られるが、41年夏頃には人的資源が440k程度で頭打ちとなる。
根こそぎ動員まで行えば最大で3.5M以上の人的資源が得られる*4「ゾンビを送れ」ルートに比べ、あまりにも少なすぎる。

人的資源ルート最下段の「ケベックでの強制的徴兵」と「ケベックとの妥協」は強制的徴兵を選択したほうが得だ。
強制的徴兵選択時のデメリットは時間経過で工場の損傷イベントが4~5回発生することだけだ。
徴兵要因10%の違いに比べるとないにも等しいデメリットといえる。

+  産業・人的資源ツリー
  • 国際緊張度20%未満
    左側2列の6つのNFが取得可能。「王営企業」は「軍需物資省」の前提NFで、格安の産業指導者を雇用可能となる。戦時までには取得しよう。
    その他は政治力やインフラ改善、民需工場追加、産業ボーナスなどで取得は好みの域だろう。
  • 国際緊張度20%後(史実AIでは38年2月以降)
    画像の青ルートが解禁される。民需工場と資源を強化していくNFが多い。「国家研究評議会の設立」は研究枠を追加する。
    限定的徴兵を解禁する「戦争への傾倒」は戦時突入と同時に取得を開始したい。戦時までにはカナダ小麦委員会を取得しよう。
    また、ポリマーコーポレーションは合成精製所2つを追加する。技術と石油ゴム4つはありがたい。
  • 戦時(史実AIでは39年8月以降)
    画像の赤ルートが解禁される。軍需工場が次々と追加されていくが、それ以上に徴兵法変更NFが取得出来るのが大きい。
    初手は「戦争への傾倒」を取得し、徴兵法を変更するべきだろう。「もしもの日」まで取得すれば大規模徴兵に変更できる。
    「防衛研究助成金」は5つめの研究枠を解禁するが、取得には50より多くの工場とカナダの独立が必要となる。

陸軍ツリー

前半はドクトリンと各種装備の研究ボーナスを得られる。有用だが、産業・人的資源や政治のツリーに比べると、優先度は低い。
後半は各特殊部隊の研究ボーナスにバレンタイン戦車の加速がある。ver1.5以降は特殊部隊に上限が設けられているため
特殊部隊NFの取得価値が大きく損なわれている。バレンタイン戦車は軽戦車で有効な研究ボーナスだ。
また、人的資源強化NF「ゾンビを送れ」を取得した場合に限り、後半で歩兵・砲兵とドクトリンの研究ボーナスを得られる。

+  陸軍ツリー

政治ツリー

+  政治ツリー
  • 英連邦ルート
    カナダ本国の国力を最も強化できるルートとなっている。
    強力な研究加速と3つの軍需工場追加、航空機を強化する国民精神の取得に、多くの航空機向き資源を得られる。
    独立と研究5枠化は41年後半以降になるだろうが、英連邦研究ボーナスにより、研究速度に不満は感じないはずだ。
    同名NFで取得できる国民精神「連邦航空訓練計画」は、全ての航空機の航続距離を+10%、攻撃力を+5%する。
    ゴム以外の航空機生産資源は自活できるため、航空大国となるのも容易だ。
    先進的な装備と強力な空軍に支えられた少数精鋭の軍隊を作ろう。
  • アメリカルート
    独立後に英連邦を離脱し、北アメリカ同盟を立ち上げる。なお、陣営の盟主はアメリカのため、他国を誘うことは出来ない。
    最速独立は1937年11月1日以降となるだろう。政治力300を貯めておこう。
    このルートの最大の問題はとにかく暇なことだ。放置すると日本の対米宣戦まで内政以外にやることがない。
    ちなみに、ポーランドに独立保証をかけておき、第二次大戦の勃発と同時にアメリカ共々連合と共同戦線を張ることもできる。
    早々に戦時体制へ移行し、軍拡するアメリカ様を眺めることができるが、カナダにとっては英連邦ルートの劣化プレイだ。
  • ファシズムルート
    「鍵十字クラブ」の取得後はカナダ独立と政体変更まで次のNFは取れない。最速の独立は1937年7月24日以降だ。
    「青シャツ隊を支援」で、徴兵可能人口が2%増加する。この貴重な人的資源は対米戦に活用しよう。
    以降は枢軸入りして対米戦に臨むのが基本路線となる。ファシズムメキシコの分岐もあるが、楽をしたければ選んではいけない。*5
    なお、「ドイツ陣営に加盟」のNFはわざわざ取得する必要はない。外交画面で連合から脱退し、枢軸へ加入すれば無視できる。
  • 共産ルート
    ファシズムルートと同様に、最速の独立は1937年7月24日以降だ。以降は独自陣営の立ち上げかコミンテルン入りを選択する。
    工業力の強化が得られる程度で、宣戦NFもない、率直に言って何をすればよいのかわからないルートだ。

