データ集

天候

天候は地形に似ているシステムで、あらゆる部隊の戦闘や移動に影響を与えます。

             

夜間

夜間戦闘に以下の影響を与えます

  • -50%:地上部隊の攻撃
  • -20%:索敵(空軍)
  • -25%:攻撃チャンス(海軍)
  • -100%:空母艦載機の発艦効率(発艦不能)
  • -50%:戦術爆撃目標
  • +10%:海軍撤退速度
  • -90%:CASによるダメージ

天候のタイプ

晴天

何も影響を与えない基本の天気です

降雨

空軍と海軍では敵を見つけにくくなります
航空隊は船対船と比べて艦船に対して攻撃効率が落ちます
航空事故の頻度が上がります

降雨より強い影響が出ます
空母航空隊の発艦効率が大幅に減少します
また海戦において砲弾の命中率が低下します
爆撃機は目標に爆撃するのが難しくなります

降雪

空軍と海軍では敵を見つけにくくなります
航空隊は船対船と比べて艦船に対して攻撃効率が落ちます
航空事故の頻度が上がります

吹雪

降雪より強い影響が出ます
空母航空隊の発艦効率が大幅に減少します
また海戦において砲弾の命中率が低下します
爆撃機は目標に爆撃するのが難しくなります

砂嵐

航空機を見つけるのはほぼ不可能です
航空事故の頻度が極めて上昇します
爆撃機は地上の目標に当てることは出来ないでしょう

降水量

状態指揮統制率索敵(海軍)攻撃チャンス(海軍)進行速度(海軍)対艦攻撃船団輸送量(?)索敵(空軍)航空事故の確率航空任務補正戦術爆撃目標
1.png降雨-5%-10%-5%-5%-20%-10%+10%-10%
2.png-20%-20%-20%-10%-40%-100%-20%+30%-30%-50%
3.png降雪-5%-15%-5%-5%-15%-15%+10%-10%
4.png吹雪-30%-30%-10%-10%-30%-100%-30%+30%-30%-70%
5.png砂嵐-50%-90%-90%+60%-50%-100%

気温

気温はプロヴィンス単位で決められていて主に消耗の度合いに影響します。
冬季戦の専門家は寒冷下でも部隊の最大効率の性能を発揮させられます。
極寒の中では塹壕の発掘速度は落ちます。
冬季を凌ぐ衣類の研究はありません。寒天下で戦い冬季戦の専門家を得ることが唯一の解決法です。
なお気温は戦争時のみ補正を受けます。

状態物資消費冬季/酷暑消耗師団攻撃師団回復率塹壕構築速度師団移動速度
6.png極寒+20%-50%-10%-60%-25%
7.png寒冷+10%-40%-5%-30%-25%
8.png炎暑+10%-10%
9.png極暑+50%+20%-10%-10%

地上

状態師団消耗移動速度師団攻撃師団回復率師団防御塹壕構築速度
深雪-25%-30%-5%
積雪-10%-10%
泥濘70%-50%-40%
洪水-50%50%20%

積もった雪は部隊の移動速度に影響を及ぼします。
泥濘は行軍を遅くするだけでなく著しい消耗をもたらします。
利口なプレイヤーは機甲師団が埋もれてしまう泥濘の季節にはソビエトに侵攻はしないでしょう。
あるエリアに水が一定期間十分あれば泥濘ができます。雨や溶けている雪が水の元になります。
洪水はオランダのディシジョンで引き起こすことができます。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • tenn -- 2018-10-27 (土) 12:07:48
  • tenn -- 2018-10-27 (土) 12:07:49
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-17 (土) 23:39:05