各国戦略

イラン

プレイ国家としては自由度が高く、人的資源が12.6M、石油産出が68、良質な人材、周辺に拡張できる立地と、ポテンシャルも高い。
とはいえ、初期の兵力、工業力、技術力は貧弱で、ゲーム開始からしばらくは苦しい時期が続く。Waking the Tigerを導入していると
ディシジョンでペルシア帝国を再建できる。これは周辺諸国、イタリア、英仏との戦争が必須だが、約60Mの人的資源を獲得できる。

史実では内乱と不平等条約*1に喘ぐガージャール朝に対して軍事クーデターを起こし、レザー・ハーン*2が皇帝として興したイラン最後の王朝*3である。
その後様々な改革によって世俗主義による中央集権化を進め、不平等条約の撤廃*4など英ソからの支配から脱却するという観点から枢軸よりの姿勢*5を見せる。
だが、これはソ連へレンドリースを行う連合国としては非常に厄介*6であり結果として1941年8月25日、イラン進駐が発生し英ソからの軍事侵攻を受ける。
レザー・パフラヴィーは息子のモハンマド・レザー・シャーに帝位を譲り、南アフリカに亡命。終戦までイランは英ソに分割*7されることになる。
1943年9月にドイツへ宣戦布告したことで連合国と認められてはいるが、実情はこのように悲惨なものであった。

DLCあり(WtT Ver1.5.4)

国力

工場

民需軍需造船所
410

工業力(IC)の合計は5。民需が4、軍需が1と寂しいが、アーザーデガーン油田から産出する石油68により貿易財の入手が期待できる。
石油が4単位輸出されるので、稼働する民需工場は実質8つと考えてよい。

資源

石油アルミニウムゴムタングステン鋼鉄クロム
6800000

南部の3ステートから石油が合計68産出する。3ステート全てのインフラ最大化で100まで伸びる。他の資源は一切出ない。

人的資源

総人口徴兵法など動員可能人数陸軍海軍空軍予備役
12.60M志願兵のみ189.26k18.00k02.40k168.86k

人的資源は12.6Mと不満はない数字で、所謂「弱小国」にはかなり多い方だ。当面は装備生産が軍拡の問題になる。

政治

支持率

イデオロギー支持率指導者名国名
民主主義0%汎用イラン共和国
人民党0%Soleyman Mirza Eskandariイラン社会主義共和国
ファシスト0%汎用新ペルシア帝国
パフラヴィー朝100%Reza Shah Pahlaviイラン

初期中道、Reza Shah Pahlaviで41年に親ナチ政策を取ったためソ連と英国に攻撃され息子のモハンマド・レザーに帝位を譲り退位、南アフリカに亡命し44年に死亡。

共産主義はSoleyman Mirza Eskandariで44年に死亡。あまりにも書くことがなかったためか英語wikiでは本作に登場していると書かれている。さすがにアラビア語wikiではもう少し書かれているが。

民主主義とファシストは汎用

政治体制は中道100%。ランダムイベントなしでの政体変更は、最初のNF「政治的努力」で政体変更の閣僚を雇用し
「国粋主義重視」「国際主義重視」まで一直線として、37年の5月7日だ。
ファシスト政体の指導者は貿易法・動員法・経済法の変更コストを-25%する特性を持つ。 

動員法貿易法経済法安定度戦争協力度
志願兵のみ輸出重視民間経済65%50%

貿易法を自由貿易に変更すると石油6単位の輸出が期待できる。政体を傾ければすぐに戦争経済への切り替えが可能だ。

人材・企業

弱小国とは思えないほど優秀。政治顧問と軍部の人材が優秀で、どの人材から雇うべきか迷う。

政治顧問

名前分野効果費用雇用条件
アリー・ゾハイリー産業指導者民需工場・インフラ・精製所建設速度:+10%150
マフムード・ジャム寡黙な勤勉家政治力:+15%150
アリー・カーン・マンスール主計将校航空基地・海軍基地・ロケット発射場・レーダー基地・原子炉建設速度:+15%150
モハンマド・レザー共産主義革命家日毎の共産主義への支援+0.10150
モハンマド・アリー民主主義改革家日毎の民主主義への支援+0.10150
アフマッド・マティン国粋主義扇動家日毎のファシズムへの支援+0.10150

「寡黙な勤勉家」「産業指導者」「主計将校」はどれも雇用する価値がある。

研究企業

名前分野効果費用雇用条件
戦車製造社戦車設計社戦車研究時間-10%
機甲部隊:
信頼性:+5%
150
造船所艦船設計社海軍研究時間-10%
小型航空機製造社航空機設計社航空技術研究時間-10%
戦闘機・艦上戦闘機:
機動性・最高速度+10%
中型航空機製造社航空技術研究時間-10%
重戦闘機・戦術爆撃機:
信頼性+20%
大型航空機製造社航空技術研究時間-10%
戦略爆撃機:
戦略爆撃力+10%
海軍航空機製造社航空技術研究時間-10%
対艦攻撃機・艦上攻撃機:
航続距離・対艦攻撃+10%
野砲製造社軍需品設計社火砲研究時間-10%
小火器製造社兵器および装備研究時間-10%
自動車製造社車両研究時間-10%
産業機器製造社工業産業研究時間-10%