空軍ツリー

正直言って使いにくい。カナダ本土の航空基地拡大とレーダー基地の追加が役に立つ状況はかなり特殊だ。
研究ボーナスもドクトリンが2つ、3種類の機体に1つずつ、解禁企業の性能も他国の汎用と変わらない。

+  空軍ツリー

海軍ツリー

最初のNFで造船所3つはありがたい。直衛艦の取得と強化に関するNFがメインだ。主力艦はない。
連合側で戦う場合は味方海軍が強力なため、乏しい工業力を割いてわざわざカナダ海軍を強化する必要性は乏しい。
ただし、初手アメリカ後に対連合や対日本を考慮する場合、このツリーの価値は向上するだろう。

+  海軍ツリー

外交

欧州とアジアから遠く離れた立地のおかげで、戦時中でも戦禍とは無縁でいられる。
カナダ本土が侵略されるといったことはまずあり得ない。自分から動こう。

米国

カナダのイデオロギー同様対処力を+50%にする「合衆国の影響」がある程度で、米国からは何もしてこない。
カナダ側のNFでは独自陣営「北アメリカ同盟」立ち上げや、ファシストルートでの戦争目標取得などがある。

英国

ファシストルートでのラブラドール要求などで関わる程度。ファスト化や連合離脱を行っても何かをしてくることはない。
カナダが連合に留まっていれば、カナダに民需工場を追加するNFを取得する可能性があるが、時期は大戦後半だ。

基本方針

連合ルート

連合ルートでイタリアを降伏させるまでの一例を紹介する。順当に進めば、41年前半にイタリアを降伏させられる。
以下の例では開戦までは国力強化に努め、開戦後はイタリアの地中海周辺領土制圧→シチリア上陸→イタリア半島北上と進む。

開始〜38年2月のアンシュルスまで

  • NF
    英連邦の紐帯からモントリオール国際研究所を取得し、まずは英連邦ボーナスを18%にしよう。
    そのあとは好みの順で残りの英連邦ルート、産業ルートを進めよう。
    石油獲得系のNFはのちのちイギリスへの輸出で民需工場と自治度を獲得できるため、取っておこう。
    軍事系のNFは余りオススメしない。取得しても人的資源の関係で活かしにくい。
  • 内政
    建設は民需工場を中心に建てる。軍需工場を建てて兵器をつくっても、人的資源がない。
    気が向いたら石油の出る地域(アルバータなど)のインフラを改善しよう。
    研究は英連邦ボーナスを活かせる順に取ろう。支援大隊など、絶対にAIが早期取得しない研究を先に進め
    英連邦ボーナスが貯まった技術を研究していくと、全体的な研究効率が良い。
    生産は軽戦車以外の陸空の品目をバランスよく作ろう。師団数が少ないので大戦までには充足し、備蓄できる。
  • 軍隊
    騎兵師団は全て解体。残りの人的資源で歩兵12個師団となるように徴兵。大戦勃発時には歩兵7砲兵2に
    支援大隊4つの編成*6とし、研究開発と装備生産も揃えよう。人的資源はギリギリ、装備は余裕を持って充足可能だ。

アンシュルス〜39年8月の開戦まで

  • NF
    オーストリアのアンシュルスが終わると国際緊張度が20%を突破し、「カナダ防衛規則」以降のNFが取得可能となる。
    「カナダ防衛規則」から連なるNFはどれも工業力強化に有用だ。研究枠を追加する「国家研究評議会の設立」と
    「戦争への傾倒」の前提NF「カナダ小麦委員会」は開戦までに必ず取得しておこう。
  • 軍隊
    フランスが連合入りしたら、コルシカ島6師団、北アフリカのリビア両端に3師団ずつ配置して
    戦闘計画ボーナスを貯めよう。また、リビアとコルシカ島、サルデーニャ島北の港からの上陸を計画しておく。
    師団は訓練を適宜行って経験値を貯め、改変を進める。また、初期駆逐艦はマルタ島あたりに移動させておく。
    開戦前.jpg

