各国戦略

アメリカ合衆国

世界トップの工場、資源、海軍力を持つ超大国。研究6枠や人的の豊富さも極めて優秀で、国力だけ見れば何でも出来る史実通りのバケモノ。
しかし大恐慌の影響で国内がガッタガタという問題を抱えておりプレイヤー操作でもスタートがとにかく遅い。
また、固有の議会制度がありNFと密接にかかわるためこちらの管理も重要となる。

MtGを導入していれば、NFが追加され、史実と異なるルート選択も可能。なおMtG無しでも政体変更自体は可能となっている。

プレーヤー国家として強いのは間違いないが、動き出しの遅さや議会システムの存在から、ver.1.8x現在では以前ほど初心者向けのチュートリアル国家として勧められることはない。

歴史の概要

アメリカ合衆国は先の大戦の終わりから再び孤立へと回帰し、 狂騒の20年代に経済的繁栄を享受した。 これは国家が大恐慌によって窮地に立たされ、 劇的な終わりを迎えた。
アメリカの海外の戦争への不干渉政策は確立したものとなったが、 ヨーロッパとアジアでは緊張が増している。 「偉大な中立国」は望もうが望むまいが大渦に引き込まれていることになるだろう。

データ

+  国家データ詳細

概説

MtGでNFが大幅に変更された。以下DLC入りを前提として記述する。

国力

初期状態で民需129資源産出量合計2305.1という正に桁違いの国力を持つ。勿論双方ともに世界トップである。*2
しかしそれを打ち消すかのようHoi4最悪クラスのデバフである「大恐慌」の国民精神を保有している。追い打ちをかけるように経済法が凶悪なデバフまみれの「平穏なる孤立」で条件を満たさないと変更が効かない。
資源こそかなり使えるものの民需に関しては高安定度にも拘らず大恐慌+平穏なる孤立により消費財工場76%と異様に高く、100工場以上が消費財に使用され、実際に使用できるは24工場しかない。
民需24工場という数字自体は他国とさほど変わらないのだが、平穏なる孤立に工場と造船所に建設速度-50%のデバフがあるためこれを変えるまではインフラぐらいしかまともに建設できないという問題を抱えている。
また民需は圧倒的なのだが軍需がわずか10しかない。中華民国より少ない。参戦までに軍需を増やすのは急務であろう。
造船所は22。民需に隠れがちだがこちらも世界トップである。
人的資源の総数は世界4位の多さだがこちらも大恐慌デバフで動員可能数は激減している。
大恐慌と平穏なる孤立はNFを進めたり政体変更で解除・変更可能なのでNFや内戦で巨人を目覚めさせるのが当面の目標となる。

政治

安定度89%、戦争協力度5%。民主主義の例に漏れず高安定度&低戦争協力度となっている。
アメリカ最大の問題が大恐慌で上昇値-1されている政治力。初期状態だとNF進行時の政治力上昇値はわずか0.15/日。
ただでさえ用途の多い政治力だが、アメリカは議会関連でも政治力を要求されるため、状況によってはあえてNFを進めず政治力を溜める行動も必要になる。
幸い最初に選べる「ニューディール政策の継続」で政治力150を得られるため、これで寡黙な勤勉家を雇えばNF進行下でも0.45/日まで改善する。
また中南米の国家を中心に大量の独立保証をかけている。

政治顧問は前述の寡黙な勤勉家を始め多くの人材が揃う。特徴的なのは消費財-5%の金融専門家が居ることで、民需の極めて多いアメリカではかなりの効果を発揮する。
企業もプレイスタイルに合わせて選べる充実したラインナップを持つ。ただこれらに割く政治力の捻出が難しい。研究前に雇う必要あるのでタイミングには気を付けたい。
立ち上がりが極めて遅いことから経験値の為に理論家は陸軍系2人のうちどちらかを雇用したいが政治力250もかかるため難しい。地道に訓練で経験値を溜めることも視野に。
参謀は空軍がやや弱い程度でかなり優秀。陸軍長官のマッカーサーかアイゼンハワー、最高司令部のクラーク辺りはおススメできる。こちらも政治力の問題が付きまとうが、企業や理論家と違って早期に雇う必要はないので余裕が出来たら雇うと良い。

研究

初期4枠、NFで最大+2枠つまり研究6枠がアメリカの研究における最大の特権。ただし追加枠の一つが民主ルートの最奥にあるため6枠目は民主主義限定となる。
民主ルートなら研究6枠に加え「ドイツorイタリアの科学者に避難所を与える」ディシジョンが強力なので研究に関しては世界最高峰。中盤以降の研究速度で負けることはない。
一方で共産やファシストルートの研究力は凡庸。ファシストは5枠目すらかなり遅くなる。
軍事関係NFは陸軍・空軍・海軍それぞれにツリーがありどれも多くの研究ボーナスや国民精神追加可能。
空軍は使用率の高い軽戦闘機に対する研究ボーナスがないが、代わりに重戦闘機は300%という驚異的なボーナスがあるためこちらを使ってみるのも一興か。

軍事

陸軍は初期で歩兵を中心とする26師団を持つ……のだが充足度が15〜30%程度しかなく小銃が20kも足りていない。地道に充足させつつ師団を増やす必要がある。
また主力歩兵は同じアイコンで18幅と24幅師団が混在している。どちらも主力というには心許ないので20幅あたりに切り替えておく必要がある。
将軍は攻撃7のパットン、総合力に優れるブラッドリー、元帥はスキル5のアイゼンハワー、攻撃6のマッカーサーを始めとして世界トップクラスの有能人材が揃う。スキル持ちも多く質・量ともに不足を感じることはないだろう。

空軍は軽航空機中心に1000機以上保有している。欧州戦線なら軽航空機でもよいが、アジア方面は軽航空機だと航続距離不足になりやすいので中・重航空機を使うか軽航空機の航続距離を改造しておきたいところ。