全て汎用だ。

理論家

名前分野効果費用雇用条件
モハンマド・レザー軍事理論家陸軍経験値+0.05/日
陸軍ドクトリン研究時間-7%
150
ホセイン・アフカーミ海軍理論家海軍経験値+0.05/日
海軍ドクトリン研究時間-7%
150
アリー・アアクバル・デイヴァ航空戦理論家空軍経験値+0.05/日
空軍ドクトリン研究時間-7%
150

こちらも汎用。

軍部

  • 陸軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    アブドレザー・アフカーミー陸軍編成(達人)師団指揮統率率+8%150
    ハッサン・マジド陸軍攻撃(達人)師団攻撃+10%150
  • 海軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    アフマド・カーン艦隊決戦(達人)主力艦攻撃・装甲+10%
    直衛艦攻撃・防御+10%
    150
    レザー・ミザニ海軍機動(達人)軍艦の速度+10%150
  • 空軍長官
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    アフマド・カーン全天候(達人)悪天候ペナルティ-20%150
    モハンマド・ナクジャヴァニ地上支援(達人)航空優勢+10%150
  • 最高司令部
    名前分野(熟練度)効果費用雇用条件
    ミール・アフカーミ陸軍再編成(達人)師団回復率+8%150
    ファズロッラー・ザヘディ歩兵部隊(達人)歩兵師団による攻撃+10%
    歩兵師団による防衛+15%
    150
    アリーラズマーラー空挺強襲(達人)空挺攻撃+2%
    輸送機防御・機動力+5%
    150
    アフマド・ミラ・ホスラヴァニ潜水艦(達人)潜水艦攻撃+15%
    潜水艦防御+10%
    150
    全て達人だが、バリエーションは優秀で珍しい人材もいる*8。ハズレは潜水艦(達人)くらいか。
    初期配備の海軍がないため、海軍長官だけは序盤に雇用する価値がない。

技術

最初の研究枠は2。弱小国らしく、かなり技術は遅れている。
基本的に大国より遅れた装備で戦うことになる。中盤以降はライセンスも活用して技術開発を早めよう。

陸軍

36年式歩兵装備、野砲機近接支援航空機気研究済み。

  • 歩兵技術
    • 36年式歩兵装備
  • 砲兵技術
    • 牽引式野戦砲

海軍

ない。イタリアや日本への強襲上陸が想定されるが、輸送艦を開発しないと強襲上陸が不可能。

空軍

戦間期型戦闘機と近接航空支援機が開発済み。

  • 航空機
    • 戦間期型戦闘機
    • 近接航空支援機

兵力

陸軍はわずか3個。人的資源は余っているので徴兵したいが、装備を生産する工業力に乏しい。
海軍は全くない。当面は研究も陸空軍で手一杯なので、本格的な海軍強化は欧州大戦も佳境をすぎてからだ。
空軍は周辺の弱小国を相手にするには十分。ただ、大国やトルコ(+義勇軍)を相手にするのは当面無理だ。

陸軍

  • 編制
    名称戦闘大隊支援部隊要求装備
    Infantry Brigade歩兵6-歩兵装備600
    Cavalry Brigade騎兵6-歩兵装備720
  • 展開
    名称練度充足率展開数
    Infantry Brigade訓練済み50%70%2
    Cavalry Brigade訓練済み50%70%1
  • 将軍
    氏名レベル攻撃防御計画兵站特性スキルスキル効果
    Hsan Arfa33322-砂漠の狐砂漠移動+5%
    砂漠攻撃・防御+10%

歩兵師団が2個、騎兵師団が1個初期で配置されている。師団編成はどちらも6個大隊のみで、支援中隊は組み込まれていない。

Hasan Arfa 将軍 スキル3 攻撃3 防衛3 立案2 消費2 砂漠の狐
47年に引退、79年のイラン革命の時にイランを去り、83年モナコ公国で死亡。

空軍

機種機数
近接航空支援機48
戦闘機戦間期型72

戦間期型戦闘機が72機、36年式CASが48機首都テヘランに展開されている。

海軍

艦種型式艦数
輸送艦10

そんなものはない。輸送船団は10単位所有している。

NF

汎用NF

外交

ソビエト

ソビエトの南下政策により、宣戦布告される。といっても、史実AIがオンなら独ソ戦終結後、それも1943年以降の話だ。
史実AIがオフだと、バルト地方やフィンランドそっちのけでイランに宣戦してくる可能性がある。