39年8月23日以降〜シチリア上陸戦まで

NFの取得はひとまず保留し、ドイツのポーランド宣戦を待つ。宣戦したらすかさずイギリスの外交画面を開き
「戦争に参加」を選択。NF「戦争への傾倒」取得を開始する。また、経済法を戦争経済に変更する。
イタリアが参戦したらサルデーニャ島を制圧し、すぐにフランスに領土管理権を要求しよう。貰えるはずだ。
サルデーニャを制圧した6師団は反転させ、サルデーニャ北港とコルシカの港でリビア制圧完了まで待機させる。
1ヶ月程度でリビアは制圧できるはずだ。続いてシチリア上陸を行う。上陸対象はメッシーナ以外の港を選べばいい。
上陸開始時期はティレニア海の英仏海軍次第だが、11月前には実行出来るだろう。
シチリア上陸に成功したら、真っ直ぐメッシーナを落としに行く。必要なら指揮力を使って強行命令を出そう。

シチリア上陸戦.jpg

タラント上陸〜カラブリア包囲戦

シチリアを確保したらメッシーナで防衛しつつ、タラントへの上陸計画準備と内政だ。このころには「戦争への傾倒」も取得し
徴兵法を限定的徴兵に変更できているだろう。シチリア島への空軍配備、支援大隊の追加、新規徴兵を行おう。
NFは「戦時国債」以下取得していき「もしもの日」までを最速で狙う。大規模徴兵解禁は40年の12月だ。
なお、ヴィシーフランスが成立しそうな場合はコルシカ島に1個師団送って制圧しておこう。北アフリカは放置でOK。
上陸計画の準備が完了したら、駆逐艦2隻をタラント港沖に配置して防衛師団を確認、上陸機会を窺おう。
防衛師団が1師団以下になったら上陸戦決行だ。

カラブリア包囲戦.jpg

上陸に成功したら北と南に師団を分ける。北側は無理をしない範囲で戦線を押し込んだのちは防御態勢。
南側の師団はメッシーナの2師団と協力して、孤立させた敵師団を殲滅しよう。殲滅後は北部戦線に合流して防御戦に参加する。

イタリア戦線 第一次攻勢

カラブリアの敵師団を包囲殲滅後はしばらく防衛に徹する。というか、徹せざるを得ない。イタリアドイツ連合軍の猛反撃がくる。
イタリアドイツ連合軍の反撃を堪え忍ぶと、やがて敵師団の充足が切れて反撃が止まるので、攻勢を開始しよう。
その頃には新規徴兵の師団の合流や相応の規模の空軍も展開しているはずだ。
第一次攻勢はローマ攻略までを目指すが、人的資源の枯渇と敵の防御次第ではすぐに中止する。
大規模徴兵に徴兵法を変更するまで攻勢は停止し、陸軍の充足が不足する場合は空軍も解体しよう。

第一次攻勢.jpg

イタリア戦線 第二次攻勢(大規模徴兵解禁後)〜イタリア降伏

徴兵法を変更し、陸軍が充足、空軍の展開も完了したら第二次攻勢を開始する。
目標はジェノヴァ-ミラノ-ヴェネツィアのライン。ここまで落とせばイタリアは降伏する。

第二次攻勢.jpg

ジェノヴァを落とし、ミラノに手をかけたところでイタリア降伏。
ここに至るまでイタリア兵1.2Mとドイツ兵880kを倒している。キルレシオはおよそ1:47。
開戦時に12師団、増強後で18師団の軍隊でも、上手に立ち回れば戦果は上げられる。

イタリア降伏.jpg

イタリア降伏後

このあとはイタリア国境に戦略的再配置を使用して最低限の防衛戦力を配備。
平行してイタリア領内の残敵を掃討しよう。あとは防衛に徹するだけでもドイツは降伏する。
さらなる領土を得るなら、師団数を増やしドイツ領を切り取ろう。