海軍は空母3隻・戦艦15隻を中心に200隻を超える大艦隊で、仮想敵国である海軍大国日本と正面から戦える戦力を持つ。
初期状態もさることながら石油が極めて多いおかげで常時訓練できるため数字以上の強さを持たせられる。さらに訓練で海軍経験値を大量に得られる+研究6枠で研究が進む+初期造船所数トップ+NFや企業で生産コストカット可能とその後の強化幅も他国の追随を許さない。
提督はほぼ全員が優れた戦術家を持ちスキルも高い。ただ鋼鉄の古強者や航空管制官持ちがいないのがネック。潜水艦運用に向いた提督もいない。
また実質島国であるため補給には輸送船が必須。必ず生産しておきたい。

余談だがWW兇罵名な空母エンタープライズは1936年時点で建造中になっている。こだわるなら完成後に艦隊の誇りを割り当てなおそう。*3

NF

MtG導入で大きく変更される。
アメリカ固有の制限として多くのNFに議会の上院・下院議席数によるNF取得制限が存在する。そのためスムーズなNF取得の為には先を見据えた議席確保が必要になる。

政治ツリー

「ニューディール政策の継続」もしくは「金本位制の再導入」から始まる大規模な政治ツリー。
前者は共産ツリー、民主左ツリーに分岐し、後者は民主ファシスト共通ツリー、ファシストツリーへの分岐がある。また民主主義はどちらでも最中央の限定介入ツリー、中立法ツリーのいずれかを選ぶことが出来る。
この手の政体変更ツリーには珍しく民主主義と各イデオロギーツリーのNFが択一ではないため民主主義でも政体を傾けることで共産・ファシストツリーの一部を取得できる。ただし政体を傾けると限定介入・中立法ツリーは取得困難になる。
大恐慌は共産ツリー・民主左ツリー・民主ファシスト共通ツリーで段階的に解除することが出来る。ファシストツリーでも1段階だけ解除できる。

  • 共産ツリー
    「迫害の停止」から始まるツリー。
    大恐慌を解除しつつ内戦*4を経て共産化、主要国に対する戦争目標を得て最終的にはソ連につくか中国につくかを選ぶことになる。
    「ウェアグループとの意思疎通」のツリーは民主主義でも取得可能。このルートで雇える政治顧問3人は優秀にも拘らず政治力ゼロで雇えるので政治力不足に喘ぐ民主主義ならここに寄り道するのもあり。
  • 民主左ツリー
    史実AIが選択するツリー。「雇用促進局」からなるツリーで大恐慌解除と研究枠が得られる。研究1枠目の追加はこのルートが最速になる。このルートの大恐慌解除ツリーは最初期から選べる代わりにNF完了後230日経つまでは次の大恐慌解除NFを選択できない*5
  • 限定介入ツリー
    民主主義において「中立法」と択一になるツリー。義勇軍や陣営加入を行いやすくなり、平穏なる孤立を変更できるようになる代わりに経済法と動員法の変更政治力が2倍になる
    欧州かアジアへの介入ディシジョンを解禁しつつ国民精神追加を経て中立法と共通の研究枠&核技術ツリーに行きつく。
  • 中立法ツリー
    史実AIが選択するツリー。他国への能動的な介入がほぼ不可能となる代わりに軍需工場と軍経験値を得ることが出来る。研究6枠を目指すなら中立法+民主左が最も早い。
    戦争協力度が30%を超えると経済法を民間経済に変え(=平穏なる孤立を脱する)、さらなる軍需工場を得るNFが解禁される。
  • 民主ファシスト共通ツリー
    調整保障法から始まるツリーで内容は民主左ツリーとほぼ変わらない。民主左ツリーとは以下のような違いがある。
    ・ランドンを指導者にするまで(=1936年9月選挙まで)進められない
    ・次NFの進行に230日待たなくて良い(議会の制約はあちらと同じ)ため総合的には早く大恐慌から脱出できる
    ・政治力150の代わりに生産効率上限+5%の国民精神が付く
    ・経済法が輸出重視に変更される
    ・研究枠追加がツリーの底に有るため取得が遅くなる
  • ファシストツリー
    主に内戦を起こしてファシスト各国から支援を得つつアメリカ連合国を称揚する白銀軍団ツリーと北アメリカ統一や各主要国への領土要求を行う戦争権限法ルートに分かれる。

戦争計画課ツリー

「戦争計画課」から始まるツリーで主要各国に対し一時的なバフを得るディシジョン解禁のNFのツリー。国民精神の付与や強襲上陸に適した将軍の追加などもある。

軍事ツリー

陸軍省から始まるツリーで陸軍、ペンタゴン、空軍、海軍に分岐する。

  • 陸軍・ペンタゴンツリー
    各種ボーナス、国民精神の付与、企業の解放とかなりごちゃまぜとなっている。最上段に政治力+150があるので序盤で取得するのも手。
    ペンタゴンは指揮力の最大値を増やす効果を持つ。指揮力は忘れられがちだが「地上要員の増員」による航空機の作戦効率上昇が強いため高いに越したことはない。
  • 空軍ツリー
    軽戦闘機に対するボーナスがない代わりに中・重航空機に対するボーナスがかなり充実している。アジア戦線は空港が少なく空域が広いためこれらの活躍機会は多い。
  • 海軍ツリー
    アメリカの十八番ともいえる海軍だけあって非常に充実している。各種艦船に対するボーナスも大きいが生産コストカット国民精神の付与が非常に強力。