イギリス

イギリスも政体を傾けると宣戦布告してくる。もっとも、枢軸戦中に宣戦される可能性は極めて低く、宣戦されるとすれば1943年以降になるだろう。
こちらも、史実AIがオフだとかなり早いタイミングで宣戦される可能性がある。

トルコ

拡張プレイをするなら、どこかのタイミングで宣戦する必要がある。まともに戦うととても勝てないので、自国領土に引き込んでからの包囲殲滅、
空挺降下の活用など、勝利には一工夫必要だ。トルコを併合すれば、工場数51を超え、研究枠を追加できる。

戦略(バニラ)

2020/1/23修正
鉄人でソ連に勝つことを目標とする。
自由貿易・戦争経済、NFは軍需優先、陸ドクは優勢火力。
研究は研究産業重視で順次陸ドクと歩兵装備。
歩兵5編成を可能な限り量産。
山兵と砲2兵2支援砲を4ずつ生産。
最速でファシ化してトルコに正当化、戦争経済へ。
正当化完了と共にトルコに宣戦し、100kくらい削ってからタブリーズとタブリーズ北の丘陵プロビを使って包囲殲滅を1-2回。
なお、分断時は増援がこないように隣接プロビを攻撃する。

国境南端プロビの敵歩兵が6以下程度になったら砲兵と気合いで突破する。
国境の敵を攻撃で拘束しながら西に進む。
兵の進路は分散させ、敵に進軍を阻まれても他の兵が1プロビでも前に進むようにする。
速攻でイスタンブールまで落とすことも可能。
安定を取るならトラブゾンを確保し東側の敵を包囲殲滅しつつ西進する。
降伏後は陣営のため適当な州を傀儡にする。

対ギリシャは独立保障回避のためポーランド侵攻後に正当化。
トルコ領西端のギリシャ領に隣接するプロビと港を守ったあと宣戦、ブルガリアに正当化する。
イスタンブール西の平地に敵を引き込み殲滅。
国境の山岳+川プロビを越えれば特に障害はない。
道中の敵を拘束しつつアテネを取れば降伏する。

ブルガリアは弱いが陣営の研究枠を取ってから降伏させる。
その後はイラクアフガンサウジイエメンオマーンを併合。
軍需を作りつつ首都のインフラを上げる。
編成は兵7砲2で支援は好み。対戦車は入れたい。

インフラを整え対ソ戦に備える。適当に戦闘機作って爆撃対策をする。
ソ連から正当化を受けていれば宣戦を待つ。
独ソ戦が始まれば宣戦する。

最初はひたすら防衛。相手の充足が切れてきたらタブリーズの北を攻めていく。
クロズヌイでだいたい補給に困るが何とかする。
ソ連の充足が切れてきたらスターリングラードまで攻め上がる。
その後は負けることはないと思われる。

ペルシア帝国の再建 (DLC「Waking the Tiger」必須)

「アフガニスタン」「イラク」「トルコ」「シリア」「北アフリカの全イタリア領土*9」「エジプト、中東、東地中海の全イギリス領土*10
を支配すると、ディシジョン「ペルシア帝国を復活」でペルシア帝国を再建できる。必要領土の大半が中核州化し、中核州人口は60M前後になる。
注意が必要なのはイタリア領有のドデカネス諸島だ。ここもディシジョン実行に必要となる。
また、必要なイギリス領土にアデンとアブダビは含まれず、エジプト領土もハルツーム以南は不要だ。

実行手順だが、トルコとアフガニスタン、イラクは単独で征服する。独ソ戦が始まったら枢軸に宣戦してコミンテルン入りして枢軸を倒す。
その後に連合に宣戦して中東の領土を奪う、が一番簡単な方法だ。ただし、コミンテルン所属時の陣営間戦争中に必要領土の中道国に戦線しないこと。
敵対陣営に飛び込まれ、戦争終結時にソビエトに傀儡化されてしまう。単独で戦って降伏させよう。
ファシスト政体の場合は枢軸入りして連合を倒したあとに陣営離脱、独ソ戦が始まったら枢軸に宣戦、コミンテルンに加入して戦う、という手もある。

基本方針

北にコミンテルンの盟主「ソ連」、東に連合国の準主要国「インド帝国」、西に準枢軸国の「トルコ」と、どの陣営を選んでも楽しめるのがいいところ。
もちろん、中道の史実モードだと「ソ連」の南下政策にぶつかる。
周辺の中道国家を併合して国力を高めたあとで、第二次世界大戦に介入するプレイになるだろう。

