データ集/燃料

英語Wiki(https://hoi4.paradoxwikis.com/Fuel)より翻訳し一部追記

目次

生産

燃料は主に原油から精製されます。原油1あたりにつき毎日48の燃料が得られます。精製効率は燃料精製の技術を研究することで大幅に向上します。(最大で+100%)
戦争経済以下の経済法(部分動員~平穏ある孤立)である場合精製効率が落ちます。

合成精製所は原油を必要とせずに燃料を入手することができる。基本値として一日あたり48の燃料(=1原油)が得られるが、燃料精製と石油加工の技術を研究することで大きく向上させることができる(最大で+250%)
また合成精製所から得られる燃料は経済法の悪い影響を受けない。

加えて一日あたり48の燃料が国ごとの基本獲得となっている。

貯蔵

ほかの戦略資源とは対照的に、燃料は貯蔵することができる。従って赤字のままでもある程度はペナルティを被ることなく活動することができる。
基本値として各国には50000と州のインフラのレベル毎に750もの燃料備蓄最大量がある。(=大国ほど燃料備蓄最大量は大きい)
燃料貯蔵庫は1つにつき100000燃料備蓄最大量を増やしますが、爆撃や占領の影響を受ける。
また経済法の程度によって燃料備蓄最大量は減少する。

消費

どのような作戦をしているかにもよるが、ユニットの詳細に表示されている燃料消費に応じた割合の燃料を消費する。燃料を使い果たした場合、移動と戦闘に大きなペナルティを受ける。

陸軍

軍用トラック、機械化歩兵や自走砲といった燃料を消費する装備を師団に含んでいる場合は燃料が必要になる。こういった師団は軍の師団マークの横にドラム缶マークがある。
師団が一日にどれだけ燃料を使用しているかは、師団詳細の12時間毎の燃料使用量で表示されている。何もしていないとき、戦略的再配置時や輸送中の際は燃料を消費しない。
攻撃と移動を同時にしているときは(≠支援攻撃)、燃料を最も消費する。

空軍

ロケット迎撃機を覗いて航空機は作戦中は燃料を消費する。1日の燃料をどれだけ効率よく使えているのかについては、航空機の詳細で8.4時間毎の燃料使用量が表示されている。
日中だけもしくは夜間だけの場合燃料使用量は減少する

種類燃料使用量100機あたりの一日の使用量
戦闘機
重戦闘機
近接航空支援機
海軍航空機
0.2168
戦術爆撃機0.3252
ジェット戦闘機0.4336
戦略爆撃機0.6504
ジェット戦術爆撃機0.7588
ジェット戦略爆撃機1.41176

作戦の種類によっては燃料消費は異なる

  • 迎撃   20%
  • 神風   75%
  • 港湾爆撃 120%
  • 訓練飛行 80%

燃料切れになると75%の作戦効率ペナルティを受ける

海軍

海軍の燃料消費は艦艇詳細にて2.4時間毎の燃料消費が表示されている。艦船はとくに燃料を消費するのでよく考えてから作戦の割当を行う必要がある。艦船は戦闘中だと2倍燃料を消費するが、海上にて戦闘をしていない時と港にいる際には燃料を消費しない。
強襲上陸支援や打撃部隊で何もしていないときも同様に燃料を消費しない。(沿岸砲撃も含む)
訓練時には80%の燃料を消費する。
燃料切れの場合には速度に75%のペナルティ、攻撃と行動範囲に50%のペナルティを受ける。

補足)空母の艦載機は燃料優先度タブでの空軍に割り当てられる

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 翻訳が雑だと思った場合や追記すべきことなどありましたら追記お願いします。 -- 2019-11-22 (金) 23:10:57
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-22 (金) 23:06:59