議会

アメリカ固有の議会システム。ディシジョンやランダムイベントで賛成派が増減し、多くのNFの前提条件となっている。特に国民精神大恐慌を緩和、削除する一連のNFや政体を変更するツリーの最初のNFなど重要なNFの前提条件となっており、またそれらのNFを取得すると賛成派が減るのでディシジョンをどんどん使って賛成派を増やし続ける必要がある。
選挙で対抗候補(36年の場合はランドン)を選ぶと賛成派と反対派はほぼ逆転する。

ディシジョン

名称政治力効果上院議席/政治力下院議席/政治力前提条件
小規模なロビー活動30日間一日当たりの政治力上昇値-0.3
削除時の効果:上院5議席・下院5議席が賛成派に回る
0.562.78中規模なロビー活動を選択していない
以下のいずれか一つ以上を満たす:日ごとの政治力が0.3以上or現在の政治力が10以上
中規模なロビー活動45日間一日当たりの政治力上昇値-0.75
削除時の効果上院10議席・下院50議席が賛成派に回る
0.301.48小規模なロビー活動を選択していない
以下のいずれか一つ以上を満たす:日ごとの政治力が0.75以上or現在の政治力が35以上
特別な措置50上院5議席・下院25議席が賛成派に回る0.10.5
農業補助金の支給90日間消費財工場+3%
上院5議席・下院25議席が賛成派に回る
NF農業調整法で解放
現在の政体が民主主義
アラスカを州の地位に昇格する25240日間一日当たりの政治力上昇値-0.1
削除時の効果2人の上院議員が議会に加わる。彼らは最初から政府を支持する
アラスカが中核州となる
0.070アラスカ:アメリカ合衆国の中核州ではない
日ごとの政治力上昇値0.1以上
ハワイを州の地位に昇格する25240日間一日当たりの政治力上昇値-0.1
削除時の効果2人の上院議員が議会に加わる。彼らは最初から政府を支持する
ハワイが中核州となる
0.070ハワイ:アメリカ合衆国の中核州ではない
日ごとの政治力上昇値0.1以上
プエルトリコを州の地位に昇格する25240日間一日当たりの政治力上昇値-0.1
削除時の効果2人の上院議員が議会に加わる。彼らは最初から政府を支持する
プエルトリコが中核州となる
0.070プエルトリコ:アメリカ合衆国の中核州ではない
日ごとの政治力上昇値0.1以上

州の昇格は一番人的資源の多いプエルトリコでも1.5Mしかないので取得する価値はあまりない。建設スロットもフルに使えるようになるとは言え、中小国ならともかく、世界最大の工業国家米国で多少スロットが増えたところで…

敵国としてのアメリカ

敵国として見た場合、史実AIの場合、凶悪な国民精神や劣悪な法、初期師団の少なさから大恐慌を脱して国家運営が軌道に乗り始める1940年後半〜1941年中ごろまでははっきり言って弱い。
しかし安易に拡張先として選ぶとディシジョン国土防衛緊急法のおかげでとんでもない目にあう可能性がある。
これは内戦中以外で中核州が他国に占領されているときに選択できるもので以下のような効果を持つ。

  • 戦争協力度の基本値を90.0%に設定する
  • 国民精神大恐慌を取り除く
  • 動員法を大規模徴兵に変更する
  • 経済法を戦争経済に変更する
  • 国民精神国土防衛緊急法(中核州での師団攻撃+20.0%、中核州での師団防御+20.0%)を得る

見ての通り寝ボケていたアメリカを一瞬で目覚めさせる極めて強力な効果を持ちながら必要な政治力はたったの50、AIの取得優先度は最高に設定されている。
幸いこれが選択された瞬間に大量に師団が沸いてくるなどといった効果は無く、国土の広さもあって師団数不足なことが多いので早期攻略をするなら機械化・機甲部隊などで電撃的に攻めるのが有効。

連合民主プレイ(+MtGVer.1.71)

基本方針

NF中立法をとり41年7月の日本のフィリピン宣戦で参戦する、史実に近いプレイ。
方針としては日本に宣戦布告されてすぐにフィリピンから日本本土に強襲上陸を決めさっさと日本戦を終わらせた後に欧州戦線に介入していく。

参戦前

  • NF
    民主左+中立法ルートを進める。
    最速でNF農業調整法〜NF連邦住宅法を取りに行き大恐慌を消しに行こう。NFごとに230日開けないと次のNFを取れないのでその間に研究枠などを取っていこう。またNF農業調整法でディシジョン農業補助金の支給が解放される。
    戦争協力度が30%を超え次第NF巨人の目覚めを取って経済法平穏なる孤立を変えていこう。史実AIではだいたい大戦勃発後になる。
    それ以外に必須級のものはない。軍事NFなどを進めておこう。共産ルートのウェアグループNFもおすすめ。
  • 政治
    大恐慌解除前で寡黙な勤勉家がいないとNF取得中は一日の政治力上昇が+0.15しかなくディシジョン小規模なロビー活動すらできない。初手で寡黙な勤勉家は雇っておこう。雇った後は小規模なロビー活動を回しながら議席を増やしていこう。
    ディシジョンドイツ・イタリアの科学者に避難所を与えるは政治力100で安定度が下がるがすべての研究速度+5%されるので基本的に企業よりコスパがいい。優先的にとっていこう。
  • 研究
    数少ない研究6枠が可能な国家*6。圧倒的研究力でライバルに差をつけろ。十分なICもあるので何でもできる。やりたいことをやろう。
    上陸用舟艇だけは開戦までに研究しておこう。
  • 生産
    兵站と貿易の大部分が海上輸送になる。輸送船は多めに作っておこう。
  • 建築
    開始から工場を建て続けると1941年型の集中工業幻Φ羇偉餐阿坊築スロットがほぼいっぱいになったりする。経済法平穏なる孤立で民需・軍需工場・造船所建築速度が-50%されているしニューディール政策もあるので資源地帯にインフラも多少建てつつ工場を建てていこう。
    また開戦前までにフィリピンのインフラ、港、空港を建てておこう。
  • 陸軍
    十分なICと人的資源があるので最初から主力歩兵を40幅にするのもあり。
    開戦前までに上陸用の師団をフィリピンに輸送しフィリピンから沖縄、沖縄から東京への上陸計画を立てておこう。東京に直接上陸してもいいがフィリピンから東京だと旧式艦を多く含む初期艦隊だと航続距離が若干足りないので沈められる可能性が高くなってしまう。リロードを厭わないなら東京に直接上陸でもいいだろう
  • 海軍
    初期海軍でも全艦隊を投入すれば日本相手でも制海権は取れるが上陸部隊がいくらか沈められる場合がある。コスト低めの設計なら開戦までに直衛艦多めの一空母機動艦隊くらいは新設できるので作っておこう。
    開戦前までに全艦隊をフィリピンに配置しておこう。