戦略(Ver1.5.4 DLC「Waking the Tiger」

共産化ルート

それでは共産化してペルシア帝国再建を目指すプレイの一例を以下に記す。この例では中東からバルカン半島へ進出しコミンテルンに加入。
独ソ戦に乗じて枢軸を降伏させて、イタリアの領土を確保。体制を整えてから連合に宣戦してディシジョン実行となる。

+  ペルシア帝国建国のススメ

ファシズムルート

共産化に比べて難度が高いが、ファシスト化して枢軸入りするルートもある。ファシズムルートのNFを取得すれば
1M以上の人的資源を得られるため、多少は人的被害も許容できる。序盤の進め方は共産主義ルート同様、
中東の周辺諸国併合後にトルコ経由でバルカン半島進出だ。その後は空挺降下でイギリスを下して、独ソ戦に参戦だ。
そのままドイツ側で参戦するのが自然だが、枢軸を裏切ってコミンテルン側で参戦、ペルシア帝国再建も狙える。

+  ファシズムルート

中道ルート

しばらくは内政に努め、第二次世界大戦が勃発して国際緊張度50%を超えたら、周辺の中道国家に正当化して宣戦布告、
国力を付けたらいずれかの陣営に属して、第二次世界大戦を戦い抜くルートだ。コミンテルン入りでペルシア帝国再建も狙える。

+  中道ルート

戦略(Ver1.4.2情報)

中道ルート

+  中道ルート

共産ルート

+  共産ルート

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • トルコギリシャ併合までは行けるがアフガン普通に独立保証される あとドイツがまったく独ソ戦を始めてくれない -- 2018-11-26 (月) 17:57:32
  • バニラプレイ中。最速でトルコギリシャに正当化してトルコ宣戦するとタブリーズの北で2回程度包囲殲滅すればトルコは安定して併合できる感じ。ギリシャも余裕。その後はWW2開戦で?独立保障がかからなくなるのでアフガン→イラク→サウジ→イエメン→オマーンと占領して独ソ戦に入った。が、スターリングラード〜クリミアあたりまで占領したところで膠着してしまった。限界まで徴兵して一気にモスクワまで落とすことは可能なのか。 -- 2018-11-28 (水) 12:05:32
  • ユーゴスラビア取れればハンガリーから -- 2018-12-03 (月) 01:48:13
  • すまん。ハンガリーの北側で防衛線張れてソ連を消耗させられる -- 2018-12-03 (月) 01:50:00
  • 全成人徴兵まで使ったけどソ連に勝った・・・ -- 2018-12-03 (月) 23:25:00
  • ユーゴ取れればソ連に独力で勝てるんだが独立保障と枢軸の参戦タイミングが気まぐれすぎて鉄人での再現性が低いなあ -- 2018-12-04 (火) 11:08:29
  • ソ連降伏→モンゴル制圧→共和スペイン強襲上陸制圧→ポルトガル制圧の後は大東亜共栄圈がいいかなあ でも連合に貢献度取られそうで微妙かも -- 2018-12-05 (水) 01:00:32
  • 国名を追記 -- 2020-02-05 (水) 21:39:21
  • どうせ国家方針で宣戦布告してくるだけだろって思ったら 枢軸連合日本戦終わった50年以降にソビエトに正当化されたわ 国境越えて侵略してくる様を隣で見てきたとかフレーバーテキスト皮肉言いまくってて好き -- 2020-02-17 (月) 22:43:28
  • 中東は連合枢軸共産どことも連携できるから神地域(しかも戦略的に重要) -- 2020-04-30 (木) 10:09:54
お名前:

*1 ロシア・イギリスに対して
*2 即位後はレザー・シャー・パフラヴィー
*3 1979年にイラン革命によってイスラム共和制に移行
*4 1928年
*5 実際には中立に近いのだが…
*6 イランを経由する補給線であるペルシャ回廊はアルハンゲリスクなどへのルートより様々な面から優れていた
*7 降伏条約に終戦後6ヶ月以内に撤退するという一文があったが、ソ連は反故にした結果傀儡政権が樹立。だが1年足らずでイランに攻め滅ぼされた
*8 陸軍長官の「陸軍編制」と最高司令部の「空挺強襲」は珍しい
*9 ベンガジ、キレナイカまででよい。+ドデカネス諸島
*10 クウェート、キプロス含む
*11 アフガニスタン北西のVP
*12 別ゲームで2回成功してるんで、多分・・・。
*13 攻勢をかけなければ、トルコ空軍は高確率で中東の制空権を取りに行く。
*14 ベネルクスの空港奪取後、数日〜数週間のみ英本土への空挺降下が可能。タイミングを逃すと制空権が奪われる。
*15 英仏を丸呑みしたドイツがソビエトを楽々倒してしまう。
*16 DoDの環境下では対トルコ戦で敵側として参戦してくる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-19 (日) 13:55:07