ファシストルート

政治ツリーで本国政府からの権限委譲、鍵十字クラブと取得するとこのルートに入る。
独立後にファシスト化して英連邦から離脱、戦時体制移行前のアメリカを38年のうちに打倒できる。
最速の独立は37年7月24日で、対米宣戦は38年2月9日だ。開戦から米国までは早ければ3ヶ月以下だ。
アメリカへの侵攻はいろいろなやり方が考えられるが、以下に1例を示す。

37年7月24日まで

  • 内政
    NFは鍵十字クラブまで進めたら、ローウェル=シノワ委員会、以下産業ツリーを進めよう。
    政治ポイントは寡黙な勤勉家⇒国粋主義扇動家の順に最短で雇用する。独立と政体変更には政治ポイントが
    合計で475ポイントも必要なので、上記二人以外に雇えるのは格安の産業指導者だけだ。
    建設は軍需工場をインフラの高いところに建てる。民需工場はアメリカから奪えるので不要だ。
    研究は英連邦ボーナスを最大限活かせるように、英連邦ボーナスがつきやすい産業などは後回しにする。
    ただし、早ければ37年10月2日には英連邦ボーナスがなくなるので、研究完了時期には注意すること。
  • 軍備
    生産は小銃だけを作る。対米戦では他の装備を生産、配備している余裕はない。
    軍隊は初期のユニットだけで良い。装備が充足したら訓練して陸軍経験値を稼ぐ

対米宣戦まで

  • NF
    37年7月24日になったら、政治画面から独立を選択する。続けてディシジョンで国民投票を実施して政体を変える。
    これでNF青シャツ隊を支援の前提条件を満たす。取得は37年9月22日だ。
    37年9月22日になったら、英国の外交画面で陣営離脱を選択肢、同様にドイツの外交画面から陣営参加を申し出よう。
    すると、NFドイツ陣営に加盟がスキップされ、翼をもがれた鷲を選択できるようになる。
    続けて防衛計画第一号を選択すると38年2月9日に対米宣戦できる。なお、宣戦布告と同時に戦時国債を選択すること。
  • 軍備
    青シャツ隊の支援を取得すると徴兵人口が2%増える。この人的資源で1大隊騎兵24個と3大隊騎兵11個を徴兵する。
    3大隊騎兵は初期の師団と共に五大湖より東側に、1大隊騎兵は西に配備する。なお、訓練が間に合わないユニットは
    強制配置を使う。対米戦ではまともに戦わないので、質よりも数が重要だ。

対米戦争

いよいよ対米戦だ。AI操作では勝てないので、細かい手動操作で敵師団の合間を縫って浸透、分断が必要になる。
正直言ってかなり面倒な作業だが、アメリカ打倒には必要だ。

  • 戦闘時の注意点
    戦闘は避けて合間を浸透していく。特に1個大隊騎兵は単純な攻防だけでも消滅するので、戦ってはいけない。
    戦うのは歩兵師団と3個騎兵のみで、移動拘束と戦略的再配置中の師団、分断後の殲滅以外では基本的に攻撃しない。
  • 初期配置
    初期配置.jpg
    米軍は国境西部には全く配置されていない。西海岸はほぼフリーパスで走れるため、ほぼ一直線にサンフランシスコと
    ロサンゼルス、サンディエゴのVPを抑えにいこう。これら西海岸の主要VPを抑える頃に、アメリカは降伏する。
    中央はみっちり詰まっているため、最初は攻勢に出ない。そのうち配置転換によるほころびが生じるので浸透しよう。
    東部は一見ガチガチにつまっているようだが、実は隙間がある。宣戦時に訓練中で指揮統制が低い場合もある。
  • 開戦1ヶ月後
    開戦1ヶ月後.jpg
    フィラデルフィア、ニューヨーク、デトロイトが陥落、シカゴも間近だ。米軍は戦略的再配置を繰り返しており
    指揮統制はボロボロだ。隙間だらけなので、分断もやりたい放題だ。
    西部はフリーパスのため、どんどん侵攻している。中央も米軍の配置転換でほころび始めた。
  • 開戦2ヶ月後
    開戦2ヶ月後.jpg
    米軍の防衛は全戦線で崩壊しており、あとはVPに向けてユニットを走らせるだけだ。
    シカゴなど、一部のVPは奪い返されているが、AIは重要VPもすぐに放置してしまうので、取り返すのは容易だ。
  • 米国降伏
    米国降伏.jpg
    サンフランシスコ、ヒューストン、ルイジアナの陥落が決めてとなり、5月5日米国は降伏した。
    西海岸は敵がいないので、ここを手早く走破してサンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴを落とせば降伏が早まる。
  • 講和会議
    フィリピンを衛星国にするか、フィリピンとの戦争を継続するか考えよう。衛星国にしていると、将来的に
    日本に宣戦される。これが嫌なら大東亜共栄圏入りするか、フィリピンを併合する必要がある。
    また、アメリカは傀儡国にしよう。強力な海軍がごっそり味方になり、ライセンス生産で海軍研究もはかどる。