対日開戦〜降伏

開戦と同時にフィリピンから上陸を仕掛けよう。全艦隊を投入すれば多少沈められることはあっても上陸が失敗することはまずない。AI日本は開戦時に本土はほとんどガラガラだが本土に上陸されると東京に20師団ほど文字通り湧く*7がこれは東京が占領されていると湧かないようなので上陸地点は東京が望ましい。東京以外に上陸すると湧いてきた師団、山がちな攻めにくい地形に少ない空港も合わさって非常にめんどくさい。東京に上陸成功すればあとはほとんど色塗りだ。
日中戦争が終わっているかどうかでうま味が大きく変わる。終わっていない場合は朝鮮も含めた大陸領土すべてを中国にとられるが終わっていた場合は中国を衛星国にできる。余裕があり日中戦争がもすぐ終わりそうなら国民党が降伏するまで待ってから日本を降伏させてもいい。
講和会議は、海軍はもういらないがAI日本はそこそこ上陸を仕掛けてくれるので対枢軸戦でそこそこ活躍したりもするので管理国にしてもいい。傀儡国を持つのが面倒なら全土併合でもいい。

欧州戦線介入〜終戦

日本戦が終わればアジアの陸海空軍を欧州に送ろう。このとき必ず配置が終わってから参戦するようにしよう。
対枢軸戦では定石通り枢軸の弱いところ、つまりイタリアから攻めていくためにまず地中海を平定しよう。Ver1.71現在プレイヤーが介入しない限り北アフリカと西アフリカでヴィシーフランスとの戦闘が続いている場合が多いが、スエズ運河さえ押さえていればほかはどうでもいいので放置してジブラルタルからサルデーニャとコルシカを取りインフラ、空港、港、研究していた場合はレーダーを建ててイタリア攻略拠点としよう。
イタリア攻略はローマに上陸して半島を分断しティレニア海とアドリア海で通商破壊しながら押していくのがおすすめだ。イタリア降伏後は戦線を整理した後ブルターニュかノルマンディーあたりに上陸しスイス国境まで打通してやればあとは平押しでドイツはなんとでもなるだろう。

連合民主プレイ(旧バージョン)

+  旧バージョン

アメリカ連合国(ファシ化)ルート(ver1.6.1,DLC「Man the Guns」必要)

DLC「Man the Guns」により追加された、アメリカ白銀軍団との協力によって第二次南北戦争を起こしてファシスト化するルート。

内戦終結までの参考動画→[Hoi4 MtG] 75年ぶりにアメリカ連合国が復活したら#1[VOICEROID実況] https://www.nicovideo.jp/watch/sm34787168

前準備

まず、NFは36年11月の選挙まで取らない。理由としては、ファシスト化のNFの前提になっている「金本位制の導入」というNFはルーズベルトの時には取れない。そして内戦時に国民精神が消えるのと、あと政治力をためておくためあえて放置する。政治力がたまったらロバート・タフトを雇ってもいい。ただし、国粋主義扇動家を雇う政治力は残しておくこと。

研究は歩兵装備や産業、工学、ドクトリンを主に研究しておく。建設は南部の州に造船所や軍需工場を、生産は歩兵装備、野戦砲、支援装備、輸送船を中心に作っておく。陸海軍は適当に訓練させて経験値をためておこう。経験値はいくらあっても足りない。内戦するので、徴兵はしなくて結構だ。

選挙では、必ず共和党のアルフ・ランドンを選ぼう。そしてNFを議会のロビー活動のディシジョンをしながら「金本位制の再導入」→「アメリカ至上主義」(ここで扇動家を雇う)→「調整保障法」→「労使関係法」→「保護主義関税」(鉄の流出がキツイため)→「所得税改革」→「アメリカ科学研究所」→「白銀軍団との同盟」の順で進めていく。途中で寄り道するのは、「所得税改革」の下に研究枠追加のNFがあって、「労使関係法」〜「保護主義関税」は民主主義政体でしか取れず、取らずにファシスト化すると研究枠4のまま戦い続けることを強いられるからである。「白銀軍団との同盟」をとると、内戦のフラグがたつ。

内戦まで

「白銀軍団との同盟」をとった後はその下にあるNFの「海外の支援を誘致」→「リンドバーグのドイツ派遣」→「自由軍団の雇用」→「ドイツ系アメリカ人協会と連携」を必ず真っ先に取得しよう。「自由軍団の雇用」は州に民兵が湧くディシジョンを解禁し、また「ドイツ系アメリカ人協会と連携」により離反する州が減るので内戦の難易度が大幅に下がる。

NF「白銀軍団との同盟」を取ると安定度、戦争協力度が-10%ずつ下がる。またファシスト支持率が30%を越えると安定度、戦争協力度が再度10%ずつ下がりその後は下のバットイベントがランダムで発生する。

造兵廠が襲撃された 効果:歩兵装備が備蓄から-1.00k
兵士の脱走     効果:人的資源-10000
市民軍の結成    効果:内戦時に市民軍が湧く

元からある師団は陸軍経験値がたまったら解体で構わない。政治力は内戦開始直後に経済法と徴兵法を変えたいので300程度貯めておくといい。

内戦

4個めのNFを取った直後あたりにボストン反乱のイベントが起こり、「ドイツ系アメリカ人協会と連携」を取った場合、中部の州が残り、東部のワシントンまでの州と西部の州が反乱を起こす。

ディシジョンにより、歩兵大隊5の師団が48個、歩兵大隊6の師団が6個湧く。半分をフィリピン遠征軍とともにボストンの制圧へ、もう半分を西部の抑えに回そう。徴兵は、騎兵大隊1の師団を50個前後、Infantry Divisionを適当に数個徴兵すれば十分だ。騎兵1の師団を使う理由は後述する。時間がたつとマッカーサーを国家元首になるイベント
があるが、国家元首としても彼は優秀な(中核州での師団攻撃、防御+10%、軍長官、参謀のコスト-25%)ので雇った方がいいであろう。

東部の制圧は制空権を取って平押しですむだろう。西部の制圧を平押しでやるのは相手に民兵が湧くこともあって被害が大きくなってしまう。そこで、騎兵1の師団を利用して戦線に師団がいないところから侵入させ、分断、包囲殲滅するのである。歩兵師団は主に、拘束攻撃で敵を足止めするのに使おう。騎兵1の師団は戦闘しすぎると普通に充足率が切れて消滅してしまうので注意すること。

西海岸のLA、サンフランシスコなどの主要都市を占領すれば相手は降伏する。

内戦中に取るNFは、「国益成長戦略」以下を進めて、「連合国の称揚」まで取る。「連合国の称揚」を取ったら、同名のディシジョンを取ることで、安定度が劇的に改善され、ファシストが与党となり、アメリカ連合国に国名が変化する。

その後

第二次南北戦争に勝利した後は「白銀軍団との同盟」の右にある「戦争権限法」以下のNFを進めて世界情勢へ介入したり、そのまま枢軸国に入って旧宗主国を倒しに行くなど自由である。マッカーサーが退任するイベントについては、後任者が別に優秀な特性を持っているわけではないので、そのまま残ってもらおう。
また海軍が内戦で1/3程度に減るので再建は必須であろう。

ファシストアメリカDLCなし

敢えて言おう。無敵であると!
枢軸の弱点の一つである石油の供給について、一手に引き受けられるのがアメ様。日本と協力して南方資源地帯を落とせばゴムもフォローできる。
ただし研究枠は事実上5枠である。第6枠の前提条件を取る為には「民主主義かつ戦時中」でなくてはならないのだ。理論上不可能ではないはずだが、ファシスト化を相当に遅らせる必要があり、これではファシストプレイとは言えない。

日中戦争を助けつつインドになだれ込むのも、イギリスを先に脱落させるのも自由だが、一応距離の近いイギリスから狙う方向で解説する。以下はVer1.3.2 + DLC を前提として解説している。

このプレイの問題は、内戦でも起こさなければ、なかなかファシスト化しないことだ。ランダムイベントに恵まれない場合、最悪、ファシスト化は世界大戦開始頃になってしまう。しかし民主主義プレイよりはいくらかは眠けはマシだろう。

序盤

しばらくは輸送船、歩兵用各種装備を調えておこう。
建築はいきなり軍需工場だらけで構わない。
旧型の駆逐艦など造っても仕方ないので、空母・戦艦・輸送船をお好みで揃えておこう。ちなみに既存の旧式潜水艦を全部解体すると、1個師団分くらいの人的資源にはなる。

さて、開戦までの手順は、まずNF「雇用促進局」。これで得た150の政治力で、いきなり国粋主義の扇動家を雇う。10個師団を選択し、開幕でベネズエラのカラカスに上陸作戦を立案しておく。

その後は「モンロー主義の再確認」ルートを進めつつ政治力+15%の人物を雇い、「先制介入」で早期にベネズエラを喰う。開戦は1937年7月半ばだ。併合してしまえばアメリカ自身が、国際緊張度を10%以上上げる事ができる。

なお「自動車工場」にフォードを選んでいると、ファシストの支持率が+10%されるイベントが発生する可能性がある。

NF「ブラックチェンバー作戦」も、国際緊張度の上昇に役に立つ。お好みでどうぞ。うまくすればNF「介入の準備」をやや早期に開発でき、国力が向上する。
この間、経済法変更のため、150程度の政治力は常に確保したいが、陸軍の理論家(250政治力)は雇っておきたい。陸軍経験値が無いと師団テンプレートの変更ができないからだ。戦車の開発が遅れているので、電撃戦ドクトリンより優勢火力ドクトリンの方が良いだろう。

この侵略戦争が終わった辺りで支那事変由来の国際緊張度向上により、NF「戦争プロパガンダ」が取れるだろう。侵略軍は12個師団ほどを残して引き揚げよう。

さあ、運が良ければ1938年中に、最悪でも大戦開始時にはファシスト政権が発足するはずだ。即時「戦争経済」を導入し、まず隣のカナダから喰ってしまおう。
NF「レッド計画」での宣戦布告も可能なのだが、210日かかる上にその間NFがストップしてしまう。通常の正当化工作の場合、恐らく300日ほどだ。ただしどちらも不要だ。ドイツ様にお願いして「枢軸」に加入してしまえば、高確率で1939年半ばに対イギリス・カナダの「戦争に参加」が可能である。ただし100%とは保証できないので、保険として正当化工作はかけておいた方が無難。

この間に、24個師団ほど徴兵しておこう。南米に12、本土に24x2、と言う態勢になるはずだ。また海兵隊3-6と軽装歩兵師団若干を用意しておき(敵の不意の上陸に対応したり、南方資源地帯に放り込む遊撃軍である)、主力艦は東海岸へ。
余分な工場は、1936年型艦載機の生産に回そう。開戦後はゴムの入手ができなくなるので、予備を少々作って置きたいのだ。