米国降伏後

200近い工場と大量の資源が手に入り、どこでなにをするのも自由だ。
人的資源だけは不足しやすいが、NF戦時への傾倒の取得ついでに、どこか適当な国を傀儡にしてしまえばよい。
南北アメリカ大陸の統一や世界征服など、好きなようにプレイしよう。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 作業ページ一覧にリンクを貼ると色々便利かと思います。 -- 2018-06-21 (木) 11:47:49
  • 表埋めるのめんどくさかった・・・。連合メインで編集する予定です。 -- 624? 2018-06-23 (土) 18:10:46
    • 当初考えていた分はこれで終わり。 -- 624? 2018-07-01 (日) 16:56:47
  • god -- 2018-06-24 (日) 05:17:23
  • NF編集しようと思ったら多すぎて草生えた 画像どうするかな… -- 2018-06-25 (月) 20:39:29
  • 久し振りに来たらカナダページが出来てた…まだ完成版でないけどとても参考になった! -- 2018-07-16 (月) 22:56:36
  • ファシストルート待ってた! -- 2018-11-25 (日) 08:59:57
  • 私も最近、共産ルートで世界征服しました。ただ、序盤は連合ルートと同じで、独立しないままイタリア攻略した方が安定しましたね。よって、大戦前にコミンテルンへ加入するのはお勧めしません -- 2018-11-25 (日) 11:05:36
    • 注意点として、独立した後に国際緊張度を上げてしまうと連合を追放される可能性があります。その時にコミンテルンへ加入した方が良いかも知れません -- 2018-11-25 (日) 11:18:43
    • 共産ルートが他ルートより優れている点は……強いて言えばNF「世界革命を支援」の獲得で、正当化(とクーデター工作)に必要な「政治力と期間」が半分になることだけですかね。工業力4%の強化は誤差の範囲ですし -- 2018-11-25 (日) 11:31:48
    • 共産ルートは冷遇されているというよりも、強力なNFに頼らず自分で戦略を立てたい人向けですね。「何をしたらいいか」ではなく「何かしてください」というルートなんでしょう -- 2018-11-25 (日) 11:42:01
  • WtTとかMtGを見るともう1回くらいひとひねり来ないかなとか思う。特に外交ツリーがなんだかあくまで中小国みたいな扱いに思える。 -- 2019-04-10 (水) 02:53:14
お名前:

*1 工業力を選ぶと2つのNFで民需4軍需3を得られるが、人的資源は440kを超えたあたりで頭打ちとなる
*2 解禁技術:掘削2,ケベックインフラ3,民需工場3×90日
*3 総人口補正80%:徴兵危機下のフランス系カナダ人-30%, 国家資源総動員法+5%,戦争への傾倒+5%
*4 {根こそぎ動員+25% ゾンビを送れ+1% }×各国民精神による総人口補正125%で32.5%の徴兵。+自然増効果
*5 メキシコのファシズム化は政党支持工作込みでも時間がかかり、メキシコ内戦での支援も必須。そのうえ、ファシズムメキシコは対米戦にまず参戦してこない。1年は対米宣戦が遅れるため、米軍も増強されている。
*6 上陸戦に補正が乗る工兵、人的資源補填の野戦病院は絶対。後2つはお好みで

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-06 (火) 16:14:38