開戦

というわけで、準備が整ったら枢軸に加盟し、対英戦に突入。まず速攻でカナダを落とし、南米も制圧。艦載機がある程度揃ったら(戦艦が多数あるのである程度でよい)アイスランド経由で英本土北方に上陸だ(この際、駆逐艦が同行していると少々面倒なので、できれば軽巡を若干足しておきたい)。海兵隊を先頭に、カナダを落とした48個師団を投入すれば楽勝だろう*8

開戦と同時にNF「戦時国債」でマイナスの国民精神「大恐慌」が外せるようになるので、ガリガリ軍備増強しよう。まずはイギリス・カナダの治安維持用の騎兵隊、48個師団だ。

もしインドも落とす必要があるなら・・・予めそれを想定して、開戦直後から本土で48個師団を徴兵しておく。英本土を攻略後しばらくすると訓練が完了するはずだ。英本土から引き返し大西洋・太平洋を横断する「大返し」より早くて安全なはずだ。ただし海兵隊だけは本土へ戻しておこう。太平洋方面で使うのだ。また英本土を落として陸軍を大陸に移動した後は、艦隊は速やかに太平洋方面に回す。

対インド戦では主力艦隊の援護の下、フィリピンを拠点に薄そうな所に上陸作戦を仕掛ける。この際、行きがけの駄賃にゴムを産出する州を落としておこう。ぶっちゃけどこでもいい。仏印やビルマあたりから攻めるなら、港とインフラをしっかり整備すること。
砲兵x2装備の48個師団でインドは落とせる。問題無い。英国駐留部隊は暇潰しにポルトガルとトルコでも落としておこう(クロムとタングステンの確保)。なんならスペインやアイルランドも落としておくと戦勝点を稼げる。

対連合講和会議ではゴム・タングステン・クロムを得るようにたちまわること。

対ソ戦は、インド攻略部隊がアフガン・バクー方面から攻めまくればいい(アフガンやイランには宣戦布告して、頂いてしまおう)。イギリス攻略部隊は戦況を見ながら臨機応変に立ち回ろう。
余裕があれば、かつ日本が苦戦しているなら、もう24または48師団を徴兵し、支那事変に介入してもよしだ。
39年型機甲師団が揃う頃には、ほとんど決着はついていると思われる。

なお開戦時期を早めるため枢軸陣営入りとして説明したが、多少遅れてもいいならもちろん独力で戦っても全然構わない。
そして民主主義プレイと違い、ファシストプレイはここから「世界征服」を狙っていける。
ちなみに「制限徴兵」(2.5%)でも3M以上の人的資源を利用でき、これはすなわち200個師団近い陸軍と大量の海軍を運用できるレベルなので、ぶっちゃけ、その気になれば言うほど人的資源には困らない国である。無際限徴兵だと10Mを越える。ソ連や中国と比べるからよくわからなくなるのだ。人的資源も十分である。

ver1.5.1DLCなし史実準拠AI

上記の戦法とはちょっと違う方法もご紹介。
ファシスト国家になり枢軸に入らずに独力で世界を平和にする。
1939年10月頃に連合国と開戦し、40年中に講和会議を開く。
Ver1.5.1DLCなし史実準拠AI難易度一般兵日本語化MODのみを前提としている。
あくまで基本的な戦略で、アレンジする要素はかなりある。それに気付いたらもう初心者脱出は出来ているだろう。

NFは「雇用促進局」を取ってから「モンロー主義の再確認」ルートを「先制介入」まで取ってしまおう。
政治顧問は国粋主義、政治力+15%、陸軍経験値、安定度+(ジョン・ウィナント「哀れみ深い紳士」月々の評価の改善+15%)の順で取り、あとの政治力は取っておこう。
海軍は空母あり2艦隊、なし1艦隊、潜水艦を残す場合は潜水艦隊1程度に分けておこう。艦隊の統廃合をする場合艦隊が同じ場所にいる必要があるが、西海岸にいる艦隊は航続距離が足りずに東海岸に来ることができない。しかし、母港を東海岸の港に設定し、その港に移動させると航続距離を無視して移動させられる。覚えておこう。
海軍をどう動かしていいか分からないなら、潜水艦隊は東海岸近海北部で船団護衛、空母あり艦隊はカナダ近海、イギリス近海やアイスランド近海で船団護衛または海上戦闘哨戒、空母なし艦隊は北米と南米の間の海域やベネズエラ近海で海上戦闘哨戒の任に充てておくといいだろう。

まずはベネズエラ戦のために10師団に強襲上陸作戦の立案をさせておこう。
順調に行けば1937年7月に宣戦布告が可能になり、おそらくその直後に日本の対中宣戦布告が起こる。ここでNF「戦争プロパガンダ」が進められるようになるため、その後は「軍備増強」「合衆国工兵隊計画」と取ろう。しばらくの間ベネズエラは首都カラカスと隣の空港を取った状態で放置しておこう。降伏させてはいけない。
この間に追加で徴兵し、北米に48師団、南米に10師団の形にしておこう。

NFは「技術者の委員会」「ロックアイランド工廠の支援」や空軍海軍のお好みのNFを合計6つ取っておこう。6つが終わる1939年4月頃に国際緊張度が25%を上回るので「介入の準備」を取ろう。もし25%ぴったりで取れない場合は南米の適当な国(キューバ等)にかけてある独立保証を取り消すと国際緊張度を上げることができる。また、順調ならばこの時点で国粋派(アメリカ白銀軍団)が議会の過半数を占めているはずだ。ディシジョンにて「政治議論を描く(政治力75)」を選択後「選挙の実施(政治力100)」を選択すると政体がファシストになる。これを怠ると内戦が勃発してしまうので注意。

NF「巨人の目覚め」は国際緊張度40%以上or戦時であることが前提条件のため、未だベネズエラと戦争状態にあるアメリカは取得可能な状態になっている。「介入の準備」を終え「巨人の目覚め」に取り掛かったらベネズエラを落とす。ベネズエラを併合しても構わないが、傀儡化すると南米の連合軍を気にかけなくてよくなるため傀儡化するのも十分あり。

ファシスト化し、「巨人の目覚め」が完了したらイギリスのバミューダに正当化、宣戦布告の後カナダに正当化し宣戦布告。こうすることで開戦までの期間と消費政治力をかなり節約できる。ただし、イギリスへの正当化は8月24日のドイツの対ポーランド宣戦布告を待ってから行おう。政治力を130ほど節約でき、日数も半分以下になる。宣戦布告の際同盟国を戦争に呼び出すことが出来るが、ベネズエラを傀儡化している場合呼び出してはいけない。呼び出してしまうとベネズエラが連合と戦争状態となり、部隊を持たないベネズエラはなす術なく蹂躙されてしまうだろう。

イギリスへの正当化工作によって国際緊張度が50%を超えたらディシジョンの「戦争プロパガンダ(政治力150)」を実行しておきたい。これを行う事によって経済法を「戦争経済」に変更しやすくなり、軍内部での反乱により政治力をごっそり持っていかれることも防げる。ただしこのディシジョンは侵略戦争中は実行できないためベネズエラ戦が終わってから対英宣戦布告をするまでの間に行っておこう。

ディシジョン「戦争プロパガンダ」は戦争協力度を上昇させる効果を持つが、これはVer1.5から安定度と共に導入された要素で、これによって選択可能な経済法などが制限される。また、戦争協力度と安定度が低いと反乱とストライキが発生する。これは数段階あるデバフで、解除するには政治力75か120を支払ってイベントを発生させる必要が生じる。また、イベントを発生させても必ず成功する訳ではなく、2割ほどの確率で失敗しデバフが強化されてしまい、また同じイベントを発生させなければならなくなる。これを防ぐために戦争協力度と安定度は高めに保っておきたい。戦争協力度は前述の通りディシジョン「戦争プロパガンダ」によって、安定度は政治顧問を雇うことによって上昇する。

バミューダへの正当化は50日かかり、宣戦布告するとNF「戦時国債」が取得可能になる。それによってかの悪名高き国民精神「大恐慌」を削除可能になるが、NF「巨人の目覚め」を取得後すぐに別のNFを進めていると「戦時国債」に取り掛かるまでさらに20日を要する。最速で「大恐慌」を削除したい場合は「巨人の目覚め」を取得後NFツリーの左下にある継続方針のどれかを選んでおくといいだろう。
カナダへの正当化には10日と5政治力が必要となる。対カナダ戦は平押しでOK。7都市を落とせば降伏するためイギリスからの増援が来る前にさっさと降伏させよう。

ベネズエラを傀儡化している場合、手持ち無沙汰な10師団でデンマークとアイスランドを落としておこう。アイスランドがデンマークから独立していた場合アイスランドとは戦争状態にないので、宣戦布告を忘れないように。そしてここを経由させて1940年中にはイギリス上陸だ。北アイルランドに上陸してから、ブリテン島の南部に侵攻しよう。手早くやらないとイギリス軍が増えていき泥沼化するので注意。また、戦勝点を稼ぐための戦術爆撃機による戦略爆撃も忘れずに。

イギリスを落とすと講和会議だが、すぐに落とさずにイタリアの対ギリシャ宣戦布告を待ってもいいかもしれない。宣戦されたギリシャは連合入りするため、講和会議での割譲の対象となる。

講和会議ではゴムが無茶苦茶取れるシンガポールは必ず貰っておこう。ここさえ取ればもうゴムの心配をする必要はない。
ブリテン島南部のプロヴィンスも最低2つほどは貰っておこう。基本枢軸はブリテン島を取ってもソ連対策に忙しいためほとんど部隊を送ってこないが、もし戦力を振り向けてきた場合にブリテン島から枢軸を追い出すのがかなり楽になる。
カナダを枢軸に取られることは防ぎたいが、割譲対象の土地が極端に少ない等でシンガポールとブリテン島の1部を頂いた時点で枢軸に取られてしまう場合はせめて港があるプロヴィンスと島嶼部だけは必ず頂いておこう。北米大陸のカナダ領の島は2島、港は5箇所でイギリス領の島は2島、港は3箇所ある。港は島にある港4箇所と最東端の港以外の3箇所を取れば枢軸からの増援がほとんど来なくなる。島は必ず取れという訳ではないが、制圧の為に強襲上陸するのは面倒だし、かと言って放っておくと敵艦隊の活動根拠地となりこれまた対処が面倒なので抑えておきたい。デンマークとアイスランドも同じ理由で取っておきたいところ。
南アフリカが参戦していた場合は、クロムがかなり取れるため取っておくのもあり。南アフリカを取ってしまえばアメリカは資源を全て自給可能となる。南アフリカ取れなかったけどクロムが欲しい!という場合は講和会議後にキューバに宣戦布告しこれを併合すれば万事解決。産出量が足りないならば工業を研究するか、インフラを建設しよう。
ギリシャが割譲対象となっていた場合、頂いて置くと欧州つまりドイツへの侵攻の足がかりとなりうる。この場合、ジブラルタル海峡を抑えておきたいところだが十中八九枢軸のものになってしまっているのでトルコの南のシナイ半島にあるスエズ運河を必ず取ろう。場所が分からないならF4キーで供給エリアマップモードにするとわかりやすくなる。ただし講和会議中はエリアマップモードの変更が出来ないため、講和会議の前に場所を確認しておこう。

講和会議が終わった後は自由だ。太平洋の島々に建設した飛行場から離陸させた対艦攻撃機を利用して、「交戦を避けよ」に設定した艦隊を巡回させ聯合艦隊の損耗を待つもよし、ノルマンディー上陸作戦を行いドイツを潰すもよし。思う存分暴れ回ろう。
どう戦っていけばいいか思い付かないならば枢軸、ソ連、大東亜共栄圏と落としていくといいかもしれない。
大東亜共栄圏攻略を後回しにする場合は太平洋の島々に沿岸要塞Lv7を建設し、2師団を配備しておけば日本の強襲上陸を完全に防げる。また、その場合はフィリピンに対艦攻撃機をレンドリースしてあげると助けになってくれるかもしれない。
世界を全てアメリカの領土とするなら気にする必要はないが、傀儡国を作っていくならば旧式化したり鹵獲した小銃などのレンドリースはある程度しておくといいだろう。超大国、あるいは宗主国となり世界を統べていくならば属国を養い、保護していく義務も生じるのだ。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • そうするとディシジョン欄がすごい寂しいことになるんだが内戦のタイミングって操作出来るのでしょうか? -- 2020-03-16 (月) 07:35:55
    • ディシジョン欄が寂しいというのが、ディシジョンの消失のことを指しているのであれば、1.9以降他の国家の内戦でも報告が上がっているバグ(?)みたいだから、とりあえずセーブ&ロードでディシジョンは元に戻ると思います。内戦のタイミングについては分かりません… -- 2020-03-16 (月) 19:12:34
    • ディシジョンについてはセーブロードで直りました -- 2020-03-18 (水) 00:26:48
  • 閣僚を使わずにファシズムか共産主義のイデオロギーを増やす方法はありますか? -- 2020-03-17 (火) 21:59:50
    • 現バージョンだと厳しい、ディシジョンを使えば増やすことはできるけどアメリカで手に入る政治力はカツカツになりがちだし・・・ -- 2020-03-18 (水) 08:57:23
  • 荒らしが湧いてますわ… -- 2020-03-19 (木) 06:09:05
  • ファシアメリカ内戦無事成功しました。内戦フラグが立ってから200日で内戦始まっちゃうから中央の州を味方につけるNFは間に合わんかった -- 2020-03-21 (土) 07:32:15
    • Ver.1.9になってから内戦の開始が早くなって、上の攻略が陳腐化してるな。「ドイツ系アメリカ人協会と連携」はどうやっても取れなくなった。 -- 2020-04-29 (水) 12:03:18
      • 今試してみたら右ルート全てのNF+1つ取ったあたりで内戦始まった。今度は内戦開始遅くなった? -- 2020-06-14 (日) 01:01:54
      • 今はファシストアメリカは上記の攻略で進めるとかなりの確率で自由軍団の雇用の真っ最中に内戦が起こってしまう。「ドイツ系アメリカ人協会と連携」は自動習得になるが義勇兵の配備が遅れるんで戦線があっという間に崩壊して成す術が無くなる -- 2020-08-27 (木) 20:11:28
  • ランドン大統領ルートって、ルーズベルト続投に比べてどんなメリット・デメリットがあるんや?今一つよく分からんので、誰か解説してクレメンス。 -- 2020-03-24 (火) 21:07:01
    • なんJでやれ -- 2020-04-16 (木) 16:19:28
      • 精神的に病み過ぎやろ -- 2020-07-23 (木) 11:05:53
    • 内輪のノリを外に持ってくるからなんj民は嫌われてるんだよ -- 2020-08-14 (金) 08:17:31
  • ソ連もそうだったが、国土広くて管理面倒になって個人的にプレイしない国家だわ。頑張って叩き潰した方が達成感有る -- 2020-08-12 (水) 08:34:45
    • それめっちゃわかる。あと建築が適当になるからというのもあるな -- チェコで電撃戦楽しい? 2020-08-14 (金) 18:00:21
  • なんか大恐慌消さずに行くよりも大恐慌消してから行く方が内戦始まるまでの期間に余裕があるように思えるのは気のせいかな?大恐慌完全に消してから行ったらドイツ人協会取ってからも70日くらい余裕があった。 -- 2020-08-14 (金) 21:02:23
  • 国土防衛緊急法なんてディシジョンあったんか。滅茶苦茶な強さだな・・・ -- 2020-08-22 (土) 08:39:22
    • 強いは強いけど、相手の師団が増えるのにタイムラグがあるので、敵師団を殲滅し続ければ勝てる。 -- 2020-08-26 (水) 07:53:21
  • 史実モードオフで前国家委任して眺めてたら唐突にアメリカ共産化して草。ちなみにその後カナダに宣戦布告してコミンテルン入り、連合くんまさかの枢軸コミンテルン二正面戦争となった模様 -- 2020-09-04 (金) 23:47:59
  • 内戦起こしてファシ化しようとしたけど、連合国の称揚取ってディジション取り続けても何故かアメリカ連合への名称変更が出来ず中道の体制派のまま…何がいけなかったんだろう -- 2020-09-11 (金) 16:56:53
お名前:

*1 保有127、輸出+2
*2 これでも史実より低いと言われている
*3 アメリカでは貴重な政治力を使うので趣味以外ではおススメ出来ないが……
*4 厳密には内戦扱いではないため師団が減らない
*5 NF詳細で「新法制はまだ起草段階にある」と表示される
*6 ほかに可能なのは民主ドイツ、ニュージーランドのみ
*7 コンソールで日本に入って上陸前後の師団数を徴兵キューも含めて比べると明らかに増える
*8 通常、アメリカ参戦後だとガチガチに固まっていることがあるが・・・アメリカプレイであればそんな心配など不要だ!

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-11 (金) 15:48:35